« 2017年8月 | トップページ

2017年9月15日 (金)

大根の種蒔きなど

朝晩はすっかり秋らしくなって、涼しくて過ごし易くなった。 とは言え、昼間の畑仕事ではまだまだ暑くて、汗でグッショリとなる。
 
今日は、妻に手伝ってもらって、予め作っておいた4畝に、大根の種を蒔いた。 2畝は「青首大根」、2畝は「沢庵用大根」で、夫々80本、合計160本の収穫を目指す。
種を蒔いた後は、寒冷紗のトンネルを施してバッタなどからの食害対策を行った。
 
Photo
 
大根の種まき以外に、ブロッコリとレタスの苗を植え付ける畝を作った。 牛糞堆肥、油粕、化成肥料、鶏糞など、元肥を施した。 また、マルチ掛けして、いつでも苗が植え付けられる準備ができた。
 
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
近頃めっきり体力の衰えを感じている。 特に畑仕事に関しては、ひしひしとそれを感じる。
先日は、白菜とキャベツの苗を植え付ける畝、合計7畝をを作ったが、腰が痛くなって一畝作る毎に一休みと水分補給を繰り返した。

しかも、半分ほど作ってへとへとになり、鍬など持ったこともない妻が見かねて交代して手伝ってくれた。
自分の体力の衰えに驚くとともに、妻の強さに驚いた。
そして思ったのは、「70歳を超えると、体力は男女逆転するようだ・・」ということである。
 
今後は益々妻には頭が上がらないことになりそうだ。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

陶芸・変形小鉢

陶芸作品、変形小鉢が焼き上がった。
 
この作品は、鉄呉須と白化粧土を混ぜて下地として塗り、上絵付けするという、初めての手法でもあり、かなりややこしい工程でできた作品である。 形は、電動ロクロで挽いた後、上部淵の周4ヵ所を押し/引して、変形の小鉢にした。
 
1
 
2
 
3
 
 大きさ : 15cmφ x 7cmH
 粘土  : 上信楽 白
 成形  : 電動ロクロで成型後、上部淵周4ヵ所を変形に
 絵付け : ①鉄呉須と白化粧土をよく混ぜて、下地として
         刷毛で薄く表面に塗り付け
        ②絵の形を線描きし、線を鉄筆で線彫りする。
        ③溝に入るように白化粧土を全体に薄く塗って
         素焼き
        ④素焼き後内側に釉掛けし、本焼き  
        ⑤上絵具で絵に色を付ける
        ⑥上絵焼成する
 釉薬  : 外面・・・焼き締め
        内面・・・白マット釉薬(どぶづけ)
 焼成   : 素焼き→本焼き(酸化焼成)→上絵焼成
 
絵付けの③の工程で、厚めに白化粧土を刷毛塗りした為、表面がひび割れて醜い肌になった所があり、反省点である。
 
今回は試作のつもりで作り、改善する点も分かったので、いつかこの手法できちんとした作品を作ってみようと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

年間野菜収穫量中間集計

菜園で収穫した野菜は、収穫するたびにその収穫量をパソコンのExcel表に打ち込んで記録している。
 
収穫するたびに記録した数は、自動的に月間と、年間収穫量集計表で集計されるようになっている。
植えた苗1本あたりの収穫量も表示され、毎年の植え付け計画の参考にしている。
 
夏野菜の収穫がほぼ終わった8月末現在の年間集計は、下記のようになった。
 
8_2
         <表をクリックすると拡大画面で見られます>

 

これによると、今年初めから収穫した野菜は、33種類である。 現在収穫できるのはナス、ピーマン、ゴーヤなど5種類のみとなり、今は秋冬野菜を育てる準備に入っている。

 
じゃがいもは、育つ時期に天候不順が続き、例年なら1kg/1苗の収穫だが、今年は0.7kg/1苗で、合計63kgの収穫に終わった。
 
良かったのは、例年あまりうまく育たない玉ねぎが、苗全てが育ち150個が収穫できたことだ。 ズッキーニは、14本/1苗の155本の収穫だった。
 
ナスはまだ収穫が続くが、今までの集計では、42個/1苗の333個収穫されている。
 
一昨日は、大根や白菜、キャベツなど、秋冬野菜を植え付ける区画を耕運機で耕した。
今から1ヵ月ほどの間は、これらの野菜を植え付ける準備や植付け作業で忙しくなる。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