« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月29日 (木)

国立新美術館”日洋展”へ

国立新美術館で開かれている”日洋展”初日の昨日、展覧会場に行った。

Photo
初日の昨日は、午後から同館講堂で、”授賞式・推挙者紹介”と”理事の方5名による座談会”が行われ、その後は帝国ホテルで”オープニングパーティー”があり、夜まで行事が続いた。

行事に参加するため、午前中に展覧会場の絵は流す程度しか観ることが出来なかったが、2Fの入口辺りの展示は部屋を大きく仕切って、理事の先生方の絵が展示されていて、他の展覧会と比べて豪華で見易い、見事な演出だった。
その余波を受けて、3Fの会友、一般などの展示スペースが狭くなっていて、残念ではあった。

私の絵は、3F/21号室に展示されていたが、同室の絵が縦構図が多く、横構図の私の絵は上段展示になってしまったのは残念だった。

          秩父盛秋  (F100号)
 (会場で撮ったものだが、ボケた写真になってしまった)F100_3

夜、帝国ホテル開かれたオープニングパーティーは、全国から集まった入選者や関係者で埋まっていた。
お世話になった理事や役員の先生方に、会友推挙となったお礼を言って回った。

このパーティーに出席するのは3回目で、大分雰囲気に慣れてきて、憧れの先生方とも気楽にお話をさせていただくことが出来た。

Photo_2

後日、再度展覧会場を訪れて、ゆっくりと皆さんの絵を鑑賞させてもらおうと思っている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

嬉しい2つの入選通知

油絵を応募していた2つの公募展から、今日、同時に入選通知が届いた。
入選したのは、”日洋展”と”埼玉県展”である。

更に嬉しいのは、そのうちの一つ日洋展の日洋会からは、”会友推挙”通知も同時に届いた。
まさか会友に推挙されるとは思っていなかったので驚いた。
入選者と推挙者の名簿はインターネット(←クリック)でも発表された。

日洋展は、5月28日(水)~6月9日(月)、国立新美術館(東京、六本木)で開催される。
日洋展に応募した絵は、秩父/栃本の景色で、真赤なドウダンツツジの向こうの眼下に見えた村落を描いたもので、「秩父盛秋、F100号」 である。
Photo

埼玉県展は、5月27日(火)~6月18日(水)、埼玉県立近代美術館で開催される。
この県展は難関な公募展で、昨年は落選の憂き目に遭っているので、こちらの入選も正直嬉しい。
応募した絵は、我が家から5~6kmほどのところの景色で、モチーフを求めてさまよい歩いた時に見付けた。  春の日差しを受けた木々を描いた風景の 「春光、F50号」 である。

Photo_2

入選した絵は、展示された会場で写真を撮ってアップし、紹介しようと思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ズッキーニを初収穫

ズッキーニの生育が順調である。
ズッキーニは2畝に、計14苗を育てている。  (写真中央のズッキーニの左側はじゃがいも、右側は芽を出し始めた里芋)

14_2

10日ほど前に小さな実を付けているのを発見したが、樹の生育が大切なこの時期なので、昨日は大きくて収穫に十分なものの他、小さなものまで全ての実を切り取って収穫した。
数えたら、合計25本の収穫だった。

Photo_2

種蒔き後70日、定植後1ヶ月での初収穫だった。
収穫後は、地面に接するような大きな下葉を切り取って、風通しを良くした。

Photo_4

初物のズッキーニは早速夕食時のビールの肴となって食卓に載った。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

オープンガーデン

今日は、区内の花好きのグループが、区の支援を得て毎年開催している「オープンガーデン」を観て廻った。   今日は暑いくらいの好天気だったので、見学者も多かったようで、歩いているとオープンガーデン参加のお宅を探しながら、ぞろぞろと歩くグループを多く見かけた。

Welcome

区内17のお宅がオープンガーデンに参加しているが、今日は半径3km以内の6軒のお宅の庭を拝見した。   あまり広くはない庭でも、工夫していろいろな植物を育てているお宅もあって、とても参考になった。

Photo

中には、ウナギの寝床のように細長い庭を、工夫して植木や草花を配置している庭もあった。

Photo_2

庭の公開に併せて、演奏会や、絵のギャラリーなどを開いているお宅もあって、見学者を楽しませてくれるよう、考えられていた。
また、飲み物などのサービスを提供しているお宅もあって、観せる方も観る方も楽しめる企画が工夫されていて感心した。

Photo_3

どのお宅の庭もいろいろなガーデングッズが飾られていたりして、一様に植木・草花と庭を愛でながら、楽しんで生活しておられることがうかがえた。

綺麗な植木・草花を観させていただいたり、バラを育てている方にお話を伺ったりして、とても楽しいオープンガーデン見学だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

進まない庭工事

我が家の狭い庭に、ガーデンテラスを作っている。

今まであったウッドデッキを解体したり、植えてあった庭木や草花をほとんど抜いたりして庭の改造を目論んでいるところだ。

Photo_3

今日、やっとテラスの骨組みが立ちあがった。   まだ両側にラチスパーティーションを建てたり、テラス屋根の下面の床にレンガを敷き詰める工事が残っている。
因みにバラなどは、ガーデンテラスの前面と両側の、猫の額ほどに狭くなってしまった庭に植える予定である。

取り敢えずガーデンテラスの骨組みは立ちあがったが、最近雨天の日が多かったり、調達部品の納入が遅れたりで、遅々として工事が進捗しない。

工事期間中は、どうしても立ち会う必要があり、個人的なスケジュールが大きく狂ってしまっていて往生している。

来週中には完成すると思うが、早くホッとして、予定通りの行動が出来れば良いと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

国際バラとガーデニングショーへ

今日、「国際バラとガーデニングショー」へ行ってきた。

毎年バラ好きな方たちが楽しみにしているバラの展覧会である。
昨年までは開催されるのは知っていたけれど、足を運ぶことはなかった。  今丁度庭の改造をしていて、バラを植えようかと思っていたので、妻と共に見学に出かけたものである。

会場の「西武球場」は、駐車場は混雑すると思い電車で出掛けた。  自宅からは案外近くて50分ほどだった。

Photo

混雑するとは聞いていたが、今日は日曜日とあってか、人、人、人・・・   すでに電車の乗客は明らかに「国バラ」に向かうと思われる人ばかり。
空いている内にと、10時前には会場に着いたのに、入り口はすでに長い行列だった。

Photo_2

大きな野球グランドには、バラの展示と人で溢れんばかり・・・、赤毛のアンの庭など、いろいろな見事なバラの庭園のモデルに見入った。
また、珍しい色のバラや、香りの強いバラなど、種類の多いのにも驚いた。

今日は見るだけのつもりだったが、色が気に入って一苗を購入した。 「ブリッジ・オブ・サイツ」というツル性の四季咲のバラである。
この他にも欲しいバラ苗はいっぱいあったが、電車で帰ることを考えて我慢した。

Photo_4

会場内でお弁当を買い、外野スタンドで昼食をした。  その後もいろいろバラを眺め歩いたが、足が棒のようになり、諦めて帰ることにした。

とても参考になったし、バラに癒された一日だった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

二つの公募展用油絵完成

二つの公募展に応募する油絵2枚がやっと完成した。

日洋展(国立新美術館、5/28~6/9開催)と、埼玉県展(県立近代美術館、5/27~6/18開催)に応募する作品で、F100号とF50号の大作である。
夫々の応募搬入は今月12日と11日と迫っていて、絵の具が乾く3~4日間を考慮すると、ぎりぎりでの完成である。

Photo

この2つの展覧会は、毎年ほぼ同時開催、同時搬入なので、いつも2枚同時進行で描くことになり忙しい。
冬の寒い間にほぼ描き終わることにしているが、その後は放ったままにしてあって、〆切が近付いてから再度見直すと、手直しをしたい箇所が目につく。

1か所手直しすると全体のバランスが悪くなり、次から次へと手を入れたくなり、結局全部に手を入れることになる。
そんな作業の繰り返しで、やっと完成した。

応募搬入すると、監査/審査を経て、当落が発表されるのは夫々搬入の約10日後である。
発表までは、ドキドキしながら過ごすことになる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

夏野菜の定植

5月大型連休に入って、連日暑い程の清々しい五月晴れである。

そんな昨日、予め購入してあった、夏野菜の苗を畑に定植した。
ナス8本、キューリ12本、トマト大玉・中玉・小玉夫々4本のほか、ピーマン・とうがらし・オクラ・・などである。

Photo_2

植え付けた後は、寒冷紗のトンネルを掛けて、風や害虫から守るようにした。
今日の作業で、今年の夏野菜の植付け、種蒔きは一通り終了し、後は育つのを見守るだけとなる。

Photo_5

今の畑は、種蒔きをしたトウモロコシなどの他、里芋も芽を出し始めてきて、いよいよ夏野菜が動き始めた。   ズッキーニも急に大きくなってきたので、今月末には収穫が出来始めるのでは・・と楽しみだ。

畑の楽しみは、収穫時もさることながら、これらの野菜がすくすくと育つのを見守ることも実に楽しい。

   -・-・-・-・- ウォーキングの道すがら -・-・-・-・-

朝の五月晴れの下でのウォーキングはとても心地よい。   今日は特に、清々しいそよ風があって、普通なら、かなりかくはずの汗もかかない気持ち良さだった。

Photo いつも歩く見沼用水路沿いの遊歩道は、新緑の香りが漂って、花後の新緑の桜並木となっている。

初夏の陽気になる前の、こんなに清々しいウォーキングはいつまで続けられるのだろうか。  汗でぐっしょりになるウォーキングを考えると気が重い。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

はじめて咲いたバラ

大きく蕾を膨らませていた薄ピンクの蔓バラ「スパニッシュ ビューティー」が咲き始めた。

昨年まで鉢で育てていたが一向に花を付ける気配がなかったので、昨秋地植えにしたらシュートがどんどん伸びて、今年はじめて30個ほどの蕾が付いた。

Photo

ナニワイバラとスパニッシュビューティーを同じトレリスに誘引したので、白とピンクのバラが混在して咲いている。  スパニッシュビューティーはまだ10輪ほどなのに、辺りに甘い香りを漂わせている。

ナニワイバラが白い花を咲かせている間に、ピンクのスパニッシュビューティーが咲いてくれて、白とピンクのバラのコラボがとても綺麗である。

Photo_2

今年は友人にいただいた赤いバラも数個の蕾を付けている。  このバラの名前は、友人のうろ覚えでは「バロンネ プレポスト」だと思う・・とのことだが定かではない。

今、我が家の狭い庭は、庭木や草花など全てを引き抜いて更地になっている。  バラの庭に改造しようと思いたち、来週ガーデンテラスの工事がはじまる。
狭い庭のどこにどんなバラを植えようかと、今から楽しみだ。

   -・-・-・-・- ウォーキングの道すがら -・-・-・-・-・-

一日中用事がある日や雨降りの日以外は、ウォーキングを欠かさずに続けている。  今日は、畑まで行き、ぐるりと大回りして帰宅するまで、1時間半のウォーキングだった。

Photo_3 畑では野菜たちの様子を観察した。  昨日一日雨天だったので、畑の緑が爽やかで綺麗だった。  種を蒔いてあった、いんげん、ささげ、トウモロコシは元気に芽を出し始めていた。

じゃがいもも追肥・土寄せして以来随分大きくなった。  ズッキーニの葉も大きくなっていて、行燈の中で苦しそうだったので、早く行燈から解放させあげようと思う。

この連休期間中には、用意してある手前の3畝に、ナス、キューリ、トマトなどの苗を植え付ける予定である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »