« 改組新 第1回日展 へ | トップページ | バラ風呂 »

2014年12月 1日 (月)

師走のバラ

今日から師走、寒さも本格的な季節となった。

こんな寒さの中、庭のバラは寒さに耐えて健気に咲いている。
バラ初心者としては寒いこの時期、このまま咲かせておいてよいものか、それとも樹のためには切り取ってしまった方が良いのか迷っているが・・・切り取るのも可愛そうだと思い、そのまま咲かせて早めに切り取って、切り花にして花瓶に挿したりしている。

  >ヴェルベット・フレグランス<
四季咲きのこのバラは、7月に購入した苗に付いていた花が終わった後、9月末~10月末にまた花が付き、切り取った後の新芽から今また20輪ほどの花が咲いている。
寒い中の花なので弱々しいけれど、いっぱいの香りを辺りに振りまいている。

Photo_2
  >カジノ<
ツル性のカジノは、アーチにツルを伸ばして咲いている。
花数は多くはないけれど黄色の大輪である。 今朝起きて見たら、昨夜からの雨を受けてその重みに耐えきれず、2輪が折れてしまっていた。  切り取って花瓶に挿して飾った。
今でもどんどん蔓を伸ばしているので、来春はアーチの上部まで伸びて見栄えのあるアーチに仕立てられるのでは・・と期待している。

Photo_3
  >ジョン・F・ケネディ<
真っ白い大輪のケネディは、7月購入時に付けていた花以来、初めて花を付けた。
沢山の蕾は付かなかったが、白い大輪は一段と目立って存在感がある。  葉は濃い緑色でしっかりした葉なので、樹全体に力強さを感じるバラである。

F
これら以外にも、”モナコ”や、”ヒストリー”も沢山花蕾を付けていて今にも咲きそうである。
ただ、この寒さの中、咲かせて良いものかどうか、かと言って切り取るのも可愛そうな気がして迷っているところである。

    -・-・-・-・- 公園の秋模様 -・-・-・-・-

我が家の前の公園は、秋になるとモミジや楓、桜や欅などの木々が紅葉して綺麗な秋色になる。

Photo_4

この写真は4~5日前に撮ったものだが、今日は昨夜からの雨に打たれて葉がすっかり落ちて、裸の木々になった。

|

« 改組新 第1回日展 へ | トップページ | バラ風呂 »

コメント

お花が少なくなったこの季節に、バラの香りに包まれていいですね。
ジョン・F・ケネディの白いバラ輝いていますね。
来春が楽しみですね。

投稿: おっちょこさん | 2014年12月 2日 (火) 23時00分

おっちょこさんへ **********

バラは咲いているとはいえ、寒いこの時期なので何だか
可愛そうな気がします。
花の勢いも弱くて、咲かせたものか、切り取るべきか
迷っている内に咲き始めてしまいました。
JFKは我が家で唯一の白バラですが綺麗です。
これらのバラが来春のバラの時期にいっぱい咲いてくれる
のを期待して居るのですが・・思い通りに咲いてくれるか
どうか心配でもあります。

投稿: スロー人 | 2014年12月 2日 (火) 23時21分

この寒い時期に、綺麗な見事なバラが咲くのは嬉しいですね。
切るのが気が引けるお気持ち、分かります。
バラの種類が増えてきて、お庭もさぞかしにぎやかなことでしょうね♪

投稿: ひめひめ | 2014年12月 5日 (金) 06時26分

ひめひめ さんへ **********

咲きそうなバラの蕾が寒さでなかなか咲かずに我慢して
いるのを見ていると可哀想で、2~3日前からは積極的に
蕾が少し柔らかくなったら切り取って花瓶に挿して部屋に
飾り、暖かいところで花を開いてもらうようにしています。
お蔭で、家の中はバラの花でいっぱいになっています。

狭い庭ですが、バラを育て始めたら庭で薔薇の手入れを
する楽しみが出来ました。
冬の今のバラは立派とはいえませんが、6月頃のバラの
時期にはどんな花たちで囲まれるかとても楽しみです。

投稿: スロー人 | 2014年12月 5日 (金) 19時59分

さすがスロー人さん、この季節でも沢山咲かせていて素晴らしいです。

我が家の娘たちは秋の私の手入れ不足でちょっと可哀相な状態になっています。

過保護はダメですが、ちゃんとケアしないとそれなりの結果になりますね。反省・・・

ツルは今月中に葉っぱを取って誘引しなければならず、いつやろうかと思案中です。

投稿: ジュリア | 2014年12月 8日 (月) 21時27分

ジュリア さんへ **********

いえいえ、12月初めはいろいろ咲いてくれていましたが、
この頃は蕾のままピタリと成長が止まってしまっています。
この寒さでは成長は無理かと思い、切り取ってしまおうか
と迷っているところです。

私も蔓バラはツルをばらして剪定と誘引をしようかと
思っているところです。
ただ、剪定の仕方を模索しています。
先週の「趣味の園芸」の解説に従って、葉は全て取って
しまうのが良いんでしょうね。

投稿: スロー人 | 2014年12月 8日 (月) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/60742083

この記事へのトラックバック一覧です: 師走のバラ:

« 改組新 第1回日展 へ | トップページ | バラ風呂 »