« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

満開の桜

今日は強風の中、丁度満開となった桜の花見を兼ねたウォーキングとなった。

先ずは、我が家から3分のところにある桜のトンネルをくぐった。
満開の桜のトンネルは、いつ見ても圧倒されるほどだ。

Photo

トンネルを抜けて、見沼代用水西縁に出て桜並木を歩き、見沼通船掘の歩道の桜を眺めた。
”見沼通船掘”は、国指定史跡で、江戸時代に船を通した古い歴史ある史跡である。
その辺りの桜は綺麗な緑の中にあって、静かで落ち着いた独特な美しさがある。

Photo_2

今日はそこから川口市の見沼代用水東縁まで足を延ばし、始めて通る桜の並木を堪能した。

風邪が強く、冠っていた帽子が飛ばされそうになったり、風に向かってのウォーキングは、身を屈めて歩くほどだったが、今日も約7kmのウォーキングで汗を流した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

絵画展へ

今日は、一昨年まで通っていた油絵教室の先生の個展に行ってきた。
先生は毎年この時期に、新宿の京王デパートで個展を開くのが恒例となっている。

Photo

退職した翌日から通い始め、描き方のイロハから教えてもらった先生である。 その後、約9年間お世話になった絵画教室だったが、脱皮を目指して一昨年末で教室は辞めた。
辞めても時々教室には顔を出して、先生や教室の生徒さんたちとは今でも交流を続けている。

久しぶりに先生の絵を観て、懐かしかった。
そして、先生の絵から脱皮しようと教室を辞めて絵を描いている今の自分の立ち位置を再確認した今日だった。

   -・-・-・-・- ウォーキングの道すがら -・-・-・-・-・-

Photo_2 今週初めまではまだ緩んだ程度の見沼の桜(ソメイヨシノ)の蕾だったが、今日は咲き始めた樹が多く見られた。

桜の咲き具合が気になって上を向いて桜の枝ばかり見ながらウォーキングをしていたら、つまずいて転びそうになったりした。
もうすっかりどの枝も咲いている樹もあれば、まだほんの少し咲き始めた樹もあって、樹によって随分差があるものだと思った。

Photo_4 見沼田んぼには、いろいろな植木を育てている畑も多くある。
その中、ボケを育てている畑では、赤いボケや、白いボケが正に咲きはじめん・・としていた。

今日もそんな春の始まりの季節を感じながら、薄っすらと汗をかいた8,000歩のウォーキングだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

緩み始めた桜の蕾

Photo 今日のウォーキングは、桜の蕾の様子を見ようと、見沼用水路沿いの桜並木を通って、見沼田んぼ方面を歩いた。

1.5kmほどの巾の見沼田んぼの東西両側にある見沼用水路の桜が咲くと、それは見事で大勢の見物客が訪れる。

Photo_2

蕾をよく見ると、大分緩んできてはいるが開くにはもう少し時間が掛かりそうだった。
それでもあと一週間もすれば咲き始めるのではないかと思う。

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ウォーキングを再開してから今日で8日目、毎日約1.5~2時間、急ぎ足で7~9,000歩前後歩いている。
コースは私の家庭菜園方面や、見沼田んぼの中や、駅方面など、毎日コースを変えて飽きない景色を求めて歩く。

Photo_3

今の時期、少し汗ばむ程度の陽気でウォーキングは清々しい。  今日歩いた見沼田んぼでは、あちこちで家庭菜園を楽しむ姿が見られた。  すでにネギを植え付けた畑が沢山あって、自分も早く植えなければ・・などと、とても参考になる。

暖かくなってきたからなのか判らないが、ウォーキングを始めてから血圧も許容値範囲に安定するようになった。  体重も微減してきて、ウォーキングの効果はあると感じる。

飽きないで健康ウォーキングは続けたいな・・思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

ウォーキング再開

先日、健康診断の結果が出た。
そこで医者から”糖尿病予備軍”と診断された。

血糖値(BS)が基準値70~109のところが、128mg/dLもあり、ヘモグロビンHbA1cは基準値4.6~6.2のところが6.3%だった。  調べたら、血糖値(BS)は糖尿病と言われても仕方ない値だった。  改めて驚いた。
血糖値を下げるには、”食事”と”運動”が不可欠と言われ、今まで全く気にしていなかったことを後悔し、早速対応することにした。

