« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月23日 (月)

家族そろって・・Merry X'mas

少し早めだが、一同が参加できる日曜日、娘一家と息子一家が我が家に集まって、クリスマスの会となった。

Xmas_20191223210702

娘一家は娘夫婦と高3と中1の孫娘の4人、息子一家は息子夫婦と小5と小1の孫娘の4人、それに娘婿の母親と私たち夫婦で総勢11人が集まってのクリスマス会だった。 妻の手料理や持ち寄ったチキンやケーキや果物などでお腹はいっぱいとなった。

Xmas_20191223210701

おなかを満たした後は、ビンゴゲームで、持ち寄ったプレゼント賞品の争奪戦で盛り上がった。

この日と同じメンバーで、数日後の大晦日も我が家で恒例の年越しパーティーを開く予定で、11人で新年を迎える。 一家一同元気に、新年を迎えようと思う。

 

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

師走・・松の剪定

師走になると松の剪定をするのが何となく我が家の恒例になっている。

暖かい日が続いたので、2日かけて松の剪定と、垣根になっているレッドロビンの刈込剪定を行った。

             松の剪定Photo_20191215224901

         垣根のレッドロビン刈込剪定Photo_20191215224902

松の剪定は梯子を使っての高所作業なので、道を通りかかる知人からは「気を付けてくださいよ」と声をかけていただく。 5~6年前に歳を考えて3年ほど植木屋さんに剪定を依頼したことがあるが、どうも剪定結果が気に入らなかった。 そこでまた自分で剪定するようになった。

後期高齢者のする作業ではないとは思うが、さらに細心の注意をしてこれから何年続けられるかナ~と思っている。

 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

ボケ防止麻雀

5年ほど前から我が家で、ボケ防止と称して、月一度麻雀を楽しんでいる。 二人の友人と妻と私の4人である。

勝ったり負けたりの和気藹々の麻雀で、途中で妻の用意した夕食とお酒の時間も楽しみの麻雀会である。

今月も楽しんだが、私はツキがなく、配牌(ハイパイ)もツキから見放された回が続いた。 1,9の端牌や字牌ばかりの配牌が続いた。

その時の配牌は、1、9、字牌がすべて異なる10種の10牌だった。 このツキの無さを逆に利用しようと思い、役満の「国士無双」を狙おうと思った。 役満など一生に一度できるかどうかの難しさで、ゴルフのホールインワンよりは難しいのではないかと思う。

何回かのツモで一向聴(イーシャンテン:あと一つでテンパリの状態)となり、場の捨て牌から見ても、「国士無双」のアガリを確信した。

Img_1034

他の3人も私が「国士無双」を狙っていることを察知し、警戒し始めたが、あと一歩の牌はなかなか入ってこない。 そして、最後まで一向聴(イーシャンテン)のままで終わってしまった。

以前にも上がれなかったが四暗刻(スーアンコウ)の役満をテンパッタことはあったが、それ以来の夢のあるドキドキで、役満を一向聴(イーシャンテン)まで狙えただけでも楽しい麻雀だった。

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

大根のすだれ

ちょっと遅れてしまったが、沢庵大根をすべて収穫して干した。
畑から収穫した大根は洗った後、ベランダに架台を組んで、紐に挟むようにしてぶら下げた。

Photo_20191206155601

訪れた人がぶら下げた”大根のすだれ””を見て、「クリスマスの飾りかと思ったら大根でしたね」と言われた。 なるほど、そうも見えるか・・・

ぶら下げた大根は全部で約130本、しなびるまで干した後は大樽で沢庵に漬ける。 息子一家、娘一家や、友人、知人に配る予定である。

子供のころの冬の夜、よく炭火の炬燵でお茶を飲みながら食べた沢庵は美味しかった。 あの子供のころを思い出す沢庵を私は大好きである。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

6年ぶりのクラス会

中学3年のクラス会が、故郷の甲府で開かれて出席した。

このクラス会は3年ごとに開かれていたが、今回は1回分飛び越えての6年ぶりの開催だった。 76歳となる16名の同級生の他に、担任だった先生も健在で93歳でお元気で出席された。

Photo_20191202132702

6年ぶりの再会なのに、2~3日前にあったばかりのように皆さん変わりないのに驚いた。 この歳なって男性は女性から「〇〇君」と君付で呼ばれて、懐かしい中3時代の雰囲気に浸れた。

      ” 濁り酒会話いつしか国訛り ”

料理屋さんでの1次会が終わると、2次会に移動して雰囲気はさらに盛り上がった。 酔うほどにカラオケも始まって、気分はみんな中学3年生に戻っていた。

2_20191202132701

6年前のクラス会で何十年ぶりかで出席したクラスメイトとじっくり話が出来ず残念に思っていたが、今回は翌日に長く話をする機会が持てて、胸の痞えがとれてモヤモヤが消え、すっきりした。 本当に良かった。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

今回は、当時から山歩きが好きだった恩師の先生に、北アルプスの山を油絵に描いて持参しプレゼントした。 先生は絵にした常念岳にも登山したことがあるとおっしゃり、大変に喜んでくれ、帰宅後に、お礼の電話もいただいた。
3年後にもまた元気でお会いしましょうと約束した。 

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »