« 市展開催中 | トップページ | 玉ねぎを植付け »

2018年10月29日 (月)

干し柿づくり

今年も干し柿をつくるため、柿の皮をむいてベランダに干した。

我が家では毎年干し柿を作っている。 
子供の頃は家の軒下にぶら下げて干し柿をつくり、冬になると夜炬燵で食べるのが楽しみだった。 そんな懐かしさもあって、私は干し柿が好物である。

Photo
干し柿にする渋柿は、昨年から県北の「道の駅」から宅配してもらっている。 今年も大きくて立派な渋柿50個が届いた。

柿は皮をむいてから紐に結わえ付け、熱湯に5秒ほど入れて消毒する。 熱湯消毒することで殺菌してカビを防ぐものである。 その後、軒下にぶら下げて、20日~30日ほど干す。 その間、時々揉んで形を整える。

ある程度柔らかさがあるまで干した後、紐から外して藁の上に寝かせて更に5~10日ほど干す。 藁の効果で干し柿には「柿霜」と言われる白い粉が付く。

今年は良い柿が手に入ったので、美味しい干し柿が出来そうだ。



|

« 市展開催中 | トップページ | 玉ねぎを植付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/67324370

この記事へのトラックバック一覧です: 干し柿づくり:

« 市展開催中 | トップページ | 玉ねぎを植付け »