« 嬉しい2つの入選通知 | トップページ | 夏野菜・収穫本格化 »

2014年5月29日 (木)

国立新美術館”日洋展”へ

国立新美術館で開かれている”日洋展”初日の昨日、展覧会場に行った。

Photo
初日の昨日は、午後から同館講堂で、”授賞式・推挙者紹介”と”理事の方5名による座談会”が行われ、その後は帝国ホテルで”オープニングパーティー”があり、夜まで行事が続いた。

行事に参加するため、午前中に展覧会場の絵は流す程度しか観ることが出来なかったが、2Fの入口辺りの展示は部屋を大きく仕切って、理事の先生方の絵が展示されていて、他の展覧会と比べて豪華で見易い、見事な演出だった。
その余波を受けて、3Fの会友、一般などの展示スペースが狭くなっていて、残念ではあった。

私の絵は、3F/21号室に展示されていたが、同室の絵が縦構図が多く、横構図の私の絵は上段展示になってしまったのは残念だった。

          秩父盛秋  (F100号)
 (会場で撮ったものだが、ボケた写真になってしまった)F100_3

夜、帝国ホテル開かれたオープニングパーティーは、全国から集まった入選者や関係者で埋まっていた。
お世話になった理事や役員の先生方に、会友推挙となったお礼を言って回った。

このパーティーに出席するのは3回目で、大分雰囲気に慣れてきて、憧れの先生方とも気楽にお話をさせていただくことが出来た。

Photo_2

後日、再度展覧会場を訪れて、ゆっくりと皆さんの絵を鑑賞させてもらおうと思っている。

|

« 嬉しい2つの入選通知 | トップページ | 夏野菜・収穫本格化 »

コメント

いよいよ、日洋展オープニングされましたね。
昨日は座談会やパーティなど行事続きで、さぞ、お疲れだったことでしょう!!

後になってしまいましたが、お葉書ありがとうございました。
楽しみにしておりますeye

投稿: よびばあ | 2014年5月29日 (木) 22時42分

よびばあさんへ **********

私は初日にいろいろ行事があって行ってきました。
ただ絵は、ゆっくりと鑑賞することが出来なかったので、
後日、再度観に行くことにしています。

招待状を送りましたが、もしいかれる時はご利用ください。
500点以上の絵を観て廻るのは疲れると思います。
私の絵は、3Fの21号室に展示されていました。
もし行かれたら、見逃さないようにお願いします。
ご都合悪ければ決してご無理をなさいませんようにお願いします。

投稿: スロー人 | 2014年5月30日 (金) 22時25分

お疲れ様でした。
なんだか違う世界のような雰囲気で 私だったら気後れしてしまいそう・・・
でも、なかなかできない経験ですよね。

以前言ったかどうか忘れましたが
小学生の頃、絵を習いに行ってました。
短い間だったけれど、そこに集まる人達は独特な雰囲気があって、
小学生の私はすごく緊張したのを覚えています。


お葉書ありがとうございました。
急に予定が入るのでどうなるかわかりませんが
行けたらいいな~と思っています。(行けなかったらごめんなさい・・)

投稿: ジュリア | 2014年5月31日 (土) 04時49分

ジュリアさんへ **********

国立新美術館での展覧会は、会場の広さと展示作品の
数の多さで、観て廻るだけでかなり疲れますよね。
初日はそれ以外のイベントもあって、楽しくもありましたが
疲れた一日でした。

勝手に招待状送りましたが、お忙しい身なので、決して
無理しない様お願いします。

投稿: スロー人 | 2014年5月31日 (土) 06時07分

改めまして、おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。

帝国ホテルでのパーティー、すごいですね~。
以前ブログで、緊張なさったとおっしゃっていたのを記憶していますが・・・さすが!今回は緊張はなく、先生方とも気楽にお話しできたのですね~。
同じ趣味(?)の方々が集まるので、初対面でもあまり普段会わない方々でも、話題には事欠きませんね♪

退職後、実家のひめひめパパも、家のことや家族のことをしながら、時間を見つけて趣味を楽しんでいます。
将来、ひめひめダーリンにもそういう趣味が見つかるとよいのですが・・・無趣味です・・・。
来月末のスロー人さんの畑で、農業に目覚めたりしたら、もうけものです(笑)

投稿: ひめひめ | 2014年5月31日 (土) 06時55分

ひめひめさんへ **********

有難うございます。
オープニングパーティーでは、今回で3回目なので、
顔見知りも増えて、最初ほどは緊張せずにお話が出来ました。
先生方の中には、おめでとう・・と言ってくれる方もいて
チョット感激しました。

ご主人はまだまだ働き盛り、定年後のことを考えるのは
早すぎるかも知れませんが・・
農業とまではいかなくても、家庭菜園は野菜を育てるという
楽しみの点では最高かも知れません。
時間がある時に畑に顔を出すと、やる仕事がいっぱいあって
時間を持て余す暇などありませんから・・・

投稿: スロー人 | 2014年5月31日 (土) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/59723537

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館”日洋展”へ:

« 嬉しい2つの入選通知 | トップページ | 夏野菜・収穫本格化 »