« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

いよいよ年の瀬も押し迫り・・・

いよいよ年の瀬も押し迫り、今年もあと1日を残すのみとなった。

今年は、例年12月から描きはじめる春の2つの公募展の油絵のモチーフが決められず、未着手なので時間があり、例年より暮れの仕事がゆったりと出来、余裕を持って新年が迎えられる。

そして暮れになって、今年も宅配便でいろいろな品を送って頂いた。
式根島に住む友人からは段ボール箱が届いた。  妻は、いつもの様に新鮮な魚でも・・?と梱包を解いた。 新聞紙に包まれた幾つかの包が出てきて、何だろうと開けたら、中から異様な赤い甲羅と髭がニュゥ~とあらわれて動きだし、「キャー」と叫んだ。

Photo
何事かと近づいてみたら、なんと生きている伊勢海老だった。 手足が動いている。 それが7匹の大群。 いやはや驚かされた。
友人は我が家が大晦日に家族揃って新年を迎えるのを知って、皆で食べるようにと、送ってくれたのだそうだ。  何日かは生きたままでいるとのこと、こんな宅配便もあるのかと驚いた。
伊勢海老で新年を迎えることになりそうで、有難いものを頂戴した。

Photo_3伊勢海老以外にも、北海道からは鮭が、静岡からはみかんが、長野と群馬からはリンゴが・・と、地域の特産物を送ってくれた。  干物やビールなども頂いた。 毎年のことだが、山梨で洋ラン園を営んでいる従兄弟からは、抱えきれないほどの大きさの梱包箱で洋ランが届いた。

こうして毎年暮れになると、親戚や友人知人からの品が届き、年の瀬を迎える。  有難いことである。

今日は門松も飾り、神棚も新しいしめ縄と鏡餅を供え、正月を迎える準備は整った。   明日の大晦日には、家族総勢が集合して、除夜の鐘を聞きながら我が家で賑やかに新年を迎える。

今年は噴火や豪雨や地震など、自然災害の被害を受けた方々が多かったが、我が家では家族一同が無事に過ごせたことが何よりだった。  新年も平和な一年であるようにと願うものである。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

今年最後のアップロードとなりました。

ブログを通じて今年も楽しくお付き合いいただいたブログ友達の皆様、本当に有難うございました。  ブログを通じて励まして頂いたり、いろいろ教えて頂いたことも多くありました。
お陰様で楽しく、くじけずにブログが続けられました。

コメントを残して頂けなくても、弊ブログを定期的に開いて読んで頂いている方が多くいることも承知しています。  いつも有難うございます。

皆様には、2015年も、今年同様お付き合いいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

それでは、ご家族皆様お揃いで良き新年をお迎えください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

ツルバラの剪定

先週の暖かかった日に、ツルバラの剪定と整枝を行った。

これまでも何本かのバラは育てていたが、今年の夏、庭の改造をして正式にバラを育て始めた。  今まではきちんとした剪定はしたことがなかったので、枝を詰めて切ることが怖かった。

本を読んだり、バラを育てているブログ友達に教えてもらいながら、恐る恐るの剪定だったが、勇気を出して思い切り剪定した。  剪定したツルバラは全部で6本。

      > スパニッシュ・ビューティーの剪定後 <Photo

古い枝や、細い枝は根元から剪定した。  主軸のツルの先端は鉛筆の太さより細くなっている部分から先を剪定した。  主軸から伸びている小枝は、細いものは根元から、その他は3芽残した部分で剪定した。  その後、誘引から外して、枝を整えながら再度フェンスに誘引して結束した。
新規に誘引してから葉をすべてもいで落とした。

        > ナニワイバラの剪定後 <
Photo_4
はじめての剪定と整枝だったが、教えてもらっていたので意外と大胆に剪定でき、すっきりした誘引が出来て、チョット自信が付いた。

来月1月になったら、木立性のバラの剪定を行う予定だが、これも樹高の1/2または1/3をカットするので、勇気が要る。   この経験を活かして大胆に剪定できるだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

一足早く  メリークリスマス ♪

子供たちの仕事や孫たちの学校、幼稚園の都合で、お休みの日に一足早く家族揃ってのXmasパーティーとなった。  集まったのは、娘一家、息子一家に娘婿のお母さんも来て、いつものメンバー総勢11名が揃った。

Xmas
我が家の出窓には一月近く前からXmasツリーのイルミネーションが点滅している。

料理は、午後から来た娘と息子のお嫁ちゃんが、妻と3人で大騒ぎしながら作った。  昨年までは妻が一人で作っていたが、今年は娘たちも手伝ってくれ、それはそれで楽しんで料理していたようだ。

Xmas ケーキは、娘が作ったスポンジに、幼稚園と小2の孫が二人で生クリームを塗ったり、イチゴなどをデコレーションして作った。

Photo
若鳥丸焼きのローストチキンや飲茶、ちまきやチャーシュー饅頭、特性サラダなど盛りだくさんの料理が食卓に並んだ。
そんな女性群の作った美味しい料理で一同満腹となった。

Photo_2
食事の後は、孫たちお待ちかねのプレゼントの交換が始まった。  ぬいぐるみや本やおもちゃや枕まで、抱えきれないほどのプレゼントに、孫たちは大喜びだった。

最後にビンゴゲームとなり、妻が用意した洗剤やティッシュ、シャンプーやホカロンなどの家庭用品を次々にゲットした。  因みに私は万歩計をゲットし、手持ちのものが壊れていたので丁度良かった。

大騒ぎの楽しいクリスマスパーティーだったが、子供たちは眠くなり夜9時頃には帰って行った。

来週、年末の大晦日は、同じメンバーが泊まり込んで、我が家で年越しをすることになっている。
またまた賑やかな一夜になりそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

野菜の冬対策

いよいよ本格的な寒さがやって来た。
地方によっては大雪で被害も出ているようだが、関東地方は寒いけれど晴天が続いている。

今日は寒い中、畑で野菜の冬対策をしてきた。

一つは、毎年寒さで餌に飢えたムクドリの大群に葉っぱを食べられて、丸裸になってしまうブロッコリーに、鳥対策をした。

Photo_2
ブロッコリーの区画の周囲に支柱を立てて、横も支柱で組んで、天井まで全体をすっぽりネットで囲って覆った。  収穫は中に入って行えるし、入り口には開閉ドアも付けた。
今年のトウモロコシをこの方法でカラス対策をして成功したのでそのアイデアを流用した。

これでムクドリの被害は完璧だと思うが、さて結果は???

もう一つは、白菜の防寒対策である。

白菜は厳しい寒さで、外葉が徐々に傷んでしまう。
その為、外葉で白菜を包んで紐で結わえて、白菜の中身を防寒とした。
さらに寒冷紗のトンネルを掛けて、防寒と防鳥対策とした。

Photo_3
今年は白菜が豊作で、まだ沢山残っている。  こうして防寒対策をしておけば、冬の間長く白菜が食べられるはずである。

その他の冬対策として、里芋は全部掘り起こして、穴を掘ってまとめて埋めた。  冬の間は、少しずつ掘り返して食べるつもりである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

年末恒例 松の剪定

毎年々末に、松の剪定を行うのが恒例となっている。

Photo
松を自分で剪定をするようになって、かれこれ20年ほどになる。 近年は歳を考えて、「来年からは自分で剪定するのは止めよう・・」と思っていた。
特に昨年は、「古稀になっての高所作業は危ないかナ」と思い、今年の剪定は職人に頼むつもりだった。

しかしいざとなると、まだまだやれそうな気がして、今年も自分で剪定することにした。
暖かそうな日だけ選んで、急がずのんびり作業した。  その為、3日かかってしまった。
通りがかりの人に、「松を素人で剪定なんてすごいですね」とか「上手ですね」などと、おだてられ、しかしそれが励みになった。
でも、仕上がり具合を眺めて、虎刈りのような不揃いの剪定になってしまい、腕が落ちたと思う。

来年のことを思うと、まだまだやれそうだと思う反面、もうやめた方が良い・・と思う気持ちが入り混じって複雑ではある。

来年のことは来年決めることにして、取り敢えず今年も無事剪定が終わり、さっぱりした松になってホッとしている。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

陶芸作品 ”小鉢”

本焼きをしていた”小鉢”が焼き上がった。

Photo_2
   大きさ : 15cmφ x 5.5cmH
   粘土  : 半磁土
   成形  : 電動ロクロ
   模様  : 外側面をかき落とし
   釉薬  : 伊羅保釉
   本焼き  : 酸化焼成 

電動ロクロで成形したものだが、形をイメージして挽いたので珍しく短時間で成形できた。
電動ロクロでの成形は、腕前が安定しない私は、その日によって上手く挽ける日とそうでない日がある。  この日は調子が良かったのか、この鉢以外にも数個が挽けた。

半磁の粘土で成形後、素焼きして伊羅保の釉薬を掛けたが、先生によると、この組み合わせは余りやらないとのことだった。  それでは私が試しに・・と、実行してみたものである。

外側面に大胆な引っ掻き傷をつけたが、釉薬の濃淡が模様になっている。
結果は、思い通りの仕上がりとなり、私的には満足できる作品になったと思う。

煮物を入れたり、お新香を入れる器に丁度合う小鉢となった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

バラ風呂

本格的な寒さとなり、庭のバラは凍えているようで、咲き始めてもなかなか満開には至らない。

早めに切り花にして花瓶に挿しているが、今夜は切り取ったバラを風呂に入れて”バラ風呂”にしてみた。

Photo
赤くて香りの強い”ヴェルベット・フレグランス”を多めに入れたら、香りが漂って王様になったような気分になった。
色もいろいろ混ざっていて、見た目にもゴージャスな雰囲気である。

そんな風呂に気分が良くなっていつもより長く浸かっていたら、のぼせてしまった。
たまには気分を変えて、こんな風呂も良いものだと思った。

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

今日は畑の野菜を収穫して、3人の友人たち宅配便で送った。
白菜、キャベツ、里芋、大根、ブロッコリーや葉野菜などを段ボール箱に詰め込んだ。
珍しい野菜ではないけれど、無農薬の安心野菜を食べてほしいと思う。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

師走のバラ

今日から師走、寒さも本格的な季節となった。

こんな寒さの中、庭のバラは寒さに耐えて健気に咲いている。
バラ初心者としては寒いこの時期、このまま咲かせておいてよいものか、それとも樹のためには切り取ってしまった方が良いのか迷っているが・・・切り取るのも可愛そうだと思い、そのまま咲かせて早めに切り取って、切り花にして花瓶に挿したりしている。

  >ヴェルベット・フレグランス<
四季咲きのこのバラは、7月に購入した苗に付いていた花が終わった後、9月末~10月末にまた花が付き、切り取った後の新芽から今また20輪ほどの花が咲いている。
寒い中の花なので弱々しいけれど、いっぱいの香りを辺りに振りまいている。

Photo_2
  >カジノ<
ツル性のカジノは、アーチにツルを伸ばして咲いている。
花数は多くはないけれど黄色の大輪である。 今朝起きて見たら、昨夜からの雨を受けてその重みに耐えきれず、2輪が折れてしまっていた。  切り取って花瓶に挿して飾った。
今でもどんどん蔓を伸ばしているので、来春はアーチの上部まで伸びて見栄えのあるアーチに仕立てられるのでは・・と期待している。

Photo_3
  >ジョン・F・ケネディ<
真っ白い大輪のケネディは、7月購入時に付けていた花以来、初めて花を付けた。
沢山の蕾は付かなかったが、白い大輪は一段と目立って存在感がある。  葉は濃い緑色でしっかりした葉なので、樹全体に力強さを感じるバラである。

F
これら以外にも、”モナコ”や、”ヒストリー”も沢山花蕾を付けていて今にも咲きそうである。
ただ、この寒さの中、咲かせて良いものかどうか、かと言って切り取るのも可愛そうな気がして迷っているところである。

    -・-・-・-・- 公園の秋模様 -・-・-・-・-

我が家の前の公園は、秋になるとモミジや楓、桜や欅などの木々が紅葉して綺麗な秋色になる。

Photo_4

この写真は4~5日前に撮ったものだが、今日は昨夜からの雨に打たれて葉がすっかり落ちて、裸の木々になった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »