« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

夏野菜の収穫はじまる

5月末だというのに、連日30℃を越える暑い日が続いている。
この暑さのために、夏野菜の収穫時期は早まっていて、いろいろな夏野菜の収穫がはじまった。

今日は、息子一家や画友に届けようと、暑い中、畑へ収穫に出掛けた。
今日の収穫は・・・・
大根2本、レタス2個、ズッキーニ12本、キューリ12本、小松菜1.1kg、ベか菜1.4kgだった。

Photo_2
連日の暑さで、”レタス”や”大根”は早く収獲を終えないと傷んできそうで、連日収穫してはあちこちに配って、歩いている。

連日の暑さですでにズッキーニは50本以上、レタスは30個以上を収穫した。
キューリは収穫が始まったばかりだが、すでに20本以上収穫した。

この様子だと”ジャガイモ”も大部大きくなっていそうで、明日は試し掘りしてみようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

日洋展初日

今日5/27(水)~6/8(月)に国立新美術館で「日洋展」が開催されている。
今日はその初日でいろいろなイベントがあり行ってきた。

Photo_2

会場の、どの部屋の、どの位置に自分の作品が展示されているか気になっていた。  先ず会場に顔を出し、入り口の掲示で自分の作品の展示部屋をチェックした。
驚いたことに第5室に展示されていることが分かった。 展示される合計28部屋の中で、入り口に近い第5室は私にはもったいない程の部屋である。

Photo_3
第5室に行くと、私の絵は上段に展示されていた。 第5室で下段展示は無理と言うもので、上段展示はは残念だけれど、第5室と言うだけでとても満足である。
今年応募した私の絵は、100号の「加田屋川・2月」である。  同じ市内を流れる加田屋川の冬を描いたものである。

           加田屋川・2月  (F100号)Photo_4

今日は午後から、受賞者の表彰式、推挙者の紹介があり、私も会員推挙者として紹介された。  その後スライドによる作品解説会があった。
夜になって会場を帝国ホテルに移して、オープニングパーティーが開かれた。
今年は会員に推挙されたので、役員の先生方に挨拶して回った。

Photo_5
会場ではビールやワインを頂いたり、バイキング方式で料理が振る舞われ、お腹いっぱいとなった。 楽しいけれど疲れた1日だった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

最後のバラたち

晩生で咲いた庭のバラたちも最盛期を過ぎた。  散ってしまう前に記録に残そうと写真に収めた。

     ↓ プリンセス・ドゥ・モナコ ↓                          
薄ピンク色と上品な縁取りの花の形だけでなく、香りまで気品に満ちたバラである。  このバラを眺めているとうっとりしてしまうほどだ。  名前もぴったりの高貴漂うバラである。
2回目の蕾も膨らんでいるので、まだしばらくは楽しめそうだ。

Photo
          ↓ フラム ↓
昨秋購入したバラで、我が家で一番の新顔のバラである。  タグに付いていた写真を見て購入したが、咲く前のイメージと異なるロゼット咲の大輪で、樹高は低いがすっくと姿勢よく咲いている。

Photo_2

          ↓ アルテミス ↓
正面に掛けたアーチの片側に這い登らせようと購入した白い小輪のツルバラである。  大輪の多い我が家のバラの中で、小輪でいっぱいの花を付けるバラは希少価値がある。  ただ、アーチの頂上まで無事に這い登ってくれるかどうか、心配である。

Photo_3
          ↓ メリナ ↓
玄関脇に植えたバラである。  大輪で厚みのあるつややかな花弁は、これぞバラ・・といったバラである。  昨秋はじめて咲いたこのバラを見て一目で気に入った。
すらりと纏まって伸びる樹形も大変良い。

Photo_4

全てのバラが散り始めていて、一輪また一輪と切り取られて少なくなっていく。
華やかだった我が家の庭は何か寂しくなってきた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

日洋展入選・会員推挙

100号の油絵で応募していた”日洋展”から、入選通知が届いた。
嬉しいことに、入選通知と共に”会員推挙”のお知らせも同封されていた。
日洋会のホームページでも発表されていた。

Photo_2入選は予想していたが、昨年会友になったばかりで、まさか今年会員に推挙されるとは想像もしていなかった。
初入選から今年で4回目の入選であり、こんなに早く会員にしてもらって良いのだろうか・・と、少々戸惑っている。

会員になることを受諾し入会金を支払うまではまだ会員候補で、来年2月の理事会で承認を受けて正式会員となる。
一応、喜んで会員になる為の手続きを済ませた。

         -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日洋展は、5月27日(水)~6月8日(月)まで、乃木坂の「国立新美術館」で開催される。

Photo_3
私は、6月4日午前中、3F/出口の当番を割り振られ、会場に詰めることになっている。
また、初日には、午後に推挙者紹介、夜には帝国ホテルでのオープニングパーティーに出席する予定である。

今年私の絵は、どの部屋のどんなところに展示されるのか、今から楽しみである。

<知人で日洋展を見られる方は、招待状を送りますのでお知らせください>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

招待食事会

今日は、娘一家と息子一家から招待を受けた食事会に行ってきた。

招待理由は、いつも世話になっている「感謝のため」と、一週間遅れの「母の日」、それに昨年都合で流れたままになっていた私の「古希の祝い」の招待だと息子の挨拶で始まった。
参加したのは、私たち夫婦、娘一家、息子一家の合計10名。

004_2

場所は、東京/青山にあるシュラスコレストランの”BARBACOA”。   シュラスコは、ブラジルの焼肉料理である。
我が家は私の仕事の関係で、まだ小学生だった娘・息子と共に家族でブラジルのリオデジャネイロで5年ほど過ごしたことがあり、当時はよくシュラスコ料理を食べに行った思い出がある。
そんなこともあって、この”BARBACOA”を我々に内緒で予約していたのだろうと思う。

009
シュラスコは、ガウショ(カウボーイ)が串に刺したいろいろな肉の塊を各テーブルを廻って、好きなだけさらに受ける食べ放題の焼肉料理レストランである。
2時間の間に、いろいろな肉だけでなく、食べ放題のサラダやデザートもお腹いっぱい詰め込んだ。  2歳~中2まで、4人の孫たちもたらふくお肉を満喫したと思う。

008
わざわざ東京で、夫婦でこんな食事会に招待してもらい、感激した一日だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

バラ 満開

春を越えた初夏のような気候の毎日となっている。

そんな気候の中、どうやらバラは最盛期を迎えたようだ。 種類によってはすでに散ってしまったバラや、まだ蕾のままのバラもあるが、大勢としては最盛期を迎えているのでは・・と思う。

苗木を植えたばかりの時はスカスカだった庭だが、茎や枝が伸び葉が茂ってきたら、庭はバラで埋まった。   バラで一杯の庭を目指していたので満足している。

Photo_2
↓ もう盛りを過ぎた「スパニッシュビューティ」だが、まだ甘い香りをまき散らしている。 昨年挿し木をした数本にも花が咲いて、先日バラを見に来た知人に差し上げた。 ↓

Photo_4
↓ アーチ状に組んだフェンスを,手が届かないほどの高さまで力強く伸び上がっている「カジノ」も咲き始めた。 黄色い大輪で、花の大きさは15cmほどもある。  まだ水平部までは伸びていないのでツルを横に誘引できず、つる先端部にしか花が咲いていないが、来年は茎が伸びてアーチ頂部に沢山咲いてくれることを期待している。 ↓

Photo_5
↓ フェンスに誘引した「つるデトロイター」は、たくさんの真赤な大輪をいっぱい咲かせている。 ↓

Photo_6
↓ 「ブリッジ・オブ・サイツ」はオレンジ色の中輪で落ち着いた雰囲気でラティスに這っている。  夜は花を閉じて、朝になるとまた花を開くのには驚いた。 ↓

Photo_8
狭い庭だけれどバラがいっぱい咲いた。 朝起きて庭に出て、漂うバラの香りの中、バラを見て廻るのが楽しみで、朝の日課になった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

じゃがいもの追肥/土寄せ

初夏のような暑い日が続いている。 それでも空気は5月の爽やかさで気持ち良い。

畑の夏野菜たちは、この好天でグングン大きく育っている。
先日定植したナス、キューリ、トマトの他、かぼちゃも活着して元気である。

じゃがいもの葉も大きく育っていて、ぼつぼつ花も咲き始めた。
今日は、じゃがいもに、第2回目の追肥と土寄せをした。

Photo
じゃがいもは6畝で育てているが、6畝もの土寄せは一苦労である sweat01
一畝の土寄せが終わる度に、日陰で水分を執りながら、椅子に座って休憩する。  こんな時に歳を感じる。  そして、無理は禁物と自分に言い聞かせる。
空を流れる雲をのんびり眺めていると、涼しい風が通り過ぎて行き、実に爽やかだ。

今年じゃがいもは、「北あかり」と「男爵」、合計120個を育てている。
例年1個で1kgの収穫があるので、今年は120kgの収穫を期待しているのだが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

5/3 今朝のバラたち

バラが咲き始めたが一斉に・・という訳にはいかないようだ。  朝庭に出て、今朝はどのバラが咲き始めたか見るのが楽しみになっている。

テラス入口の2種類のツルバラが咲いて、いい雰囲気を醸している。
一つはオレンジ色の「ブリッジ・オブ・サイツ」で、昨年西武球場の国バラで購入したものだ。
その脇にはフェンスを這わせようと「ツルうらら」が植えてあり、まだ丈は小さいがこれも早くに咲きはじめ、すでに何輪か切り花にした。 「ツルうらら」は、シュートをピンチしそこなったのでツル先端の地上40cmほどの所に咲いてしまった。

    ブリッジ・オブ・サイツ(橙色)とツルうらら(ピンク色) ↓
Photo_3
咲いている中で一番重厚でバラらしいバラだと気に入っているのが「メリナ」である。 真赤で艶の良い花弁は大輪である。

                メリナ ↓
Photo_2
道路側のフェンスに絡ませているのは「スパニッシュビューティー」と「ナニワイバラ」である。
二つのバラのコラボを楽しみにしていたが、ナニワイバラはほぼ咲き終わってしまい、今スパニッシュビューティーは5分咲き程度で甘い香りを漂わせている。

       スパニッシュビューティー(右)とナニワイバラ(左) ↓
Photo
「つるデトロイター」はフェンスを仕立てて這わせている。 真赤の大輪で、まだ数輪しか咲いていないが、蕾はいっぱい付けている。  香りが良いバラである。

           つるデトロイター ↓
Photo_2
昨年夏からバラを育て始めてから、バラの季節を迎えるのは初めてである。  バラはほぼ一斉に咲くものと思っていたが、もう咲き終わったものもあれば、まだ蕾が堅いものもある。  咲く時期がこんなに幅があるものだとは知らず、一斉に咲いたバラを眺めるのを楽しみにしていたがチョット思惑が外れた。
しかし考えようによっては、いろいろなバラを長い期間楽しめそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »