« 名残を惜しんで切りバラに | トップページ | 空き缶で満艦飾の畑 »

2016年6月 2日 (木)

2016 埼玉県展

埼玉県展が、5月31日(火)~6月22日(水)の期間、埼玉県立近代美術館での開催されている。
 
Photo
 
私は今年、洋画部門と工芸部門に応募していたが、両部門とも入選となった。
工芸部門は2度落選していて今年初入選となり、とてもうれしい。

洋画はF50号キャンバスに、春まだ浅い市内の見沼田んぼの景色を、油彩で描いたものだ。

                       見沼浅春    F50号
Photo_3
工芸部門は陶芸の作品で、10cmφ x 10cmHの小さな香炉で応募した。  陶芸は「さいたま市展」では連続入選しているが、県展では初入選である。
 
           Kohro   (陶芸)
Kohro

本来ならタイトルは香炉だが、モダンな形・色・模様の香炉を目指したので、洒落て「Kohro」とした。
信楽(白)土で挽いた後、縦線模様を黒化粧土で線象嵌の模様を施した。 釉薬は、本体部は「あめ釉」を薄く吹き付けた。また、火屋(蓋)は「黒マット釉」をドブ付けで施釉した。
 
焼き上がってよく眺めてみると、このままでは下部に何か物足りなさを感じた。どうしたものかと悩んでいたら妻が、香炉台に乗せたら・・とアドバイスをくれた。
それだ!と思い、香炉台を追加制作した。台が焼き上がって乗せる載せてみたら、しっくりした香炉のセットになった。
 

|

« 名残を惜しんで切りバラに | トップページ | 空き缶で満艦飾の畑 »

コメント

県展ダブル入選おめでとうございます。
Kohro 西洋的でステキですね🎵たての線がより引き立てているみたいです。持ち手も陶器ですか?
油絵、スロー人さんのカラーがいいですね(^^)✌自然界が春を楽しみに待っているみたいですね。

投稿: おっちょこ | 2016年6月 5日 (日) 01時56分

おっちょこ さんへ **********

有難うございます。
香炉は和式に限らず西洋でも楽しめたらと思いモダンを
目指して形・色・模様を考えて制作しました。
タイトルもKohroとしたものです。
全て陶芸での制作です。
火屋(蓋)と本体のツートンカラーと、火屋と同色の
埋め込んだ縦線が工夫のポイントです。

油絵の景色は、近所を車で通過していて、奥まったこの
景色を以前から気になっていました。
初めて行ってみて絵になる景色だったので一気にスケッチ
して何度も通ってこの絵を仕上げました。

投稿: スロー人 | 2016年6月 5日 (日) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/63720467

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 埼玉県展:

« 名残を惜しんで切りバラに | トップページ | 空き缶で満艦飾の畑 »