« 2020/謹賀新年 | トップページ | 冬の野菜収穫 »

2020年1月 6日 (月)

陶芸作品の”厚さ計測器””

ポカポカとした暖かい日々の穏やかな正月の日々が続いている。 そんなポカポカ陽気のベランダで、兼ねてアイデアを温めていた陶芸用の道具を作った。 作陶工程の削りの際、作品の厚さを計測する道具である。

Photo_20200106112101

粘土をロクロなどで成型後、乾燥してから素焼き前、厚さ調整のために削る工程では、厚さは指先の触診で感覚で決めていたが、計測する機器はないものかと思っていた。 昨年、そんな道具のアイデアを思いつき、厚紙で試作して、計測できるという確信を得ていた。

Epson019

電動糸鋸はネット通販で購入し、薄木板、ビス、スケール、塗料などをホームセンターで購入して、ポカポカとして居眠りをしそうな暖かいテラスで数日かけて作った。

作品の側面厚さと底厚さを測る2種類の道具である。

Photo_20200106112102

計測値確認のスケールもビスで取り付けた。

Epson018

感覚で決めていた陶芸作品の厚さは、この計測具で数値まで確認できて適正な厚さの作品ができるものと思う。 数日後の陶芸教室で実使用するのが楽しみだ。

 

|

« 2020/謹賀新年 | トップページ | 冬の野菜収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020/謹賀新年 | トップページ | 冬の野菜収穫 »