« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月26日 (水)

春の陽気の畑仕事

今日は春の陽気の暖かさの中、今年はじめての畑仕事だった。

3月に入ったら「じゃがいも」の植付けをする。  今日はそのための畑の準備をすることにしていた。  春の陽気の暖かさで気持ち良い畑仕事の一日だった。

じゃがいもを植え付ける予定の区画には、まだキャベツが植えてあったが、全てのキャベツを収穫してスペースを空け、苦土石灰を蒔いてからミニ耕耘機で耕した。

Photo

畑は徒歩25分、車で5分のところにあるが、仕事の途中で昼食のために一旦家に戻るのは面倒である。  今日は陽気が良いので弁当を持参して畑で昼食を執ることにし、妻に弁当を作ってもらった。

Photo_4 仕事の途中で、畑のガーベラの下に椅子とテーブルを出して弁当を広げた。
 風もなく、春の陽は暖かくて清々しく、妻の作ってくれたお弁当の味は格別だった。

これからの季節、畑仕事が多くなる。  今日のように良い陽気の日には、畑でのお弁当が癖になりそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

新居購入祝いの油絵

会社時代に職場が一緒だった女性が、同じ市内のマンションを購入して転居して来た。

独身時代から、毎年我が家に”芋ほり”に来ている女性グループの一人である。
今では結婚して子供二人の4人家族となった。

芋ほりにはご主人を含め家族4人でやってくるが、先日は子供連れ3人で遊びに訪れた。  その時に、新居に妻と二人を招待してくれるというので、喜んで伺う約束をした。

そして・・今週末がお互いに都合がついて伺うことにした。
妻は料理を持参する約束をしていたが、白菜や、庭の夏みかんもお土産にする予定である。

 
                        パンジ—    (SM)
Photo_2新居購入祝いを何にしようかと迷っていたが、ダイニングか玄関に飾れるような小さな油絵を描いて贈ろうかと思いついた。

善は急げ・・・、訪問2日前の昨日、急遽描いた。  何を描こうかと迷ったが、部屋に飾るには無難な花の絵を描くことにし、身近にあるパンジーをSMサイズのキャンバスに描いた。

額に入れてみたら、小部屋にはちょうど良い大きさで、華やかな絵に仕上がって、良いお祝いの品が出来た。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

e-Taxで確定申告

先週から連続して週末の大雪である。
大雪に加えて、連日の寒さでどうしても家の中で過ごすことが多くなる。

そのため家に籠って絵を描く時間が多くなり、合間には冬季オリンピックをTVで応援したりしているが、急に思い立って、「e-Tax」で確定申告をした。

Photo_2
申告に必要な領収書や証明書などの整理は妻の役割で、予め用意してくれてあるので、私の役割はそれを見てパソコンから申告するだけである。

「e-Tax」での申告は今年で6年目となり、最初は慣れないで苦労したが、近年はスムースに作成/申告出来るようになった。

結果、今年はほぼ昨年と同額の還付が受けられそうである。   少額でも還付されると嬉しいものである。

古稀となったので医療費の自己負担割合は減るのだろうか・・・
そうなると医療控除額も減って・・・還付額、も減る??
来年の申告のことだけれど、なんだか、嬉しいような寂しいような・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

油絵 ”春陽”

先日、大雪の降った前の寒い日、絵のモチーフを求めて、市内東部をスケッチハンティングに出かけた。  途中までは車で、途中からは徒歩で散策した。

寒さ対策のため、ダウンの上着にオーバーズボン、毛糸の帽子を冠り、手袋という完全武装だったが、寒くても徒歩で体は暖まって丁度よい装備だった。

Photo目安を付けていた場所は、新しく配送センター倉庫が出来ていたり、開発が進んで景色が変わったりしていて、がっかりした。
小川沿いにどんどん歩いて行ったら行き止まりの道があり、寒いのに正面の木々には陽が当たって輝いて見え、春の陽の暖かさを感じる景色があった。(写真)
手前の日陰の木々の寒さと、正面の陽に当たる木々の暖かさが対照的だった。

3時間近く景色を探して歩いたがこれといった景色は見つからず、気落ちしていたところだったが、この景色なら絵になるか・・と思い、持参したスケッチブックを開いた。  簡単に水彩で着色した。

帰宅後、雰囲気の記憶が残るうちにと、スケッチと、撮ってきた写真を参考に、F10号のキャンバスに絵の具を乗せた。
翌日も立て続けで描いて2日で絵は完成した。  タイトルは取り敢えず「春陽」とした。

    油絵 ”春陽”  (F10号)   <↓絵をクリックで拡大画面に>
Photo_2

5月の県展応募作品のモチーフがなく困っていたところだったので、この絵を50号に描きなおして応募してみようと思っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

冬の畑で野菜の収穫

皮肉なことに立春以来寒い毎日が続いている。
それでも日中の日差しには春の暖かさをを感じる。

ストックしている野菜が底をついたと妻から聞いて、久しぶりに畑に行き、野菜を収穫した。
今日は息子一家にもお裾分けしようと、大目に野菜を収穫した。
白菜、キャベツ、ブロッコリー、大根、かき菜、チンゲン菜などである。

27

今の畑は、鳥の食害を避けるために、白菜とキャベツは寒冷紗のトンネルで覆ってある。
また、ブロッコリーは支柱で小屋状に骨を組み、ネットですっぽりと覆いをしている。
この対策のお蔭で、野菜は鳥害に遭わずに済んでいる。

白菜やキャベツは、冬の寒さで甘みを増して美味しくなっている。
今年は野菜の発育が遅かったため、これらはまだ全数の半分ほどしか収穫してないが、次の野菜の準備のために畑を耕す準備が必要で、収穫を急がねばならない。

残った野菜とは言え、たくさんの野菜を我々二人で食べ切れることも出来ず、あちこちに配って歩かねば・・・ coldsweats02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

立春の雪

今日は立春・・・
立春だというのに、今日は雪が降った。

Photo_3
天気予報も今日は雪との予報だったが、昨日の暖かさでは、まさか・・・と思っていた。

今日は陶芸の日、教室の仲間は私同様雪用タイヤを装着しておらず、そわそわしながら作陶していた。  そして、雪が降ったら直ぐに帰る準備をしていた。
予報通り正午頃から雪が降り始めたが、大した降り方ではなく室外の様子をみていた。

3時頃から雪はボタン雪となり道路は薄っすらと白くなりはじめ、皆、慌てて帰宅した。
帰宅したら、我が家の前の公園は積もった雪で薄っすらと覆われていた。

今週は気温は最高でも一ケタの寒いとの予報である。
寒暖の差が激しいこの頃、体調には十分に注意して過ごそうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »