« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月27日 (金)

沢庵大根の吊干し

沢庵用大根を全て引き抜いて収穫した。

今年の大根は、太さ、長さ共にほぼ均一の良い大根に育った。

Img_2040

引き抜いた沢庵大根は80本で、1本も欠けることなく収穫率は100%だった。

収穫した沢庵大根は自宅に持ち帰り、洗ってから、テラスに干し棚を組んで紐でぶら下げた。 正に大根の”すだれ”の風情である。

Img_2047

2週間ほど干してしなびたら、樽に付け込んで沢庵づくりをする。

冬の寒い間、夜、家族でこたつでテレビを見ながら、沢庵を食べお茶を飲んで歓談した子供の頃を懐かしく思い出す。
そんな子供の頃を思い出しながら懐かしくて沢庵をつくっている。

 

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

白菜などを初収穫

畑の白菜やキャベツが収穫できそうなので、画友を野菜狩りに誘った。 晩秋となった今の畑は、冬物野菜が元気に育っていて収穫期に入った。

今日の畑
Photo_20201121195001

今日の収穫は"大根"、"キャベツ"、"白菜"、"里芋"、"ほうれん草"、"レタス"、"小松菜"、"春菊"など、沢山の野菜を収穫した。 ”白菜”、”春菊”、”キャベツ”は今年の初収穫だった。

今日の収穫野菜
Photo_20201121195002

今日の収穫野菜は、すべて画友のお土産となった。

沢庵大根も十分太く育っているのを確認できたので、来週にはすべて引き抜いて、テラスに吊るして沢庵づくりの準備が始められそうだ。

<写真をクリックすると拡大画面で見られます>

 

 

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

2020年・東浦和美術展

地域の美術クラブ主催の「第46回 東浦和美術展」が、11月15日~22日の8日間、開催中である。

コロナ禍の中、開催が危ぶまれたが、諸々の対策を講じて開催にこぎつけた。14日は、会員全員で作品展示などの開催準備を行い、開催にこぎつけた。

会場の「プラザイースト」のロビーには、展覧会のポスターにもなった私の100号の油絵「加田屋川・春の兆し」が展示された。

Img_2020

会場には、洋画、日本画、彫刻、工芸の作品、約80点が展示されている。

Img_2012

初日の15日は日曜日でもあって、大勢の人が観覧に来てくれた。

Img_2009

コロナ第3波が懸念される中、どのくらいの方が足を運んでくれるか分からないが、マスクをして沢山の方々に見ていただければ嬉しい。

 

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

2020年/日展へ

今年の日展はコロナ禍のなか開催が危ぶまれたが、どうやら開催された。

コロナ感染を恐れて東京にはいかないことにしていたが、日展だけは別である。マスクなど感染に注意しながら出かけた。 地域の美術クラブの会員も、洋画部門、日本画部門、彫刻部門の3名が入選しており、陶芸仲間も1名入選し、計4人の身近な人が入選しているので、それらの作品を見るのも楽しみだった。

Img_1990

洋画では、いろいろ参考になる絵が多かった。風景画では、私と同じ傾向のモチーフの絵の中でこの絵が素晴らしいと思った。

(特選) 冬隣  佐藤洋子
Img_1951

こんな素晴らしい絵が描けたら…と思いながら、立ちすくむ思いだった。

人物画でも常々拝見しているこの方の絵が今年も目を引いた。

(日展会員賞) 窓辺にて 小川満章
Img_1953

この絵の作者は、私と同じ日洋会の会員で、お目にかかってお話したこともある方である。光と影の表し方が素晴らしいと思った。

洋画、工芸、日本画と夢中で見て回り、10時開場と同時に入場し、退場は14時半、お腹がすいて4時間半も過ぎたことに気付き、やっと管内のレストランで昼食にありついた。
夢中だったので気付かなかったが、帰宅後は疲れたのか、ウトウトと椅子で眠ってしまった。

充実した一日だった。

 

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

秋空快晴・ゴルフ

今日は久しぶりの快晴、秋空の下でゴルフを楽しんだ。 1~2ヵ月に一度ゴルフをしている近所のゴルフ仲間とのゴルフだった。

今日は茨城県の「豊里ゴルフクラブ」で、紅葉を楽しみながらのプレーだった。

Gc

このゴルフ仲間は町内会のゴルフ仲間で、もう40年近く続いている、年齢も腕前もほぼ同じゴルフ仲間である。

往復の車内では、40年近く前の腕前の盛んな頃に比べて、最近の飛ばなくなった飛距離や、ダフリやチョロの多い、レベルの低いゴルフを嘆く話題で盛り上がる。それでも80に近いこの歳になってもゴルフが楽しめている、幸せなことである。

今日も帰りの車内では、メンバー軒並みそれぞれのスコア、100前後を嘆きながらの帰路となった。

 

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

玉ねぎを植え付け

玉ねぎ230本を植え付けた。
これで、今秋のすべての種蒔き/植え付けが終了して、畑の空き地がなくなった。

1031

これが今秋の作付け配置である。

秋冬野菜の作付配置(画面をクリックすると拡大画面となります)
R2_20201101145201

今の畑は、白菜とキャベツの結球が進んでいる他、大根も日ごとに太くなってきた。

弱々しくて大丈夫かと思いながら定植した”リーフレタス”もどんどん大きく育っている。

1031_20201101145201

玉ねぎの植付けを最後に、畑のすべての面積が埋まりホッとした。
これからは、追肥と葉野菜の間引きとなり、収穫が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »