« 大きく育った”白菜” | トップページ | 油絵 ”想” »

2014年1月11日 (土)

古 稀

今日は私の誕生日、節目の”古稀”となった。
本来の古稀は数え年での70歳だが、私は満70歳で古稀とした。

今日は娘一家と息子一家が我が家に来て、古稀を祝ってくれた。
孫たちは夫々お祝いのメッセージを手紙にして書いてくれた。  持参した誕生ケーキには、キャンドル7本が用意されていた。
妻は赤飯を炊いて、ささやかな祝宴となった。

Photo
「人生70、古来稀なり」と言われ、昔70歳まで生きる人は珍しかったようだ。
私が子供の頃、70歳の人は随分年寄りに見えたけれど、自分が70歳になってみると、とてもあんなに年寄りだとは思えない。   しかし、孫たちから見たら、十分な爺さんと写っているのだろうナと思う。

年賀状に「さあ、これからの目標は喜寿だ・・」と書いてきた同級生の友人がいた。
古稀になったとはいえ、まだまだ老け込むことなく前向きで暮らしたい。  ただ体力の衰えは如何ともし難く、その点は自覚しながら、元気にスローライフで過ごしていきたいと思う。

今日、家族皆で書いてくれた色紙には、お祝いの言葉と共に、都内での食事会の招待状が添付されていた。
後日、家族みんなで祝いの宴席を設けてくれるとのこと・・それもまた楽しみである。

|

« 大きく育った”白菜” | トップページ | 油絵 ”想” »

コメント

お誕生日おめでとうございます。
そして古希おめでとうございます♪
お孫さん達からのお手紙が一番嬉しかったのではないですか。
70才はまだまだ若いです。
素敵な趣味を沢山お持ちのスロー人さん 
健康で益々素敵な年を重ねてください。birthdayおめでとうございます。

投稿: おっちょこさん | 2014年1月11日 (土) 23時32分

古稀おめでとうございます。

ご家族が集まってのお祝い、とてもすてきです。
都内のお食事会もあるのですか!
孝行息子・娘さんがいらっしゃってお幸せですね。

スロー人さんは、私の父とひとまわりちがうようです。父は82です。米寿を迎えてほしいと思っています。

これからも、ご夫婦ともに健康でご活躍くださいね。
Happy happy birthday!

投稿: 抹茶 | 2014年1月12日 (日) 00時58分

おっちょこさんへ **********

有難うございます。
孫たちのメッセージには一様に「長生きしてね」と書いて
ありました。 逆に読むと、そんなに年寄りに見える
のかな,と・・・・・
孫の手紙も含め、皆で集まって祝ってくれたことの方が
古稀になったことより嬉しかったかと思います。

これからも自由人としてのんびりと過ごして行こうと思います。

投稿: スロー人 | 2014年1月12日 (日) 10時30分

抹茶さんへ **********

有難うございます。
抹茶さんのお父様と丁度一回り違うんですね。
息子たちは前日まで何も言ってこなかったので、きっと
気付いていないんだろうと思っていたら、当日の朝に
「今日皆でお祝いに行くから・・」と連絡がありました。
きっと驚かそうと思っていたのかも知れません。

節目の古稀となっても、今まで通り、肩ひじ張らない
スローライフの生き方で頑張ろうと思っています。

投稿: スロー人 | 2014年1月12日 (日) 10時38分

節目の古稀を迎えられたんですね。
おめでとうございますbirthday

ご家族皆さんで心のこもったお祝い嬉しいものですね。そのうえ、都内でのお祝い席も・・・こちらも楽しみですね(・∀・)イイ!

これからも健康第一に益々、生き生きと過ごされますように!!

投稿: よびばあ | 2014年1月12日 (日) 20時29分

よびばあさんへ **********

有難うございます。
自分では70歳になったとは思えない気分の古稀です。
これでゴルフに行った際、税金が免税されて初めて実感が
湧くのでは・・と思いますが。

節目となりましたが、特に改まって目標も立てることなく
昨日の続きの生活をのんびりと続けようと思っています。
ただご忠告の通り、健康には十分気を配るようにしたいと
思います。

投稿: スロー人 | 2014年1月12日 (日) 21時09分

お誕生日おめでとうございます。
この日は両親の結婚記念日、我が家もささやかにお祝いしました。
また従妹の旦那さんの誕生日でなんだか重なってるのが不思議な感じです。
目指すは喜寿と言わず傘寿、米寿と元気にお過ごしください。

投稿: 夢眠 | 2014年1月12日 (日) 22時34分

夢眠さんへ **********

有難うございます。
皆さんからお祝いのコメントを頂いて嬉しいです。
そうでしたね。いつかそんなコメントを頂いたことがあり
何かの繋がりを感じたのを覚えています。

余り欲をかかずに、取り敢えずは目標を喜寿とし、
できたら米寿、白寿までもと・・・
(やっぱり欲をかいていますね。)

投稿: スロー人 | 2014年1月12日 (日) 22時50分

お誕生日おめでとうございます。
古稀を迎えられた事
重ね重ね、おめでとうございます。
私の父が70歳の時古稀の祝いを
したことを懐かしく思い出しました。
これからも実り多き人生を
送られる事をお祈り申し上げます。

投稿: 田んぼの蛙 | 2014年1月14日 (火) 17時50分

田んぼの蛙 さんへ **********

有難うございます。
自分ではとても古稀を迎える歳になったとは思えません。
気持ちは50代のままのような感覚の毎日です。

これからも特に変わったことはせず、今まで通りの
スローライフを貫いて行きたいと思っています。

ところで、今年は特に雪の量が多いようですね。
毎日雪との格闘が続いているものと思います。
頑張って雪の冬を乗り切ってください。

投稿: スロー人 | 2014年1月14日 (火) 20時46分

大変遅くなりましたが
誕生日おめでとうございます♪
古稀なんですね。
まだまだ、お元気なスロー人さん、
これからは、今まで以上に健康には留意され、元気に喜寿を迎えてくださいね(*^^*)
 

投稿: bluedaisy | 2014年1月17日 (金) 19時53分

bluedaisy さんへ **********

有難うございます。
まだまだ自分では気力は若いつもりでいますが、体力は
衰えているのを感じます。
昔、古稀と言えばかなりのお年寄りだったように記憶して
いますが、体力的には同じかもしれません。

当面は喜寿を目指して元気に過ごしたいと思っています。

投稿: スロー人 | 2014年1月17日 (金) 21時00分

スロー人さん、お誕生日、おめでとうございます。
そして・・・古希・・でしたか!!
驚きました、こんなに若い古希の方っているでしょうか。
重ねておめでとうございます。

それにしても御家族の皆さんが集まって
こうやってお祝いしてもらえるって本当に幸せなことだと思います。
それは今まで時間をかけてスロー人さんが培ってきたものなんですね。
本当に素晴らしいです。
どうぞこれからもますますお若く、色々なことに(無理のないよう)挑戦し続けてくださいね。

私も後に続きたいと思っていますからっ!!!!


それと・・・なんかついでみたいでごめんなさい。
つるバラについてです。
つるは短く剪定しません。
つるバラは本当は12月中に伸びすぎた枝や古い枝のみを切って誘引するのだったのですがまだ大丈夫だと思います。
ただ、アーチのような大きなつるではなく、
オベリスクなどへのショートクライミングタイプのバラであれば3分の1くらい切って
また新しい枝を誘引すれば大丈夫と思います。

・・・・と言っても私もまだまだ初心者の域を出ていないし
ショートクライミングは今年、初めてやってみるので
あまり強くは言えないのですが・・・
もし、バラをもう少し本格的に育ててみたいのならば
一冊本を買ってみるのもいいと思います。
お奨め本等ありますのでその時はいちでもお知らせくださいね。

投稿: ジュリア | 2014年1月19日 (日) 07時09分

ジュリアさんへ **********

有難うございます。
昔の古稀の人と比べれば、自分では見た目は若いと思って
いますが、体力的には年齢相当に衰えているのを実感します。
子供たちは私の古稀を忘れているのかと思っていましたが
サプライズで祝ってくれました。
第2次の予定もあるらしく、マイクロバスで一同揃って
昼食会を企画しているようです。  嬉しいことです。
私は古稀となっても、今までと変わりないスローライフで
そろりと生きて参るつもりです。

バラについてのアドバイス、有難うございます。
ジュリアさんのバラに比べたら、何とお粗末な育ち方だと
恥ずかしくなります。  とにかく元気がありません。
私は蔓バラをフェンスやアーチやバーゴラに這わせるのが
夢なんです。
ご教示のように早速剪定をしてみます。
蔓バラ専門の育て方の本があれば教えてください。
バラの本も何冊かあるのですが要領を得ず、理解できて
いないのが現状で情けなく思っています。

投稿: スロー人 | 2014年1月19日 (日) 22時24分

スロー人さん、おはようございます。
また来ました。

ショートではなく、本格的なつるバラを目指していることがわかりました。
そのバラは地植えでしたっけ?
つるはかなり伸びますので本当は地植えの方がいいみたいですが
もし鉢植えで元気がないのならば根詰まりを起こしているのかもしれませんね。
大きな鉢に植え替えると元気になるかも。

あと・・例えば根詰まりも起こしていなくて元気がないとなると
病気も考えられます。
全部は終わってませんが、今年の鉢替えで根頭癌腫が3鉢も見つかりました。
根っこにコブができる病気です。
すぐにどうこうなるわけじゃないようですが
徐々に元気がなくなって ひどければ枯れるみたいでショックでした。
あと、コガネムシの幼虫が根を食べている場合もあります。(我が家もやられました!近々記事にします)

バラの育種家さんたちは、「バラを育てるのは難しくない」って言いますが
今まで育ててきて、やっぱり手をかけてあげないとダメだな~と実感しています。
それは確かに難しいのではないかもしれないけれど他の花の数倍は気を使います。
でも、だからこそきれいに咲いてくれた時の喜びも大きいのかもしれませんが・・・

つるバラ専用の本も書店で見かけました。
私は持ってないのでお奨めできるかわかりませんが
2種類くらいあったと思いますが・・

投稿: ジュリア | 2014年1月20日 (月) 05時00分

ジュリア さんへ **********

度々恐れ入ります。
我が家の庭は狭いので何本ものバラは無理な環境です。
ナニワイバラは何年か前から育てて綺麗に咲いてくれます。
ナニワイバラ以外のバラは、一本は地植え、2本は鉢で
育てていましたが、鉢は管理が行き届かないので今は
全部地植えにしています。
肥料は時々与えていますが、薬剤散布は一度もやっていませんcoldsweats01

こんな愛情のない育て方が一番悪いことを感じました。
これからはローズガーデンを目指して頑張ります。
これからもいろいろと教えてください。
宜しくお願いします。

投稿: スロー人 | 2014年1月20日 (月) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/58924868

この記事へのトラックバック一覧です: 古 稀:

« 大きく育った”白菜” | トップページ | 油絵 ”想” »