« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

一日中のんびり初秋の畑で

最近は秋の展覧会の準備など、何かと忙しい日々が続いていたが、今日は久しぶりに予定のない空白の一日となった。 妻は友達とお出かけだし、秋空の好天だったので、一人で一日中のんびりと畑で過ごすことにした。 

畑作業をしたり、椅子に座って本を読んだり、空を眺めながらウトウトしたりと、実にゆったりとした時間を過ごした。
昼食は近くのコンビニで弁当を買ってきて青空弁当となった。

Photo_20191031223401

畑作業は、芽を出したレタス、ベか菜、ほうれん草、小松菜などを間引いて追肥し、土寄せをした。

Img_0853

白菜やキャベツは大きく育っていて、夫々結球し始めていた。

               白 菜
Photo_20191031223402

              キャベツ
Photo_20191031223403

大根は青首大根と沢庵大根を育てているが、半月もすれば収穫できそうなほどに育っていた。

               青首大根と沢庵大根
Photo_20191031223404

一日中のんびり畑で過ごした、贅沢な一日だった。

 

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

2019 さいたま市展

2019年さいたま市展が開かれている。

私は毎年「洋画」と、「工芸(陶芸)」の両部門に応募している。 今年も両部門に応募し、両部門とも入選した。 ダブル入選は11年連続入選となる。

               洋画部門展示会場
2019

洋画部門は油絵で、2005年から15年連続入選している。 今年は人物画で応募した。

               「窓辺にて」 P50号
2

工芸部門は陶芸で応募していて、2009年から11年連続入選している。 2011年からは「香炉」一筋に応募している。

                「香炉・薫風」
Photo_20191025110201

               工芸部門展示会場
Photo_20191025110601

私の所属している地域の美術クラブの会員の仲間も、日本画・洋画・工芸・彫刻の各部門で大勢入選して展示されていた。

 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

台風一過後の畑

台風19号は、関東地方を中心に大きな被害をもたらした。 被害を受けられた方々には、心からお見舞いを申し上げます。

台風通過中は、家の中で大荒れの風雨を感じながら、無事に通過するのをじっとを待った。 今朝、家の周りをチェックしたが、家の被害はなかった。しかし畑の被害が心配だった。

午前中、畑のチェックに出かけた。我が家と畑の間には、見沼田んぼがあって、真ん中に芝川がある。台風の雨でこの芝川が氾濫して通行止めになっていて、随分遠回りして畑に着いた。

畑の被害は、防虫用の寒冷紗のトンネルの一つが捲れていた程度で、最小限の被害で良かった。台風に備えて、前日に11畝あるトンネルを、風に耐えるようにしっかり補強しておいたのが良かったようだ。

            畑の全景
Photo_20191013144401

トンネルの中の、白菜やキャベツや大根の他、ブロッコリーなどは、風に当たって少し弱々しくなってはいたが、トンネルのおかげで何とか無事のようだった。

          トンネルの中の大根
Photo_20191013144402

          トンネルの中の白菜
Photo_20191013144404

一週間ほど前に種蒔きしてあった小松菜、ほうれん草、レタスも芽を出していて、無事に台風に耐えてくれたようだった。土寄せをして雨で崩れた畝を整えた。

          小松菜とほうれん草
Photo_20191013144403

各地に大きな爪痕を残した台風19号だったが、畑の被害は少なくてホッとした。

 

| | コメント (2)

2019年10月 7日 (月)

畑の雨水貯水

秋らしい気候になってきて、秋冬野菜の植え付けや、種蒔きが始まった。 苗を植え付けたり、種を蒔いた際には、水やりは欠かせない。

我が菜園では、雨水を貯めておき、水やり用として便利に使っている。

畑の隅に建てて、畑道具や肥料などを保管している物置小屋の屋根の雨水を集めて、二つの夫々45リットルの貯水バケツと、ネットで購入した120リットルの貯水タンクに貯水している。 合計210リットルの雨水である。

          貯水の全容
Photo_20191007222701
物置屋根に降った雨は、樋からタンクと貯水バケツに分岐している。

Photo_20191007222702

No1貯水バケツが満杯になると、溢れる水をNo2のバケツに注がれるようにしてある。 二つのバケツだけで、合計90リットルの貯水ができる。

120リットルのタンクは、貯水量が外からわかるゲージが付いていなかったので、市販の蛇口と透明ビニールホースをつけて、いつでもタンク内の水量が分かるようにした。

Photo_20191007222703

時々降る雨だけで、十分に野菜に水やりができるようになり、この貯水システムはとても便利に利用している。

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »