« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月28日 (日)

雪に埋もれた野菜を収穫

大雪が降ってからこの方寒波が続いていて、雪はなかなか解けていない。

毎日家に籠って寒さを避けていたが、今日は畑の様子を見ながら野菜の収穫に出かけた。
思った通り、畑は雪に埋もれていて、長靴も埋まりそうなほど雪は積もっていた。
防寒、防鳥、防虫のために施していたトンネルは雪の重みでぺしゃんこに潰されていた。


Photo
雪をかき分けて、白菜のトンネルに乗っている雪を取り除き、白菜を収穫した。 白菜以外に、ほうれん草や小松菜なども収穫した。


Photo_2
土室に埋めてある大根も収穫しようと思ったが、30cmほど積もった雪をかき分けて土室を掘り返すには、手足が凍てついて我慢できなくなり、叶わなかった。

今週末には再度雪が降るとの予報が出ている。 被害がこれ以上出ないことを祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

大雪と寒波

関東地方は、22日(月)午後から夜半にかけて大雪となった。 また、24日朝、さいたま市は‐8.6℃の大寒波となった。

23日(火)朝起きてカーテンを開けると一面の雪世界に驚いた。

Photo
 居間から眺める公園も雪で埋まっていた。 火曜日は陶芸教室の日だが、とても車で外出できる状態ではなくキャンセルした。 この地に住み始めて40年近く経つが、こんなに雪が降ったのは初めてだ。 通行する方の迷惑を考えて、家の前の道路を妻と二人で除雪したが、雪が重いのと量の多さに苦労した。

Photo_2
 

更に今週は大寒波が襲うとの予報が出ている。 この度、関東地方は20cm以上積雪して交通機関に多くの被害をもたらした。

今週の大寒波は、日本海側の各地に大雪を降らせるとの予報である。

何とかお手柔らかに願いたいものである。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

冬野菜を収穫

本格的な冬の寒さが続いている。

正月明けに引いた風邪はなかなか抜けないが、少し暖かい今日、久しぶりに畑へ行き、野菜を収穫した。

Photo
収穫したのは、白菜4個、キャベツ5個の他、ほうれん草と小松菜。
今年は昨秋の天候のせいか、野菜の生育が悪かった。 白菜は例年6kgほど大きく育つのに、今年は5kgにも満たない。 また、キャベツの結球は完全ではなく、50%ほどしか締まっていないが食すには問題ない。

今年の野菜の高騰は異常である。 不作とは言え、家庭菜園で育てた野菜で賄えるのは有難いことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

正月早々風邪

正月に入って、夫婦で交代で風邪をひいた。

最初はまず妻が元日早々寝込んでしまった。 大晦日~元旦は娘一家と息子一家が、泊まり込みで我が家に集まって新年を迎えた。 妻は暮れから風邪気味だったが、その料理などの準備に大忙しで風邪をこじらせてしまったようだ。
妻は3日ほど寝込んで回復に向かったが、今度は私に風邪が移ったようだ。 最初はたいしたことはないと思っていたが、微熱が続いてダウンし、やはり3日ほどベッドの中で過ごした。

妻は正月の連休中、私は成人の日の連休中に寝込んだので、医者に行くこともできなかったので、市販薬やストックしてある”ゆず茶”などを摂取し、暖かく寝ているほかはなかった。
3~4日の間は風呂にも入れず、これも辛かった。

今日はまだ完治ではないものの、普段の生活に戻ってホッとしている。
今年は夫婦とも「健康第一」を目指していたのに、元旦から風邪をひいてしまい、何やら今年は雲行きが怪しそうな正月になってしまった。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

迎 春

穏やかで静かな正月を迎えた。 朝起きて居間のカーテンを開けたら眩しいほどの初日が飛び込んできた。


Photo

昨夜の大晦日は、娘一家、息子一家に娘婿のお母さんを加え、一家11人が我が家に来て賑やかに新年を迎えた。

 恒例の手巻き寿司のネタは朝3時に起きて4時開店の角上魚市場で人ごみに揉まれながら買ってきた。 式根島の友人からは生きたままの伊勢海老が届いて食卓を賑わせた。ゲームの賞品などは少しづつ買って用意していた。
夕方から始まった宴会は、料理を食べたり、お酒を飲んだりしながら、孫たちがゲームや抽選会など、盛りだくさんの余興で盛り上げてくれた。
そして、除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べて新年を迎えた。

Photo_2

昨年我が家では、私が尿道結石になり苦しんだ他は、一家一同元気に過ごすことができた。今年も継続して一同元気に過ごしたいと思う。

最近、私は体力・知力とも衰えを感じ始めている。
今年は金婚式を迎える我々だが、衰えを感じつつも、健康第一に、歳相応の探求心をもって前向きにゆっくりと歩んでいこうと思っている。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »