« 里芋を試し掘り | トップページ | 和紙染葡萄文織部香炉 »

2020年10月17日 (土)

絵画勉強会

所属する美術クラブの仲間の中の7名で、週一回人物画を描いている。

公民館の美術室を借りて、そこにモデルさんに来てもらっている。 週1回約3時間、約3か月間で同じポーズの絵を描き上げる。

7名の仲間は、60代から80代までの老人仲間だが、日展に10回以上入選している人や、中央画壇の会員や、県展や市展に無鑑査で出品している人など、腕達者な人ばかりで、毎回お互いの絵を批評しながらなので、とても勉強になる。

Photo_20201016224901

私は展覧会には主として風景画を出品することが多いが、ここでは勉強のために人物画を描く。

風景画では見た景色そのままでなく、実景の家や樹や橋などを削除/追加して実景をアレンジできるが、人物画は手の大きさや、腕の長さが少しでも違うととても違和感ある絵になってしまう。
そのため、しっかり見てデッサンする必要がある。

人物画を描くことは風景画を描くうえでも、とても勉強になっている。

 

|

« 里芋を試し掘り | トップページ | 和紙染葡萄文織部香炉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里芋を試し掘り | トップページ | 和紙染葡萄文織部香炉 »