« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月26日 (土)

ナニワイバラが満開に

南面のフェンスに這わせている「ナニワイバラ」が満開になった。

Photo

毎年この時期になると、真っ白なナニワイバラが咲いて、我が家のフェンスが華やかになる。
棘が鋭くて、剪定や蔓の整理の際には痛い思いをするが、こうして花が満開になると、そんなことは忘れてしまう。

Photo_2 3年ほど前の区内でオープンガーデンが開催された時、見事なバラのお宅があり、見とれていたらご主人がそのバラの苗をくれた。   昨年まで鉢植えしていたが育ちが悪かったので昨秋地植えしたら、今年はシュートが伸びて、何十個もの蕾が付いた。
はじめて咲くバラを見るのがとても楽しみだ。

因みに、今、我が家の狭い庭を、バラの庭に変えようと工事中である。

  -・-・-・-・-<バラの庭へ改造中>-・-・-・-・-・-

狭い庭をばらの庭にしようと、今まで育てた樹をすべて引き抜いている。
狭いながらも、何本かのコニファーや花桃や蝋梅、何本もの紫陽花や沈丁花、万両・千両・・・等々、狭い庭なのにこんなに?、と思うほどの沢山の木を引き抜いて、ごみ焼却施設に運び込んでいる。

大変なのは、根本が30cmの大木に育っていた金木犀で、やっと伐採したが、根が縦横に張っていて根を引き抜くのは素人には困難なので、業者に頼んでクレーン車で引き抜いてもらうよう手配した。  その他、何個もある庭石の撤去・処分や、庭土の入れ替えも業者に依頼している。

また、ガーデンテラスを作るために、息子に手伝ってもらって今まであったウッドデッキとパーゴラを、何日かかかって解体した。
ガーデンテラスを施工する工務店に解体も依頼していたが、自分でできそうなのでやってみたものだ。  お蔭で数十万円の節約ができた。

バラの庭が完成するのはいつのことになるか判らないけれど、バラが庭一杯に咲くことを夢見ている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

芽が出揃った「じゃがいも」

暖かい日と雨の日とが交互に繰り返されたここ一週間ほどだったが、野菜たちには恵みの天候だったようだ。

そんな中、じゃがいもの芽もすべて出揃った。

Photo

写真のじゃがいもの向こう側で行燈で囲ってあるのは「ズッキーニ」。
先日、レタスと共に家で育てた苗を定植したものだ。
じゃがいもと同じで、定植したこれらも、しっかりと根付いた。

「インゲン」や、「ささげ」、「大根」や「トウモロコシ」の種蒔きも終えた。
「里芋」の植付けもした。

連休中に「ナス」「キューリ」「トマト」などの苗を植え付ければ、夏野菜の植付け・種蒔きは終了する。
あとは、蒔いた種が元気に芽を出し、植えた苗がすくすく育つのを見守るのが楽しみである。

  -・-・-・-・- ウォーキングの道すがら -・-・-・-・-

ここ15日間ほどは、いろいろなイベントや、私的雑用などが続く多忙な毎日で、ブログの更新も滞った。
忙しくても、空いた時間を見つけて、なるべくウォーキングはするように心掛けている。

Photo_2 桜が終わった今の時期、ウォーキング中に眺める景色は桜からツツジへと変わった。

始めた3月中頃は肌寒かったし、手が冷たくて手袋をしてのウォーキングだったが、今では汗をかきながらのウォーキングになっている。

ウォーキングと食事に注意を払っているお蔭で、一ヵ月半で4kgの減量効果があった。  その絶大な効果に「少々出来過ぎでは・・・?」と、自分でも驚いている

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

夏野菜/畑の準備

夏野菜の種蒔きや、苗の定植などの下準備のため、畑に出かけた。

まだ採れるブロッコリーだが、夏野菜の準備のために止む無く全てを引き抜いて整理した。
その跡地に苦土石灰をまいて、ミニ耕耘機で耕した。

Photo

ブロッコリーの跡地以外の空き地も整理して耕し、いろいろな野菜を育てるための10本の畝を作った。
夫々の畝では、ズッキーニ、里芋、ささげ、食彩、レタス、大根、トウモロコシやいんげん等を育てる予定である。
また、先日頂いて植え付けた九条ネギの傍には、長ネギを植え付けるための2畝も作った。

Photo_2 3月中旬に植え付けた「じゃがいも」がポツリポツリと芽を出し始めていた。

芽が出るのが予想外に早かったので、このところの時々やけに寒い日の遅霜の被害に遭わなければよいが・・とチョット心配になっている。

今日は、一日仕事を覚悟して、弁当やおやつ、お茶やお水を用意して出掛けた。
ひと仕事してはお茶を飲んだりの、休み休みの畑仕事だった。
妻が作ってくれたお弁当は、青空の下、爽やかな風を受けて食べると、特別に美味しかった。

  -・-・-・-・- ウォーキングの道すがら -・-・-・-・-

2_2一 昨日のウォーキング中、見沼田んぼの中で、餌を探しながら歩いている「キジ」を見かけた。
慌てて写真に収めた。

ウォーキング中にキジを見かけることは度々あるが、カメラを用意しているうちにサッと木陰などに隠れてしまう。
今日は、丁度カメラを手に持っていたのでシャッターチャンスを見逃さなかった。

最近見沼田んぼで、このキジを撮るためと思われる、大きな望遠レンズを付けたカメラを三脚につけて構えてじっと待つ、大勢のカメラマンの集団をよく見かける。
気長に待つ魚釣人に似て、カメラマンも忍耐強さが必要なようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

育苗中

桜は満開となり、すっかり春の陽気になった。

我が家のベランダでは、育苗中の夏野菜のポットが並んでいる。

Photo

今は、ズッキーニとレタスの本葉が出始めていて、10~15日後には定植が出来るほどになっている。
また、ゴーヤやかぼちゃの種を蒔いたポットもある。

ぼつぼつこれらを定植する畑の準備もやらなければと思う。

-・-・-・-・- ウォーキングの道すがら -・-・-・-・-

Photo_2 昨日の雨で散ってしまうかと思っていた桜だが、しっかり花は頑張って咲いていた。
丁度今頃が満開の見ごろのようで、見沼用水路には延々見事な桜の遊歩道が続く。  早朝なのにすでに見学者が歩く姿も見られた。

今日は、遠回りして桜の花見をしながら、我が菜園までのウォーキングだった。   今菜園では、小松菜、かき菜、白菜の花芽が収穫できる。

Photo_3 白菜は、野鳥が好物なので自由にお食べください・・と、10株ほど収穫せずに残しておいたものが、丁度食べ頃の花芽を付けていて、摘んでお浸しポン酢で食べてみたらとても美味しい。

今日は畑で、これらの花芽を沢山摘んで来た。  最近、野菜をより多く摂る食事に変えているので、これらの花芽も今夜の食卓に載るだろう。

今日は7,000歩のウォーキングだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »