« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月29日 (金)

秋の気配/ウォーキング再開

先週末から暦の上では処暑に入り、暑さも収まり始めて、ここ数日は秋の気配が漂っている。  処暑とはよく言ったものである。

このところの涼しさに誘われて、猛暑続きでしばらく中断していたウォーキングを再開した。
今日は久し振りなので畑までの往復1時間だけのウォーキングだったが、いつも車で通る景色なのに、歩きながら目に入る景色は、車でのそれとは違って見えるのには驚いた。
ケイトウの花を栽培する畑は、赤や黄色の花が咲き始めていて綺麗だった。
Photo
帰り道の片隅では、満開のコスモスの花が見られた。
秋の季節は、早足でそこまでやって来ているたようだ。
Photo_2
今日は畑で、採れはじめた秋ナスを収穫して帰ってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

区主催 子供絵画教室

今日は、区役所主催の「子供絵画教室」のお手伝いをした。

私の住む緑区では毎年、区主催で「めざせルーブル美術館」という子供絵画教室を、夏・春の2回行っている。   今年から区よりこの催しの実行委員を要請されて活動していて、今日は指導員として参加した。

Photo

今日の絵画教室は、子供たち約90名が参加し、主として「夏休みの思い出」を描いた。
花火大会の印象や、海や山やプールに行ったことを描いた子供が多かった。  すいか割や家族と旅行したときの様子を描いた子供もいた。

Photo_2

総じて感心したのは、子供たち(特に低学年の子供たち)が、心に残ったことを素直に絵に表現できることだった。  それは絵として一番大切な基本である。   それを素直に絵にすることで絵は生きてくる。  力強い絵になる。  見る人に感動を与える。

小学校5~6年生になると頭で絵を構成したりして、いわゆる上手な絵になるが、心から溢れ出る力強さが薄くなるようだった。 
その点が、今日子供たちが描く様子を見ながら自分の絵と対比して、とても勉強になった。

今日は指導するよりも、指導されたことの方が多い絵画教室だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

猛暑の中・・ゴルフ

昨日までは比較的涼しい日が続いていたが、今日は一転猛暑・・・、この暑い中、ゴルフだった。

先日、近所のゴルフ仲間と飲んだ際、今日のゴルフを約束していた。  10年ほど前までは同じゴルフ場のメンバー同士で、月に何度も一緒にプレーした昔からの仲間だった。

Photo

今日のゴルフ場は、浦和ゴルフ俱楽部。
さすがにこの暑さでゴルフを楽しもうという人は少ないようで、プレーヤーはパラパラ程度だった。
プレーをはじめて2~3ホール目辺りから汗は溢れて、ハーフの昼食休みには、下着からシャツ、ズボンまですべて着替えて後半のプレーを始めるほどだった。

コースの途中のティーグラウンドには、所々に氷に入ったおしぼりがクーラーボックスに入って用意されていて、顔や腕を拭くと生き返るように気持ち良かった。  こんなサービスはとても嬉しい。

今日のメンバーは、10年ほど前はシングルハンデーを競った仲間で、皆それなりの腕前だったが、さすがに皆年を重ねて70歳を過ぎると、腕前はガックリ落ちて、「昔は・・昔は・・」の会話が多くなった。

メンバーは、今日の暑さと、距離が長くて狭い難しいコースに、昔の面影もないスコアだったが、私は前回のゴルフに続いて調子が良く、条件の悪い中でも、久々の良いスコアで廻れた。

  因みに私の今日のスコアは・・・
    41 + 45 = 86
  前回に続いて、80台のスコアだった。

暑い中ではあったけれど、久々の昔の仲間とのゴルフで楽しい一日だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

賑やかに・・お盆

今日からお盆・・・我が家には、娘と息子の二家族が二泊の予定で泊まりに来ていて賑やかである。

4人の孫が集まると、家の中はおもちゃなどで散らかって、足の踏み場もない程になる。
食事の時も大騒ぎ。 1歳半の孫の豪快で散らかし放題の食べっぷりに、ハラハラする。

Photo_2

6歳と8歳の従妹同士の孫はいつでも一緒で仲が良い。  寝る時も一緒、遊びも一緒。  食べる時も隣どおしに座る。  それでも時々言い争いもあって、良い社会勉強をしているようだ。

Photo_4

この二人は、揃って8月生まれなので、一緒に誕生祝いをしようと、息子のお嫁ちゃんが特大のケーキを買ってきた。  ハッピーバースデー♪を歌って二人の誕生日を祝った。
大きなケーキは、二切れづつ食べてもまだ残った。

Photo_5
中一の孫はさすがに落ち着いていて、1歳半の孫に付きっ切りで面倒を見てくれる。
また、宿題の絵を一緒に描こうとアトリエに来て、大きな画用紙に近所の風景を描き上げた。
4人の孫皆が中一くらいになれば、遊びに来ても静かに過ごせるのかな~と思うのだが・・・。

今日は皆で、お寺に亡き父母と妹を迎えに行って墓参りをした。
賑やかな我が家に、父母は満足してくれていることと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

真夏の畑

連日、真夏日や猛暑日が続いていて雨も降らない。

Photo_4この暑さのために、かぼちゃ、いんげん、などはツルや枝葉がすっかり弱って、収穫期を終了した。  トウモロコシや枝豆も収穫し終わった。
昨日は、35℃近くの暑さの中、これらを引き抜いて支柱も整理した。

余りの暑さにタープを張り、その日陰の下で水分を補給しながら休み休みの作業だった。   日向は焼けるような暑さでも、日陰に居るとそよ風が通って気持ち良い。

この暑さの中、収穫できる野菜は徐々に少なくなってきた。   収穫できている野菜の中でも、トマトは暑さに強く、当分の間収穫できそうだ。

             ミニトマト

Photo
            大玉トマト
Photo_5

キューリは7月に収穫が終了し、現在の畑は、なす、オクラ、トマト、ピーマン、唐辛子、ささげ、里芋、長ネギくらいとなった。
収穫できているとはいえ、ナスは秋ナスを採るための剪定をしたので、当分は収穫がストップする。  また、ささげはそろそろ収穫の終盤に来ているようだ。

夏の野菜は徐々に整理され、畑は空き地が多くなってきた。   これからは、これらの空き地を耕して、秋冬用野菜の土つくりがはじまる。

暑さに負けてなどいられない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

キャベツなどの種蒔き

8月に入った先日、「キャベツ」「ブロッコリー」の苗をつくるために、ポットに種を蒔いた。

Photo
毎年8月になると、秋冬野菜の苗づくりを始める。
購入する種は、一袋に入っている種数が欲しい苗数よりかなり多めで、昨年までは種が勿体ないと思い、ついつい倍以上の苗をつくってしまっていた。

余った苗は、家庭菜園をやっている友人たちにあげていた。   しかし、余った苗を友人に押し付けてしまっているような感もあった。  それに今年はガーデンテラスを作ったことで、苗のポットを入れるトレーの置き場所が狭くなってしまった。
そんなことから今年は例年より少なめの、欲しい苗数だけのポット数の苗を育てることにした。

畑の秋冬野菜の配置計画をして、今年はキャベツ45株、ブロッコリーは早生種と晩生種、夫々11株を育てることにし、その数分のポット数とした。
若苗は虫に食われやすいので、寒冷紗のネットでトンネルの覆いをして保護しながら育てる。
8月中旬以降になったら白菜の種も蒔こうと思う。

Photo_2

苗つくりでは、毎年”もやし”のようなか細いひ弱な苗になってしまうが、今年はお相撲さんのような短足ガッチリ型の力強い苗を育てたいものだと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

母の七回忌法要

母が亡くなってから早や6年が経ち、今日、七回忌の法要をした。

Photo_4

故郷の親戚縁者は遠地でもあり、また暑いさ中なのでご迷惑をかけると思い案内せず、子供たちや孫たちの家族だけですませた。
お寺で住職にお経をあげてもらい、お墓にお参りをした。
その後、予約していたレストランで食事の席を設けた。

6年前母が逝った日のことは、今でも鮮烈に覚えている。  あれは油絵個展を催していた6日目、入院先の病院から母危篤の知らせを受けた。
急いで病院に駆け付けたが、母は私が来るのを待っていたかのように息を引き取った。

その時の様子をブログにアップ(←クリック)した記事を読み返してみた。  読みながらあの時を思い出して、つい目がうるんでしまった。
沢山のブログ友達の方々にお悔やみや励ましのコメントを頂いたことを思い出し、改めて有難かったことだと思う。

あれから6年が経ち、孫たちは4人になり、娘や息子夫々の一家は健康で仲良く元気に暮らしている。
今日の法要の席でも、孫たちは騒いで喧騒だったが、母はきっと「みんな元気で結構結構・・」と喜んでくれていたのでは・・・と思う。

健康で元気に仲良く暮らしていくことが母への一番の供養だと思い、いつまでも今の暮らしが続けられるよう努めていきたいと思う。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

追記;
3回忌の時にもブログに記事をアップしていたのを思い出した。 
・・・・ 母の3回忌 (←クリック)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »