« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月29日 (日)

リンゴの季節

今年も従兄が、大きい段ボール1箱の美味しいリンゴを送ってくれた。

Photo_3

沼田市に住む従兄は、毎年この季節になるとたくさんのリンゴを送ってくれる。  沼田はリンゴが名産品である。
このリンゴは「ふじ」という種類のリンゴで、甘い蜜をたっぷり含んだ、とても美味しいリンゴである。
早速リンゴ好きの娘一家と息子一家におすそ分けした。

このリンゴを食べ終わるころには、毎年取り寄せている信州のリンゴ農家からのリンゴも届く。 
土地や気候の違いもあって、両方のリンゴの味は多少の違いはあるが、どちらもとても美味しい。

毎年これらのリンゴが届くと、「アァ、もう冬になったんだ・・」と感じる。
暖かい日々で忘れていたX'masツリーを、そろそろ引っ張り出して飾り付けようと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

ネット俳句会に入会

先日、美術クラブの会合の時、出席した画友のご主人が「ネット俳句会」を主宰していると聞いた。

俳句はリタイヤしたらやってみたいことの一つだったが、周囲になかなかその伝手がなく、始めるきっかけがないままとなっていた。

良い機会だと思い、早速入会させていただいた。

この句会は、毎月一定の日までにメールで3句を会事務局に投句する。 事務局は投句を集計して全ての会員に作者名を伏せて公開し、会員は一人5句を選句し投票する。 ただし自分の句は選べない。 その内ベストの1句を「特」に選んで投票する。
事務局は選ばれた句は1点、「特」は2点として集計し、得点の高い順に5句をその月の優秀句とし、最高得点作品を特選として、優秀句とともに俳号も含めて会員に公開する。

・・・というルールになっていると聞いた。
実に明快なルールだが、私のように初心者とベテランの方の1票が同格で良いのだろうか・・とも思ったが、今風の民主的な運営がとても良いと思った。

11月の締切日が翌日だったので、今月はパスしたいと連絡したが、特別に2日締切日を延長するから、今月から投句するように・・と連絡を頂いた。

新人なのに締切日を延長してもらうのはおこがましいと思い、雨後晴れ上がった畑へ出掛けて句心を湧き立たせ、3句を無理やり捻り出し、〆切時間ギリギリで投句した。

投句したのは・・・

 ・ 紺碧の空なお高くいわし雲
 ・ 落ち葉掻堆肥つくりの穴を掘る
 ・ 雨上がり重き落ち葉を掻き集め

の3句である。

その数日後、皆さんの投句の全てが公開され、選句して投票するようにとのメールが届いた。
100点を超える句のほとんどは、見事な句ばかりで、自分の句の稚拙なのに恥じ入った。
そして僭越ながら、心動かされた5点の句を選び投票した。
投票結果は追って連絡があると思う。

今までは景色を眺める目は、絵にする時の構図や色を考えて見ることが多かったが、今後は俳句も考えながら景色や季節を見ることになる。
同じ景色でも、眺め方が少し違ってくるかもしれないと思うと、楽しみでもあり不安でもある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

大根などを収穫

先日初めて収穫した青首大根を、1週間ほど干して煮物にしたら、歯ごたえと甘さがあって、とても美味しかった。

今日はその大根を12本ほど引き抜いて来た。  その内の5本は干し大根にし、残りは漬物に漬けた。

Photo
沢庵用の大根は、12月になったら引き抜いて、天日に干してから沢庵に漬けようと、まだ手つかずで畑にある。

今日は、大根の他、白菜、キャベツ、ほうれん草、小松菜、里芋、万能菜などを収穫し、訪れた娘一家と息子一家に持たせた。  また、友人にも配ったりした。

Photo_2
ブロッコリーや山東菜も収穫できる大きさに育っているが、いっぺんに収穫しても食べきれないので、次回収獲することにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

白菜初収穫

久しぶりに畑へ出掛けた。

暖かい秋が続いていて、畑の野菜たちは例年より早く大きく育っているようだ。

白菜は大きくて固く締まっていて、1個収穫してみた。
初収穫にしては大きい玉に育っていて、測ってみたら4kgもあった。

Photo_2
白菜以外に、キャベツも大きく硬く育っていたので、1個収穫した。 これも初収穫だった。
ほうれん草や小松菜も食べ頃になっていて収穫した。  青首と沢庵用の二種類の大根も2本づつ試しに収穫した。

今の畑ではこれらの他、山東菜や芽キャベツや春菊、長ネギや里芋、取り残したサツマイモなどが収穫できる時期になっている。  また、絹さやも芽を出した。  玉ねぎも元気に活着したようだ。

これからの畑の楽しみは、収穫である。
特に白菜は、白菜鍋となって食卓に並ぶのが楽しみだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

第2回目/白内障手術

左目の白内障手術を受けた1週間後の昨日は、第2回目となる右目の手術を受けた。 、今日は手術翌日診察だった。

執刀いただいた先生の話では、今回の右目手術中、水晶体を砕いたものを取り出すのが巧くいかず、後ろ側から(意味がよく解らないが・・)取り出したという。 そのため、一週間前の左目手術では5分程度だったのに、今回は7~8分かかった。 手術中先生が苦労している様子に不安を感じた。

それでも無事手術は終わり、眼帯をして帰宅し、今日の診察で眼帯を外していただいた。
前回の左目では、眼帯を外した途端、くっきりはっきり景色が表れて驚いたので、今度の右目でも・・と期待していた。
しかし、それほどの効果は感じられず、むしろ景色は多少ぼやけて見えたので、おかしいナ・・・と思った。

今日の診察の際その旨を先生に話したが、少し時間がたてば馴染んでくるという。
診断を受けた後、更に右目の中で星か小虫のようなものが泳いでいるように見えたので、引き返して再度先生に診察していただいたが、目自身には異常はないので、術後3日目の診察まで様子を見ることになった。

夜になった今は、左目ほどの改善効果はないものの、右目も徐々にはっきり見えるようになって来たように感じられる。 星や小虫はまだ時々泳いで見える。
1日4回の点眼で良くなるのを期待しているが、このまま当面様子を見るしかないようだ。
・・・・とはいえ、左目が著しくよく見えるようになったためか、両眼でも術前よりは景色が明るく見える。

術後3日目の検診までに、右目も顕著な改善がみられるようになればよいのだが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

白内障手術

昨日は白内障の左目を手術を受けた。

手術が始まる数時間前から、除菌薬や麻酔薬などの点眼を7~8分ごとに何回も行い、手術となった。
手術は至って簡単で、手術室にいたのは術前準備などを含めて5分ほど、施術は2~3分のあっという間で、思ったより簡単だった。  手術中は違和感はあるものの、痛みはほとんどない。

この日の午後は、午後3時から3時間ほどが手術の時間で、次々に28名の手術があったと聞いた。

手術後は眼帯をして一晩過ぎた今日、再度病院に行って、経過診察を受け、眼帯が取り外された。
恐る恐る目を開けてみると、見える景色がくっきりと明るく見えたのには驚いた。
手術の効果はてきめんに思えたが、数時間後にはその見え方にも慣れて、特段の効果を感じなくなっている。

そして、一週間後に今度は、右目の手術となる。
その一週間後には、今度は妻の両眼の手術が続き、今月末までは病院通いとなる。

手術は各種検査の他、数日前からは4回/日の点眼があり、術後にも何種類かの決められた点眼が続く。 また、洗顔や風呂なども数日間は制限される。
そんな煩わしさはあるが、両眼手術後には、どんなにくっきりした景色が見えるようになるのか、今からとても楽しみだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »