« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月29日 (水)

絵画研修会開催中

真夏の暑い中、所属している”東浦和美術クラブ”の夏期研修会に参加している。

秋の展覧会開催とこの研修会は、クラブの二大行事で、今年は約30名の会員が参加している。  期間は27日~31日の5日間かけて一枚の絵を仕上げることになっている。

Photo
同じ区内の美術専門学校の2つの教室を借用して、約10名づつに分かれて、3人のモデルさんを描いている。

会員や顧問の中には、日展審査員や県展、市展の審査員をされている方もいて、絵の指導もしてくれる。
最終日には会長が全員の作品を講評してくれることになっている。

このクラブには約100名の会員が所属しているが、こうして一堂に会して一緒に描くことは少ないので、良い交流の場にもなっている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

かぼちゃを収穫

異常な暑さが続いているこの頃である。

気温30℃以上は当たり前、35℃超の日もあり、40℃に達する地方もあるようだ。
こんな時は、どうしても冷房の効いた室内で過ごすことが多くなる。

それでも、畑の野菜は気になって、時々は畑へ顔を出す。

一昨日は、かぼちゃの葉が枯れ始めた様子だったので、残っていた全てのかぼちゃを収穫した。
このかぼちゃは”九重栗”と言う種類で、美味しいと聞いていたので種を購入し、苗から育てたものである。

Photo
7月に入って実ったものから収穫を始めていたが、ホクホクとして栗のようでとても美味しい。  友人にも配ったが、美味しいかったとの声が多い。
9苗を育てて、合計20個の収穫量だった。

Photo_2

ナスが暑さのために花も少なくなってきたので、秋ナス用の剪定をし、追肥を施した。  以前、バッサリと強剪定をして失敗したことがあったので、剪定は弱めの剪定とした。
秋ナスが実るまでの1ヶ月近くはナスの収穫は途絶える。

夏野菜はすでに、ズッキーニ、キューリ、トウモロコシなどの収穫を終えた。 今の畑では「大玉や小玉のトマト」「ピーマン」「ししとう」くらいとなり、収穫する野菜が少なくなった。

8月早々には、秋冬野菜のキャベツ、白菜、ブロッコリーの種を蒔いて苗作りの準備をしなければならない。  今年は、沢庵用の大根も育てる予定である。

sweat01暑い~暑い~sweat01 とばかり言ってはいられない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

美味しいもの続々と・・

梅雨が明け、いよいよ真夏の到来。 茹だるような猛暑の日々が続いている。

夏になって、美味しいものが次々に送られてきた。  先週の”富良野メロン”に続いて、昨日は故郷の山梨から”桃”が、そしてブログ友達のひめひめさんから”特製ロールケーキ”が届いた。

  -・-・-・-・-・-・-・-

故郷の山梨からの桃は、故郷での子供時代にお世話になり、今はおいしい桃作りをされているTさんが、毎年送ってくれるものだ。

Photo
この桃は、適度で上品な甘さと柔かさがあって、この桃を食べたら普通の桃は食べられないほど美味しい。

昨日やって来た息子一家と娘一家に、1/3づつお裾分けをした。

Tさん、今年も美味しい桃を有難うございました。

  -・-・-・-・-・-・-・-・-

ブログ友達のひめひめさんが送ってくれた”ロールケーキ”は、彼女のブログ友達で、大阪でパンとケーキの教室を主宰しているkei吉さん(女性)に注文して送ってくれたものである。
クール宅配便で送られてきたロールケーキには、パンとメッセージまで添えられていた。

解凍しておいて息子一家、娘一家が来てから孫たちと早速皆で頂いた。

Photo_3

特殊な製法の生地で仕上たスポンジだそうで、その食感は柔らかくて上品だ。 芯の生クリームには、みかんやグレープフルーツなどの果物が入っていて、クリームに融け込んで味を引き立てている。

残りは持ち帰るつもりだったが、美味しさにその場で「もう一切れづつ・・」と言いながら、結局全部食べてしまった。

ひめひめさん、それにkei吉さん、本当にありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

富良野からメロンが・・

sun暑い~sweat01  真夏のような暑い日が続いている。

そんな先週のこと、富良野から”メロン”が届いた。
長男のお嫁ちゃんは富良野の出身で、彼女の実家から毎年メロンを送ってくれる。

Photo
早く食べたいのを我慢して一週間熟成し、やっと食べることにした。
十分に熟れていて瑞々しくて柔らかく、その甘さは適度で上品な味である。
こんな美味しいメロンが毎年食べれて、幸せである。

Photo_2
我々夫婦二人で4個のメロンはとても食べきれず、娘一家にお裾分けをした。

北海道は美味しい食べ物が豊富である。
一ヶ月ほど前には沢山の”アスパラ”を送ってくれた。
暮には毎年”鮭”を頂く。
お嫁ちゃんが帰省した折には、ホタテやお菓子などもお土産に頂く。

こんな美味しい食べ物が多い北海道に、移住したくなるほどだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

最後の芋掘り

じゃがいも掘りのアップロードが続いて恐縮ですが・・・
先週末の「芋ほり娘の芋掘り」以来、雨模様の天気が続いていて、最後のじゃがいも掘りが出来なかった。

今日は久しぶりの天気となり、息子一家に手伝ってもらい、残ったじゃがいもの全てを掘り出した。  先週は雨避けに張ったタープだが、今日は日除け用として張った。 とても暑い天気になったのでこのタープは役立った。

Photo_2
小1と2歳の孫たちも裸足になって、掘った芋を運んだりして良く働いた。

Photo

じゃがいも以外にも、トマト、キューリ、なす、トウモロコシ、カボチャ、人参など、沢山の野菜を収穫した。

Photo_3
ジャガイモは、今日の収穫を入れて今年の収穫総計は110kgとなった。  じゃがいも1個を半分に切ったものを1種(たね)として120種植えたので、1種辺り0.9kgの収穫だった。  例年は1種辺り1kgの収穫があるが、ことしは例年より悪い成績となった。

今日は暑い一日だったので、汗と泥で全身ぐしょぬれとなり、疲れた芋掘りだった。
協力してくれた息子一家と妻には、本当にご苦労様でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

今週は芋ほり娘

先週に続いて今週も芋ほりの集まりだった。

今週は12年続いている”芋ほり娘”たちの芋掘りだった。 芋ほり娘は会社時代にお世話になった4~5人の女性たちのことである。  私が退職した年から我が菜園に芋ほりに来るようになった。 最初は独身だった彼女たちだが、今では家庭を持ち子供も出来て一家揃ってやって来る。 今回は夫々都合がつかず2家族だけの芋掘りとなった。  2歳と4歳の子供も一緒に参加してくれた。  

今回も先週と同じく天気予報は雨天の予報だったので、タープを張って雨避けを作った。

Photo_2

朝早くには激しく振っていた雨だったが、芋掘りを始めた頃は霧雨程度の雨となり、終る頃には完全に雨は止んでいた。  先週の芋掘りに続くラッキーな天気だった。

Photo_3
ジャガイモ掘りは、北あかり、男爵だった。  じゃがいも以外にズッキーニ、ナス、キューリ、人参の他、かぼちゃやトウモロコシも収穫できた。

Photo_5
畑で野菜を収穫した後は、我が家でシャワーで汗を流し、妻の手料理の昼食となった。

Photo
夕方まで食卓を囲んで雑談に花が咲いた。 

年末には白菜を採って、白菜鍋を囲む約束をした。
そして、名残惜しみながら今日の収穫を積み込んで夫々車で帰って行った。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

家庭菜園 究極のカラス対策

家庭菜園では毎年、キューリ・トマト・トウモロコシなどがカラスの被害に遭っている。

テグスを張り巡らせたり、囲いをしたり、模擬のカラス死骸をぶら下げたり、はたまた「カラスの侵入お断り」の看板まで立てて毎年対策してきた。  これらの対策に頭の良いカラスは直ぐに慣れて、対策の対策を考えて攻撃して来る。  今年も当初、赤いトマトやキューリが無残にも食い荒らされていた。

そこで今年は、スッポリとネットで囲いをして、「ネット小屋」の状態にし、完全無欠のカラス対策を施した。  これならさすがのカラスも侵入できない究極の対策だと思う。
域内に出入りする部分は、ドアー状に開閉できるようにした。

Photo_2
キューリ・トマトの区画と、トウモロコシの区画は夫々分けて囲った。

Photo_3
囲いは支柱を組み立てて骨組を作り、側面と天井をぐるりとネットで覆った。  骨組みはホームセンターで手に入れた「支柱継ぎ金具」を利用した。  この金具を使うと簡単でしっかりと支柱と支柱がクロス接続できる。

Photo

この対策を施して以来、さすがにカラスの被害はゼロである。
これで、トマトやキューリの他、ほとんどがカラスの餌になっていたトウモロコシも美味しく食べられそうである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »