« 冬のバラ・バラ剪定 | トップページ | 1月分/投句&選句結果 »

2016年1月21日 (木)

油絵描き三昧

暖冬から急変して、厳しい寒さの冬の毎日である。
この寒さの中、極力外出は避けて、暖かい部屋に籠って油絵制作の連日となっている。

今月は、月末から開催の2つの展覧会への出品がある。
一つは、上野の東京都美術館での「日洋会セレクション展」で、すでにF50号の絵の搬入が終わり、入落の発表は明日となっている。

もう一つは、市の緑区役所に展示する絵画仲間の「東緑美術展」で、F15号の絵(下記)を描き終って搬入を待つばかりとなっている。

         モンマルトル界隈   油彩 (F15号)
196_f15_3


上記2枚の絵は、今月に入って仕上げたものである。
このほかに、5月開催の、日洋展、埼玉県展の絵も同時に描き始めた。
日洋展はF100号、埼玉県展はF50号で、大作のため少し時間がかかる。

秋には「市展」と「東浦和美術展」もあって、今年は合計六つの展覧会へ応募/出品となる。

当初は市展だけの応募だったが徐々に増えてしまい、しかも50~100号の大作ばかりとなって、少ししんどくなってきた。

そしてたまには10号程度の描きたくなって、今月は暮れに取材した「鷲神社」の絵を仕上げた。

|

« 冬のバラ・バラ剪定 | トップページ | 1月分/投句&選句結果 »

コメント

モンマルトルって素敵な街ですね。どこを描いても絵になるというか。。。憧れの街です。

投稿: おっちょこさん | 2016年1月24日 (日) 00時36分

ステキな絵ですね~。
見ていてウットリさせられます。
こんな街をゆるゆると歩いたら素敵でしょうね。

今年は沢山の作品を出品なさるのですね。
こうやってブログで見ていると分かりませんでしたが、実際にスロー人さんのお宅にお邪魔させていただいた時に、絵の大きさに驚きました。
大作を仕上げるのがどれだけ大変か・・・頑張ってください!
今年も沢山の入選報告を期待しております!

投稿: ひめひめ | 2016年1月24日 (日) 08時03分

おっちょこさん へ **********

モンマルトルはパリの高台にあって、サクレクール寺院が
どこからも見える観光地でもあります。
昔から画家が多く住んでいて、絵描きにはたまらない
景色の良いところです。
私が訪れたころは自身でまだ絵を描いていませんでしたが
画家が絵を路上で売っていて、こんな絵がかけたら良いナ
と思ったのを思い出しました。
再度行くチャンスはないかも知れません。

投稿: スロー人 | 2016年1月24日 (日) 22時07分

ひめひめさんへ **********

もう50年近くの以前、モンマルトルを訪れたとき、こんな
景色のところを一人ぶらぶらと歩いたのを思い出します。

今年は出品する展覧会が一つ増えて、制作が正直しんどい
と感じています。
大きい絵ばかりなので、小品を描く機会が少なくなり
ちょっと残念な気がしています。

<ひめひめさんのブログへのコメント書き込みが
ヤフーのIDが必要になって難しく、コメントを残せずに
申し訳ありません>

投稿: スロー人 | 2016年1月24日 (日) 22時19分

素晴らしい!!

モンマルトル・・・独身時代に行ったことがあります。
今はパリは怖くて行こうとも思いませんが・・

でも、すごく絵になる街並みですよね。
我が家にもユトリロの絵(もちろん偽物)が飾ってあったのでこの風景にはすごく懐かしさを感じます。

これだけの大作、そしていくつもの作品の予定があるようで、どうか無理のないようにしてくださいね。
趣味が義務になると、ちょっと辛くなる・・私も身に染みて感じていますので・・・

投稿: ジュリア | 2016年1月26日 (火) 09時04分

ジュリアさんへ **********

そうですね。私も今、海外に行く勇気はありません。
日本は本当に安全な国だと思います。

パリはどこも絵になる風景が多いですが、特にモンマルトル
は絵描きが集まるだけあってそんな景色が多いようです。

出展する展覧会が多くなってきて、ちょっと苦痛を感じる
ようになりました。
確かに趣味が義務になるようだったら考えなければ
ならないと思っています。

投稿: スロー人 | 2016年1月26日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/63100105

この記事へのトラックバック一覧です: 油絵描き三昧:

« 冬のバラ・バラ剪定 | トップページ | 1月分/投句&選句結果 »