« 誕生日 | トップページ | 健康総点検第一弾 ”大腸検査” »

2015年1月18日 (日)

毎年恒例”餅つき大会”

今日は、町内会主催で毎年恒例となっている”餅つき大会”があった。

Photo
正月の賀詞交換会を兼ねて、毎年この時期に行っている恒例行事である。  お餅は、有志の他、近所の信用金庫の若手大勢に手伝ってもらい、交代で杵を振るう。

あんころ餅、きな粉餅、大根おろし餅など、付きたてのお餅が参加者に配られる。  お餅の他に、甘酒や綿あめ、豚汁なども無料で振舞われる。

豚汁は、ゴルフ同好会の担当となっていて、毎年同じメニューの伝統の味男の料理は、美味しいと評判で、600杯の豚汁に長蛇の列となる。

この餅つき大会の終了後は、近所の居酒屋で、ゴルフ同好会の新年会が行われるのも恒例である。  今年も気が置けないゴルフ仲間20人ほどが集まって、大いに飲み、大いに歌って楽しい新年会だった。  

|

« 誕生日 | トップページ | 健康総点検第一弾 ”大腸検査” »

コメント

豚汁600杯とはすごい量ですね。
スロー人さんもお料理に参加ですか?
質問です。
そちらのお餅は 丸or四角ですか?

投稿: おっちょこさん | 2015年1月20日 (火) 21時22分

おっちょこさん へ **********

二つの大鍋で6鍋を焚き出します。
因みにこのレシピは、妻が作ったものを30年以上の間
引き継いで伝統の味になっています。
私は毎年料理長にさせられて味の調整をしています。

関東では付きたてのお餅を食べる時は丸餅でアツアツを
食べますが、保存するお餅は角餅が普通となっています。
関西以西は丸餅と聞きましたが、おっちょこさんの所も
丸餅ですか?

投稿: スロー人 | 2015年1月20日 (火) 23時14分

毎年お餅つき、豚汁などを作って、町内の融和を
はかっておられる事は、大変すばらしいと思います。私の住んでいる地域は、むかしは純農村でしたがすこしづつ都市化の波が押し寄せて来て、昔おこなっていた行事がなくなってしまいました。
小子高齢化が進行しています。私の小学校時代には
600人の生徒がいたのですが、今は123人です。
現在小学校の統合の話がでております。
地域の新しい連帯の和を作る必要を感じております。

投稿: たんぼの蛙 | 2015年1月21日 (水) 16時30分

たんぼの蛙さんへ **********

私の住む町は新興住宅地として37年前に発足しました。
餅つき大会は、当初から続いている唯一の恒例行事です。
夏の盆踊り大会もやっていましたが、大掛かりな行事は
費やす労力が大変だということで20年ほどでやめました。

子供の頃住んでいた地方のいろいろな行事は懐かしいです。
時代と共に近所とのつながりが徐々に薄れていくのを
感じ、とても残念ですが、こんな行事を通じて何とか
連帯の和が繋がれればと思います。

投稿: スロー人 | 2015年1月21日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/60995679

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年恒例”餅つき大会”:

« 誕生日 | トップページ | 健康総点検第一弾 ”大腸検査” »