食事は、白米やパンなど糖質となる食べ物を極力抑えたり、今まで毎晩飲んでいたビールを糖質ゼロにしたり、焼酎に換えることにした。  食事に関しては、妻が厳しく管理してくれることになった。

運動は、冬の間家に籠っていて散歩もせず、何も運動をしていなかったことを反省した。
血糖値改善には有酸素運動が良いとのことで、ウォーキングを再開することにした。
運動は血糖値が高くなる食後が良いとのことなので、食後に最低1時間は散歩すると決めた。

Photo_5Photo_6今日はその第1日目、朝食後に30分かけてウォーキングで畑へ行き、1時間ほど畑で仕事をして、大回りして1時間かけて帰ってきた。

今日は春本番の陽気で、歩いていても清々しくて実に快適だった。  途中の見沼田んぼでは、紅梅や白梅の花が満開で美しく、車で通って見る景色とは全く違う景色であることに驚いた。

以前は、ただ健康に良いからと漫然とした目的で歩いていたので長続きしなかったが、これからは”血糖値の改善”という目的があるので、強い意志でウォーキングを続けようと思う。

そして、主治医の医師にお願いして、3ヶ月後に再度検査をしてもらって、”食事”と”運動”の効果のほどを診てもらおうと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

人物画7作目

風景ばかり描いていた私が、勧められて「人物画」を描きはじめて1年半、人物画第7作目の油絵が出来た。

         長椅子の女(ひと)   (P10号)
009

8名のグループで、市のコミニュティーセンターの画室を借り、月3回ほどモデルさんに来てもらって人物画を描いている。
私以外のメンバーは、人物画の経験が長く、公募展などに入選・入賞しているベテランばかりで、時々アドバイスを得ながら描いている。

人物画は、最初は風景画とは勝手が違って手こずったが、この頃は大分要領も分かってきた。
人物画はデッサンがとても大事で、手足の大きさや長さが少しでも実際と異なると、とてもおかしな絵になることも分かった。

また、人物と背景の色との調和も大切で、背景にはとても気を遣う。

この絵も、人物の着衣と背景の色とのバランスに気を付けて何度も色を変えて描きなおしながら、やっとこの背景色に収まった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

じゃがいもの植付け

雪が舞ったと思えば翌日は暖かかったりと、ここ数日は、気まぐれな春の始まりの日々が続いている。

今日は春の暖かさを感じて、じゃがいもを植付けに畑へ出掛けた。

種芋は数日前から催芽のために天日に干していたし、植え付ける区画も、数日前に耕して、その後にいつでも植付けできるよう畝は作ってあった。

植え付けたじゃがいもは、半切りしたものを1個と数えて、「北あかり」60個、「男爵」40個の合計100個(3.5kg)だった。   1畝に20個づつで5畝に植え付けた。

Photo

種芋を購入した種店の人は、収穫は種芋の重量の10倍だと言っていたが、私の過去のデータでは、例年1個で1kgの収穫があったので、今年は100kgの収穫が望める。
これだと重量ベースでは1kgの種芋から10倍どころか28倍の収穫ということになる。

今年は毎年訪れる「芋ほり娘一家」の他に、ブログ友達のご家族も芋ほりに訪れることになっているので、美味しい芋が沢山収穫出来れば良いのだが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

陶芸作品 花器

昨年末から陶芸制作していた「花器」が、ようやく出来上がった。

陶芸の本などでよく目にしたことがある、かき落とし線で模様を表した花器を、一度制作したいと思っていた。
花器は大きい作品になるので時間が掛かり、なかなか着手できずにいたが、スケッチブックに、なんとなく模様を描いていたら制作する気になった。

Photo_2

粘土(黒泥)をひも状にして積み上げる「手びねり」の手法で成形した。  形が出来た後、表面に筆ペンの墨で模様を描いてから撥水剤を塗り、細い千枚通しのような道具で線の溝を引っ掻いて付けた。
オレンジ色の色化粧土を引っ掻いた線の溝に塗り込んだ。

素焼きの後、透明釉薬をスプレーで吹き付けてから本焼きし、完成した。

結果思ったような出来栄えではなかったが、花器の表面をきっちり平らに削ることや、かき落とし線を更に繊細な線にするなど、次回の作品のための反省点が見つかった。

今回は大きい作品を作るための試作のつもりで、5kgの粘土で、巾16cm、奥10cm、高30cmの大きさだったが、実用するには丁度良い大きさだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »