« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

櫻田久美展へ

絵仲間7名で「櫻田久美展」を鑑賞した。 会場は流山市の閑静な森の中にある「森の美術館」である。

Photo
櫻田久美先生は、日展評議員や日洋会理事を務めておられる画壇の重鎮で、詩情溢れるその作品は優しく穏やかで、お人柄そのものの魅力に満ちている。

Photo_3

以前仲間で先生のお宅に伺い、お父上の櫻田精一先生の沢山の絵やアトリエを見せて頂いたことがあった。 その際親しく先生のお人柄に接し、作品と共にいっぺんで先生のファンになった仲間たちである。

Photo_5

今回は先生が会場に来られる日を選んで訪れ、先生にお会いすることができ、絵に関するうんちく深いお話を伺うことができた。

Photo_2

展示されている先生の絵は、日展や日洋展などで何度か拝見しているが、何度見てもその絵には引き込まれるような感動を覚える。
先生は、「好きな人に「好きです」と言葉で表さずに「好きなんだ」と分からせる・・そんなふうに絵に心を込めて描かなければ・・」とおっしゃっていた。


Photo_4

会場の美術館の雰囲気も良く、コーヒーを頂いて名残り惜しい気持ちで先生と再会を約し、会場を後にした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

東浦和美術展 終了

8日間開催された「東浦和美術展」が終了した。

昨日の最終日には、展覧会終了後、撤収作業と作品の搬出が行われた。作業には約70名の会員の協力があり、無事終了した。

Photo
この展覧会の責任者として、毎日会場に足を運んだ。 開催に当たってお世話になった区役所関係者、公民館関係者、会場の関係者など大勢の方も足を運んでいただき有難かった。 その方々には作品の説明などの案内に当たったが、皆さん喜んでくれた。

Photo_2
一日100名の観覧者数を目標にしていたが、一日約120名、8日間で1,000名近くの方が観に来てくれた。 中にはこれで3回目です・・という方もいて、熱心なファンですという方もいた。

日展や県展、市展で審査員をする先生方5名の方にお願いし、日を分けてギャラリートークも行い、会員の研鑽の一助になる企画も好評だった。

Photo_3
展覧会が終了した翌日の今日は、お世話になった役所や団体や個人の方々などに、無事終了の報告とお礼に廻った。

後日行う反省会で、展覧会の全ての行事が終わる。
準備などで怪我もなく、新企画も好評で、予定以上の観覧者に来ていただき、成功裏に展覧会が終了してホッとしている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

東浦和美術展開催

美術クラブ主催の「東浦和美術展」が今日から開催となった。

この美術展は、私が所属する東浦和美術クラブが主催し、市文化振興事業団と地域公民館が共催し、さいたま市緑区の後援を頂いて開催するもので、今年で44回目の歴史ある美術展である。

44jpg_2

私は、この美術展の実行委員長を仰せつかり半年前からクラブ会員の総力をあげて準備を進めてきた。 昨日は、50名ほどの会員で応募作品を受付け、それらの作品の展示作業などの一日中の作業だった。 応募作品は、日本画、洋画、彫刻、工芸など約100点だった。

Photo

展示作業終了後は、準備の慰労と展覧会の成功を祈ってオープニングパーティーが開催された。 和気あいあいの楽しいパーティーだった。

会場のプラザイースト1階ロビーには、選ばれた会員の絵を展示した。

Photo_2

また今年は、新企画として最近愛好者が増えている水彩画を展示するコーナーも設けた。

Photo_3


開催第一日目の今日は、午前中だけでも100名をこえる方々が訪れて鑑賞された。
新聞や区報、公民館報や地域掲示板掲載など多くの広報活動が生かされたものだと思う。

大勢の方に訪れて頂き、展覧会の成功を願うばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

今日の畑・今日の収穫

11月中旬になろうとしているのに、暖かい日々が続くこの頃である。

暖かさを反映しているのか、畑の葉物野菜の成長が例年より早いように感じる。 ほうれん草や小松菜など、1週間前と比べると驚くほど伸びて大きくなっている。 このままでは大きくなりすぎてしまいそうで、今日は抱えきれないほどの沢山の野菜を収穫した。
ご近所や友人たちに配ろうと思う。

             今日の収穫
Photo

今日の収穫は、里芋(4kg)、小松菜(4kg)、ほうれん草(1kg)や春菊など大量の野菜である。

大根も見違えるほど太って来て、収穫時期も例年よりも早まりそうだ。

             青首大根
Photo_2

ブロッコリーも大きくなってきて、よく見ると小さいながら花蕾も見られる。 このまま成長すれば年末には食卓に載るだろう。

             ブロッコリー
Photo_3

今日の畑では、防虫/防鳥のためにトンネル掛けしてある白菜とキャベツや、伸びすぎを心配するほど成長した葉物野菜の他、収穫し始めた里芋、大根など順調に育っている。

             今日の畑 全景
Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

玉ねぎを植付け

種屋さんに予約しておいた「玉ねぎ苗」が用意できたとの連絡があった。 今年は白玉ねぎ200本を注文してあった。

苗を入手して三日ほど時間がとれず植え付けられなかったが、一昨日やっと植え付けた。

Photo
植え付けるベッドは、牛糞堆肥、油粕、鶏糞の有機肥料の他、過リン酸石灰、化成肥料と沢山の元肥を入れて耕し、穴あきマルチをかけていつ苗が届いても良いように3週間ほど前から用意してあった。 

玉ねぎは沢山の肥料を好む。  以前はなかなか大きな玉ねぎを育てられなかったが、元肥をたっぷり施したほか、追肥も欠かさないように育てたところ、大きな玉ねぎを育てることができるようになった。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

今の畑は、白菜、キャベツ、ブロッコリ―などが、防虫トンネルの中でスクスクと育っている。
白菜やキャベツは結球が始まっていて、あと1ヵ月もすれば収穫が出来そうだ。


Photo_2

大根は、青首大根と沢庵大根を育てているが、葉っぱも大きくなってきた。 根元を見ると大根も3~4cmほどに育っている。

Photo_4

葉物野菜は、ほうれん草、小松菜、べか菜や春菊も大きくなった。 小松菜はすでに食べられる大きさになっていて、収穫して帰った。

玉ねぎの植え付けが終わり、これで畑の全てが埋まり、あとは野菜が育つのを見守りながら収穫して食卓に載るのが楽しみである。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »