« 我が家のお盆 | トップページ | クマに遭遇/尾瀬 »

2019年8月27日 (火)

陶芸作品 急須

陶芸教室に通っていて今、急須制作がマイブームになっている。 今日も急須2つの本焼きが焼きあがった。

急須その1
Photo_20190827175701

     粘土 :上信楽(白)
     成形 :電動ロクロ
     サイズ:本体 11cmΦ x 10.5cmh
     模様 :呉須で和紙染(山葡萄)
     釉薬 :半透明釉(どぶ掛け)

急須その2
Photo_20190827175702

     粘土 :信楽赤(細)
     成形 :電動ロクロ
     サイズ:本体 11cmΦ x 10.5cmh
     模様 :釉かけ前に線を引っ掻いた
     釉薬 :いらぼ釉薬(どぶ掛け)

サイズは同じ白土と赤土の二つの急須で、釉薬も土の色を生かす釉薬をかけてみた。

白土の急須は地色を生かして、呉須で和紙染めの絵にしたが、しっとりした大人しい急須に仕上がった。

赤土の急須は、赤土の荒々しさを生かそうと思い「いらぼ釉薬」を掛けたが、いらぼ釉独特の自然模様もついて、思い通りに仕上がった。

急須はお茶を注ぐ時、切れが悪くてお茶が垂れる急須があるが、注ぎ口の形で垂れることがなくなることも分かった。

急須の制作には、いろいろなテクニックを使う必要があり、それが面白くてなんだか急須制作にのめり込みそうである。

 

|

« 我が家のお盆 | トップページ | クマに遭遇/尾瀬 »

コメント

スロー人さん ご無沙汰しております。
引越し、お盆等でバタバタしていて、まだ完全には片付いていませんが、なんとか毎日暮らしています。
ここのところ、お邪魔できていなかったのですが、今、まとめて記事を読ませていただきました。

赤い新車の乗り心地はいかがですか?素敵ですね!!

さて、実は、つい先日、お友だちの家でお昼を食べながらスロー人さんの話になりました。
私たちの年代は、夫が還暦を迎えて次のステージをどうするか、というのが結構話題になるのですが、スロー人さんは潔く退職されて、その後、趣味の世界で充実した日々を過ごしている、という話を振りました。
私が陶芸の腕もプロ並みなんだよ~!なんて話をしたらこの急須の写真!!
本当にすごいです。
もう趣味の範囲を超えていますよ~~!
あれからずいぶん奥様との作品も増えたのですね。売ってほしい~~!

投稿: ジュリア | 2019年9月 1日 (日) 06時52分

ジュリアさんへ **********

こちらこそご無沙汰しています。
引っ越し後の整理が終わるまでの忙しさも厭いき終わって
落ち着いた生活に戻りつつある様子ブログから拝察して
いました。新居での生活を満足されていることと思います。

新車、昨日やっと納車となり、今日は氷川神社でお祓い
をしてもらってきました。
いい年をして真っ赤な車で気恥ずかしい気もしますが
乗り心地、安全設備、運転のし易さなど最近の車の
技術進歩には驚かされます。

陶芸はプロ並みなどとんでもないことで、常に失敗の
連続です。最近急須に凝っていて、最低限の急須として
守るべき機能をマスターするのに四苦八苦しています。

秋の美術展の責任者になっているため、今はその準備の
会議やら打ち合わせやら資料作りなどで、多忙な日々を
過ごしています。
そのためバラまで手が回らず、みすぼらしい花を見ては
反省しています。

多忙の合間を縫って、明日は妻と尾瀬の初秋を感じに
ハイキングに行くことにしています。

投稿: スロー人 | 2019年9月 1日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のお盆 | トップページ | クマに遭遇/尾瀬 »