« 咲き始めた”つるバラ” | トップページ | 満開のつるバラ »

2016年5月 8日 (日)

活着した夏野菜の苗たち

ゴールデンウイーク中に、ナス、キューり、トマト・・など、夏野菜の苗を畑に定植した。
そして、約一週間後の今日は、すべての苗は活着して元気に育っていた。
キューり苗は、12本を植え付けた。

                キューり
Photo_7
ナス苗は「千両」を7本を植えた。
 
               ナ ス
Photo_9

トマトは、大玉、中玉、小玉夫々4本ずつ、合計12本を植えた。

               ト マ ト
Photo_10

ズッキーニは、半月ほど前の5月20日ごろ、自分で種から育てた苗を定植したが、大きく育っていて、今日はすでに花が咲いていて、花の先端には人差し指ほどのズッキーニの実が付いていた。  一週間後には収穫が始まりそうな気配である。
 
               ズッキーニ
Photo_11

一昨日は、かぼちゃ」の苗も定植して、これで夏野菜の苗の定植と、種まきをすべて終了した。 
これからの畑仕事は、追肥や土寄せを繰り返して、苗をどんどん大きく育てる。
これらの夏野菜を収穫するのが楽しみだ。

|

« 咲き始めた”つるバラ” | トップページ | 満開のつるバラ »

コメント

沢山のお野菜を植え付けられましたね。
ズッキーニとオクラ・トマトは我が家も種から育てましたが畑に下ろすと弱ったものもあったりで
こんなに大きく育ってなくてコツを教えて頂きたいです^^;v
寒冷紗をされているんですね。
虫除けですか?
こちらは雨が多くてなかなか畑に行けません。
成長が楽しみで気になっているところです。
(バラのコメントは私です。ついエンターを押してしまいました。大変失礼致しましたm(__)mごめんなさい)

投稿: おっちょこさん | 2016年5月10日 (火) 15時42分

おっちょこさん へ **********

夏野菜の植え付けと種まきをすべて終了しました。
おっちょこさんも沢山の夏野菜苗を定植されたようですね。
強い苗を育てて定植し、しっかり活着させるのが、良い
野菜を育てるコツだと思います。

寒冷紗は防虫のためでもありますが、第一に強風の続く
この時期に、植えた苗が風に振られて折れたり倒れたり
弱くなるのを予防するためです。
私の経験上、支柱に結わえてトンネルの中なら強風が
吹いても苗は耐えられます。

自分で育てる苗は多めに種を蒔くので、どうしても
余ってしまいます。 
今年もそれらの苗は知人にもらってもらいましたが
かぼちゃの苗だけは10本以上もらってもらえませんでした。
かぼちゃを育てるのは広い面積が必要なので人気がないようです。

(お名前なしのコメント、おちょこさんでしたか。
私も時々同じようなミスをすることがあります。
気にしないでください)

投稿: スロー人 | 2016年5月10日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/63600892

この記事へのトラックバック一覧です: 活着した夏野菜の苗たち:

« 咲き始めた”つるバラ” | トップページ | 満開のつるバラ »