« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月28日 (日)

咲き始めたバラ

やっとバラが咲き始めた。 記録によると昨年の今日は、スパニッシュ・ビュウティーは満開だったが、、今年は寒い日が続いたためか咲き具合は例年より1週間ほど遅れているようだ。

早生種のナニワイバラは盛りを過ぎて散り始めたが、その代わりに隣のスパニッシュ・ビューティーが咲き始めた。 この2種類のささやかなコラボが見られる。

Photo_234

つるデトロイターもぽつりぽつりと咲き始めている。

Photo_235

木立性のバラの蕾も膨らんできたので、この様子では連休明けの半月後には、一斉に咲くバラが見られそうだ。

 

| | コメント (2)

2019年4月21日 (日)

芽の膨らんだ庭のバラ

初夏のような暖かい日が続いて、庭のバラたちの芽が膨らみ始めた。

例年ならいち早く咲き始める「ナニワイバラ」だがなかなか咲かず、他のバラの芽が膨らみ始めた今日、それでも一番先に咲き始めた。 まだ4~5輪だけだが、1~2日の間には全面的に咲くような気配である。


Photo_232
 

つるバラの「スパニッシュ・ビューティー」には、蕾がいっぱい付いて、今年も我が家のバラの主役となって目立つ存在になってくれそうだ。


Photo_231
 

つるデトロイタも蕾が膨らんで、まさに咲き始めんとする様子である。


Photo_233

5月初めには、我が家の庭は満開のバラで賑やかになるだろう。

 

 

| | コメント (2)

2019年4月14日 (日)

一日中畑仕事

春冷えの日が続いていたが、昨日は春らしい暖かさで風もない好天だった。 こんな日は絶好の畑仕事日和で、妻と一日中畑仕事に精を出した。

先ずは、5月連休前後に種蒔きや苗の受付をする野菜の畝を作った。 インゲン、ささげ、トウモロコシ、里芋、ニンジン、サラダホウレン草など用の畝、11畝である。 元肥(堆肥、油粕、化成肥料など)を施してから鍬で土になじませてから、畝が曲がらないようにと糸を張り、糸に沿って畝を作っていく。 年寄りにはとても重労働で、終わった後は腰が痛くなった。


Photo_226

午前9時半から午後4時半まで、7時間も畑で過ごした。 昼食は近くのコンビニで弁当を買ってきて、日陰で妻と二人で食べた。 快晴の青空を眺めながら、ピクニック気分の実に爽快な畑での昼食だった。

午後は、ネギを移植したり、作ったばかりの畝に小松菜、水菜、ミックスレタスの種をまいた。

Photo_227

5月連休には、ナス、きゅーり、トマトなどの苗を植え付ける予定で、それまでにこの日に作った畝に、たくさんの野菜の種蒔きや苗の植え付ける。 これからは本格的な春となるだろう。 畑仕事は忙しくなりそうだ。

 

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

入学祝い

今日は孫二人の入学を祝おうと一家が集まった。

私たちには4人の孫がいて、今年は娘の次女が中学校に、息子の次女が小学校に入学する。 そのお祝いをしようと、娘一家と息子一家総勢10人が我が家に集まって、一同で彼女たちの入学を祝った。 食卓は妻の手作りの料理が並んだ。

Photo_224

今度入学する二人の孫が誕生してとても喜んだの日のことはよく覚えていて、あれからそんな年月が過ぎたのかと感慨深い。
高2と小4の孫もそれぞれ1学年進級する。 息子の嫁のAちゃんは、「みんなそれぞれおめでとう」と書いた大きなケーキを用意してくれた。


Photo_225

翌日用事のある高1の孫を除く3人の孫は、楽しかった余韻もあって、このまま泊っていく~と、我が家に泊まって明日も我が家で過ごす。 この孫3人は度々我が家に泊まっていくが、こうして泊れるのもせいぜい小学生までで、中学生になると部活などで忙しくなるので、いとこ同士で泊まれるのも最後かもしれない。

私も小学生のころ、従弟の家に泊まって楽しかった思い出は忘れることはなく、今のうちに楽しく過ごしてほしいと思う。
とても良い入学祝の一日だった。

 

 

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »