« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月28日 (土)

孫の運動会

今日は、息子一家の二人の孫が通う小学校の運動会を参観した。

秋らしい涼しい風が吹く運動会日和の一日、孫たちの応援を楽しんだ。

Photo_20190928212801

小5の孫は背も高く、その体格を生かして足も速く、リレーでは後れを取ったチームのバトンを受け取ってから3人を抜く活躍に応援の声も大きくなった。

Photo_20190928212901

小1の孫もいろいろな競争や演技に参加していた。

Photo_20190928212902

学校のPTA副会長の息子は、仮想競争に駆り出されて走ったが、運動が得意なだけあって、ダントツのトップでテープを切った。

Photo_20190928212903

青空のもと皆で持参のお弁当も頂いて、元気な孫を見て、清々しく楽しい一日だった。

 

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

白菜などを植え付け

白菜、キャベツ、ブロッコリーの苗を植え付けた。 植え付け用の畝は元肥を入れて1週間ほど前に作ってあった。

畑はすっかり秋めいていて、気持ちよい気温と爽やかな風を受けながらの作業だった。

今日植え付けた苗は、白菜40苗、キャベツ40苗、ブロッコリー10苗の合計90苗だった。

白菜&キャベツ(夫々3畝)
Photo_20190919223002  

ブロッコリー(1畝)
Photo_20190919223001

植え付けた後は虫害を避けるために、寒冷紗でトンネル掛けした。
Photo_20190919223101

今日は一日がかりでのんびり作業の予定だったので、おやつや飲み物や弁当などを持参した。 作業と休憩を繰り返しながらの一日作業だった。 

汗を拭きながら椅子に座って一休みしながら空を見上げると、高~い秋の空は深~い青色で、浮かぶ雲はゆっくり動いていた。

涼風を体いっぱい浴びての作業は心地よい程度の筋肉痛もあり、至福のひと時を過ごせた一日だった。

 

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

秋耕

9月になって涼しくなると思っていたが、まだまだ厳しい残暑が続いている。 涼しくなってから畑仕事・・と思っていたけれど、秋冬野菜の種蒔きや苗植え付けの準備の時期が迫ってきて、残暑のもと畑を耕した。

Photo_20190906161401

耕したのは、白菜・キャベツ・ブロッコリーの苗を植え付ける区画と、大根やレタスなどの種を蒔く区画である。
区画内にあった収穫残りの人参をすべて引き抜いて整理した。

Photo_20190906161402

小さな草が生えていたので草取りをした後、苦土石灰を撒いてから耕運機で耕した。 大根を育てる予定の区画は特に深めに耕した。

下準備ができたので、これからは順次畝をたてて秋冬野菜の種蒔き/苗植え付けが始められる。

 

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

クマに遭遇/尾瀬

昨日、尾瀬の散策を楽しんだ。 妻と知人夫婦の4人だった。

Photo_20190903084501

曇り空だったが尾瀬の景色は一望され、至仏山と燧ケ岳もはっきり見えた。
鳩待峠から山の鼻までの1.5時間、山の鼻から牛首までの1時間、往復5時間の散策だったが、広々とした木道の沼原の初秋の景色を楽しんだ。

至仏山
Photo_20190903084502

燧ケ岳
Photo_20190903084503

鳩待峠までの帰路の木道で、クマの親子に遭遇して驚いた。 木道の脇の木の下にいたクマは、さらに木道に近づいて木に登り始めた。 木道から7~8mの近さだった。

木道には10人ほどに登山者が滞って、10分ほどその場に立ち止まってクマが去るのを待ったが一向に立ち去る様子はなく、クマは襲うような様子はみせなかったので、金属製コップなどをたたいて音を出しながら、そろそろとクマの脇の木道を通過した。 その様子を写真にとる勇気はなかった。

クマには驚きながら尾瀬を十分に楽しんだが、一夜明けた今日は、普段の運動不足がたたって、足の筋肉が痛い。

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »