« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月23日 (土)

ジャガイモの植え付け準備

やっと春らしい暖かな陽気になった。 こんな暖かい日は、家で絵など描いてはいられない。 畑へ行って、ジャガイモの植え付けの準備をした。

植え付ける区画の前作野菜のキャベツとブロッコリーをすべて引き抜いて整地し、ミニ耕運機で耕した。


Photo

ついでに、大根などを引き抜いたままになっていた区画のマルチを剥がして整地した。 また、まだ残っている白菜4畝のうち1畝分だけを残して、他の白菜はすべて引き抜いてからトンネルを外したり、マルチを剥がして整地した。

畑はすっきりして、春野菜の植え付けを待つ体制に入った。

ジャガイモ植え付け準備はできたので、種ジャガイモを購入し、芽出しのためにベランダに置いて天日にさらし始めた。

Photo_2

3月になったら、キタアカリと洞爺の2種類のジャガイモを、4畝に約90株を植え付ける予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

春/夏野菜の作付計画

立春とはいえ、まだまだ寒くて、畑にはたまに貯蔵野菜を取りに出かけるだけである。

しかし春/夏野菜のための畑の準備時期は迫っていて、今日は作付けの配置計画をした。  

    春/夏野菜作付け配置 (画面をクリックすると拡大画面で見られます)
H31_2
   

野菜は同じ科の野菜を同じ場所で育てるとうまく育たない。 その連作障害を避けるため、3~4年間隔で作付け場所をずらして育てる。
そのため私は畑を5つの区かくに分けて、連作しないように作付け配置するようにしている。

そんなことを考慮しながら今年の作付け配置を計画した。
今年の活動時期の参考のために、昨年種蒔きや植え付けをした日も記入した。

春一番の植え付け野菜は”ジャガイモ”で、3月中旬の植え付けである。 そのためにはジャガイモ植え付け区画は今月末までには耕して植え付けの準備しなければならない。

寒いからと、家の中に籠ってばかりいるわけにはいかなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »