« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月27日 (木)

吊り玉ねぎを詠む

家庭菜園で今年も”玉ねぎ”を育てた。

先日、畑の”玉ねぎ”を引き抜いた後、自宅テラスの屋根下に架台を組んで、玉ねぎを紐で結んで架台にかけ乾燥させた。

Photo_20190627144801

架け終わり、一仕事終えホッとしてテラスにある椅子に座って汗を拭いて休憩した。涼しい風が気持ちよかった。
その時に浮かんだ一句を今月の句会に投句した。

玉ねぎを吊り土の香の風とおる

会員から投句された100句を超える全ての俳句は集計され、詠者の氏名を伏せて会員に知らされ、選句投票が行われて得点とベスト7が発表される。
6月句会の選句集計が終わり、選句結果で票の入った俳句とその詠者と得票が全会員に発表された。

私の投句した上記の俳句は、ベスト5の得点で、高得点句に選ばれていた。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

所属している俳句会は、ネット俳句会と称し、毎月一回、メールのやり取りで句会を開いている。 私はこの会の事務局を仰せつかっていて、投句集計や選句集計と、会員各位への連絡などを行っている。

ベテランの方々も多く所属していて、とても勉強になる俳句会である。

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

ジャガイモを収穫

芋ほり娘たちが収穫した後、残っていたジャガイモをすべて掘り出して収穫した。

Photo_20190621220901

今年は、洞爺44株、キタアカリ44株を植え付けていた。 標準的な収穫量は1株当たり0.65~0.7kgだそうだが、今年も目標は高めの1kg/1株が目標だった。

今日収穫して今までの収穫も含めて集計してみたら、洞爺・キタアカリとも44kgづつ、合計88kgで、ちょうど目標の1kg/1株の収穫だった。目標が達成できてよかった。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

ジャガイモの他に今日は、なす、キューリ、ピーマン、トマトなどの他、いんげんが大きくなっていたので初収穫した。

Photo_20190621220902

収穫した野菜は早速夕食の食卓に載った。採りたての野菜はやっぱり美味しかった。初収穫したインゲンはボイルしてマヨネーズで、ビールのつまみとなった。

 

| | コメント (2)

2019年6月16日 (日)

芋ほり娘一家と芋ほり

今日は恒例となっている「芋ほり娘一家」と芋ほりを楽しんだ。

Photo_256

会社を退職後、会社時代に一緒に仕事をした女性たちが毎年我が家の「家庭菜園」にやって来て、ジャガイモ堀りをするのが恒例となっている。 私はこの女性たちを「芋ほり娘」と呼んで歓迎している。

最初のころは独身だった彼女たちだったが、その後結婚して旦那も一緒に来るようになり、子供も生まれて子供たちも一緒に一家で来るようになった。元来は5人の娘たちだったが、今日は2家族の芋ほり一家の芋ほりだった。

昨日は大雨だったのに今日は晴天となって、青空のもと汗をかきながら、タープの日陰で休憩しながらの収穫作業だった。

Photo_257

収穫を終えた後は、我が家に戻ってシャワーで汗を流し、ビールを飲みながらお好み焼きとおしゃべりの昼食を楽しんだ。


Photo_258

ジャガイモの他に、今畑で収穫できる水菜、レタス、トマト、なす、キューリ、ズッキーニ、ピーマン、玉ねぎなど、沢山の野菜が収穫できた。

今年も「芋ほり娘一家」と楽しい芋ほりの会だった。

 

| | コメント (4)

2019年6月10日 (月)

高齢者の交通事故多発を考慮して・・

最近、高齢者の運転ミスによる交通事故のニュースが連日伝えられている。 ほぼ毎日運転する私としては、他人事とは言ってはいられない。 運転は下手ではない・・と思っているが、そういう人が危ない・・と言われているとも聞く。

ちょうど今乗っている車の車検時期が近く、今の技術でそんな運転ミスをカバーしてくれる車はないものかと、日ごろお世話になっているディーラーに相談に行った。

そして、運転ミスを最大限カバーしてくれそうな装備を備えた車を注文した。 これが最後の車と思い、思い切って真っ赤な色を選んだ。 

Img_0511-2

後期高齢者なのに新車など...と思ったが、運転は無理...と思ったら免許証を返納することにして、取りあえず運転できる期間中に他人に迷惑をかけられないという思いで、決心した。 赤い色は、やはり後期高齢者で運転もする妻の希望である。 万一に備えてドライブレコーダも付けた。

納車は2か月半後だそうだ。

 

| | コメント (2)

2019年6月 5日 (水)

2019年 日洋展

2019年第33回「日洋展」が開催されている。
東京/六本木にある「国立新美術館において、5月29日~6月10日まで」の開催である。


Photo_253

Photo_255

私はこの日洋展を主催している「日洋会」の会員になっていて、毎年拙い油絵を出品している。
今年は、住んでいる市内ののどかな川辺の風景を、100号のキャンバスに描いて出品した。

加田屋川訪春  (P100号
227201905
<画像をクリックすると拡大画面になります>

いつか車で通った時に、何となく絵になりそうな景色だと気になっていた場所があった。 冬の暖かい日に絵を描く道具を車に積んで、その場所に出かけた。 以前思っていたとおり、絵になりそうなよい景色だった。 

早速イーゼルを立てて10号のキャンバスに描いて帰宅後仕上げたが、これなら100号に描けるモチーフだと思い、日洋展出品のために100号キャンバスに書き直したものである。

今日は当番で日洋展会場の受付を務めた。 招待入場券を送った画友や友人/知人も多く観に行ってくださり、「観てきたよ・・」とメールなどの他、絵のアドバイスや評価も頂く。 嬉しいことである。

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »