« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

桜のトンネル

この週末、桜は満開となった。

我が家に近くには桜並木があって、住宅地域の中のこの道路は「桜のトンネル」になっている。 この桜のトンネルは市報などにも載って、ちょっとした桜の名所になっている。

Photo_223

今日もこの桜のトンネルには、カメラを構えた見物の人や家族が大勢みられた。 

また我が家の近くの見沼用水路沿いの両岸には桜が植えてあり、この時期には見事な桜が何キロも続いて咲いて、たくさんの見物者で賑わう。 明日はこの見沼用水路沿いの桜並木を楽しみながら散策してみようと思う。

 

 

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

ジャガイモを植え付け

ジャガイモを植え付けた。

先ず、10cm深さの4本の溝を作り、30㎝ピッチに種芋を置いた。 種芋は縦に半分に切って、切面には灰を付けて腐敗防止対策をした。

Photo
 

種芋間には、元肥として牛糞堆肥、油粕、化成肥料を置いた。

Photo_2

今年は「キタアカリ」と「洞爺」を合計90個の植え付けた。
例年の実績では、一個の種芋からは1kgの収穫があるので、今年は90kgの収穫が出来そうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

フキノトウ

畑の近くの農家の知人から、「フキノトウがいっぱい出てきたので、採りに来ないか・・」 と電話をいただいた。

ちょうど妻と、「そろそろフキノトウが出始めたかな」と話していたので、早速篭と包丁を持って”フキノトウ狩り”させてもらいに出かけた。

毎年いただいているフキノトウ畑には、一面にフキノトウが顔を出していた。

Photo
篭に一杯摘んでも、まだまだ採りきれないほどである。

Photo_5
いっぱい採れたので、ご近所や友人に配った。

そして・・・今夜は早速、フキノトウの天ぷらが食卓に載った。

Photo_6
ほろ苦くて春の香りがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

つる首の花瓶

先日陶芸教室の窯出しがあり、初めて制作した「つる首の花瓶」が焼きあがった。

今まで陶芸を続けてきたなかで、つる首の花瓶を制作するのは初めてで、先生の勧めで挽いてみたものである。

Photo

電動ロクロで挽いたが、細くてひょろ長いつる首は、ぴったりと中心を保って粘土を上に向かって挽かないとグニャグニャになってしまう。 また、首部は細いため、内側に手が入らないため、細い”柄こて”を差し入れて挽かなければならない。

意外に難しくて、緊張しながらつる首を挽いた。

  粘土 : 上信楽(白)  0.6kg
  成形 : 電動ろくろ
  サイズ : 9cmφ x 18cmH
  模様 : 呉須でドクダミを筆描き
  釉薬 : 透明釉薬/どぶづけ

模様はどのようにするか迷ったが、庭のドクダミをスケッチしてあったのを思い出し、それを参考にして”呉須”で筆描きした。 焼きあがってみると、呉須の濃淡が思ったほどの効果がなく、多少不満の残った作品となった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »