« 孫の運動会 | トップページ | 台風一過後の畑 »

2019年10月 7日 (月)

畑の雨水貯水

秋らしい気候になってきて、秋冬野菜の植え付けや、種蒔きが始まった。 苗を植え付けたり、種を蒔いた際には、水やりは欠かせない。

我が菜園では、雨水を貯めておき、水やり用として便利に使っている。

畑の隅に建てて、畑道具や肥料などを保管している物置小屋の屋根の雨水を集めて、二つの夫々45リットルの貯水バケツと、ネットで購入した120リットルの貯水タンクに貯水している。 合計210リットルの雨水である。

          貯水の全容
Photo_20191007222701
物置屋根に降った雨は、樋からタンクと貯水バケツに分岐している。

Photo_20191007222702

No1貯水バケツが満杯になると、溢れる水をNo2のバケツに注がれるようにしてある。 二つのバケツだけで、合計90リットルの貯水ができる。

120リットルのタンクは、貯水量が外からわかるゲージが付いていなかったので、市販の蛇口と透明ビニールホースをつけて、いつでもタンク内の水量が分かるようにした。

Photo_20191007222703

時々降る雨だけで、十分に野菜に水やりができるようになり、この貯水システムはとても便利に利用している。

 

|

« 孫の運動会 | トップページ | 台風一過後の畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孫の運動会 | トップページ | 台風一過後の畑 »