« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月17日 (月)

キャベツ苗などを植付け

昨日は曇空で適度な風もあって、真夏に比べれば暑さも和らいで、畑仕事には好都合な天気だった。 それでも畑仕事は汗でグッショリとなった。

昨日は、キャベツとブロッコリーの苗を定植したり、大根の種を蒔く作業だった。 これらの畝は一週間ほど前に元肥を施してすでに作ってあった。

キャベツは45苗、ブロッコリーは10苗を植え付けた。

Photo
ダイコンは、青首大根を2畝に80本分、沢庵用大根も同じく2畝に80本分の種を蒔いた。

Photo_2

キャベツとブロッコリーは同じアブラナ科で虫が付きやすい。 植え付けているときからモンシロチョウが飛び回っていて、植え付け終了後すぐに寒冷紗のトンネルをして、防虫の対策をした。

Photo_3

今週中には、白菜苗を植付ける予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

大根、キャベツ用の畝たて

9月になって暑さはだいぶ和らいだとは言え、畑作業には汗だくになる今日だった。

今日は、朝から「ダイコン」と「キャベツ」の畝を作った。
タイコン用4畝、キャベツ用3畝、合計7畝である。

Photo
元肥は畝中央に溝を掘って施す溝施肥推としている。 溝には、牛糞堆肥、化成肥料、油粕を施し、高さ10cmほどの畝をたてた。

Photo_2

最後にマルチをかけて畝を完成させた。 今日は風が結構あって、一人での作業だったので、マルチかけ作業には手こずった。
汗だくになりながら、10分おきに日陰で休み休みの作業だった。
日陰は、畑の片隅に建てたパーゴラに育てているゴーヤの日陰である。 両側面と後面と天井面につるを伸ばしたゴーヤの日陰に椅子をおいて、10分作業して10分休んだ。こんなペースでの仕事は、なかなかはかどらない。

Photo_3

それでも昼過ぎまで、ボトル2本の水を飲みながら、4時間かかって作業を終えた。熱中症を心配した妻からは1時間おきに「大丈夫・・・?」と電話がかかってきた。
ふらふらになって家に帰りつき、シャワーを浴びて飲んだビールは最高に美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

秋冬野菜の作付配置計画

異常な暑さの続いた8月が終わり9月になった。 月が変わったからと言って、すぐに猛暑から解放されるとは思わないが、少しは暑さが和らいでほしいと思う。

9月になり、ぼつぼつ秋冬野菜の準備をしなければと思い、作付け配置を計画した。

H30       (写真をクリックすると拡大画面になります)

白菜、キャベツ、大根などや、玉ねぎ、にんにくの他、小松菜やホウレン草など秋冬野菜は種類も多い。 同じ科の野菜と連作にならないように注意しながら配置を計画した。

一昨日は耕運機で畑を耕した。

今日はポットに、レタスの種を蒔いた。 レタスは気温が20℃くらいにならないと発芽し難いが、とてもそんな気温になるのを待ってはいられない。 気温が下がるのを期待するしかない。

Photo

来週あたりには、白菜などを定植する畝を作る予定である。

先日のゴルフで仲間たちが、昨年のように、我が家で「白菜鍋」を囲むのを楽しみにしていると聞き、立派な白菜を今年も育てなければ・・と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »