« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月27日 (月)

絵画展シーズン

3~6月はいろいろな絵画展が開催され、さながら”春の絵画展シーズン”のようだ。
 
友人知人から頂いたこれら展覧会の招待状が7~8枚あって、ほとんどは国立新美術館での開催のため、ほぼ10日おきに六本木まで足を運ぶことになる。
 
今週からは「白日会展」、4月には「創元展」、「示現展」と続き「二科展」、「光風会展」がある。 5~6月になると私も出品する「日洋展」があり、ほぼ同時期に私も応募する予定の「埼玉県展」が開催される。
 
これらの展覧会の開催予定を、カレンダーに書き込んだら、カレンダーが3か月間ほぼ真っ黒に埋められた。
 
今日は、これらの展覧会シーズンの最初の「白日会展」に行ってきた。
 
Photo
どの作品も素晴らしく、とても参考になった。 その中で気に入った一点はこの作品である。
 
Photo_2
 
私自身が応募する2つの展覧会の絵はほぼ完成いしているが、日洋展の絵は、4月にある会の研究会に持ち込んで、予め先生方の目で見てもらうことになっている。
 
応募/搬入までは1か月ほどあるので、最終的に見直して完成させようと思っている。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

妻の入院・退院

妻は10日ほど前に急遽入院となり、一週間ほど入院してやっと3日前に退院した。
 
妻は10日ほど前に、夜中に急に腹痛を訴えとても辛そうだった。 腹痛とともに下血を何度も繰り返した。 救急車も考えたが何とか朝まで我慢し、朝一番で市立病院に行き救急外来で受診した。 受診を待つ間にも腹痛と下血は続いた。
 
造影剤によるCT検査の結果、病気は”虚血性腸炎”と診断され、即刻入院となった。
入院して治療とはいっても、第一に安静にしていることと投薬だけだったようだが、お陰で徐々に体調は回復していった。
 
妻が入院した日から、私は大忙しの毎日となった。
 
妻の要求で、下着やら要求の品を病院に届けたり、病院から持ち帰った洗濯物を洗濯したり・・・。 日頃妻の担当になっていた掃除、洗濯、食事の用意などの家事一般の他、愛犬フランの朝晩の散歩や餌やりなど慣れない毎日となった。
 
そんな家事以外に、予定されていた会議や行事への出席などもあり、忙しい日々となった。
 
そして3日前にやっと妻は退院した。 退院したがまだ100%の回復ではなく、家事は妻と私で分担しながらの日々となっている。 
妻の体調が戻ってからも、家事は妻だけに任せることはせず、私もその一部を分担することにしようと思う。
 
年齢を重ねると、思わぬ病気になることもあり、これは仕方ないことだと思う。 気を引き締めて体調の管理に努めようと思う。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

絵描き仲間

市内東部地区で40年以上続いている絵画クラブに所属している。

このクラブには100名ほどの会員がいて、日展に入選している方、市展・県展の審査員の方などの他、いろいろな中央画壇の各会派の方から初心者まで、多岐にわたる会員で構成されている。

このクラブの8名の仲間で、公民館の美術工芸室で毎週午後、定例的にモデルさんを呼んで着衣の人物画を描いている。 今日も公民館で絵を描いた。

Img_1100_2

今描いている絵は、椅子に座ったポーズの絵で、今月いっぱいで描き終り、来月からは違ったモデルさんで新しいポーズの絵を描くことになっている。

私にとって人物画は苦手な分野だが、人物画は正確な観察力によるデッサンが重要で、とても勉強になるので、しばらくは人物画を続けようと思っている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »