« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月27日 (土)

畑の支柱保管立て

畑で使う支柱を保管する枠を作成し、畑の物置の脇に組み立てた。

Photo_20210324211703

8年前に作成した支柱保管立てが、先日の風で倒れてしまったので、頑丈なものを作成したものだ。

寸法図面で計画し、HCで材料を調達して家の庭で作成した。 塗料も塗った。

塗装が乾いたので、今日畑へ持ち込んで組み立てた。 底面にはコンクリート板を敷いた。

Photo_20210324211701

風で倒れないように四隅にコンクリート基礎を埋めて、ボルトで固定した。

Photo_20210324211702

しっかりした頑丈な支柱保管立てが出来て、強風でも耐えられるものと思う。

 

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

美術展が再開

昨年は一斉に中止となっていた国立新美術館でのいろいろな展覧会が、再開され始めた。
今日は、白日会展に行ってきた。久しぶりの上京と国立新美術館だった。

Photo_20210322222501

今日一番見たかった絵は、昨年感動した作者の絵だった。今年も素晴らしい絵を出品されていた。

街道 鈴木文雄
Photo_20210322222502

朝10時の開場に一番乗りで入場し、じっくり見て回ったが、気が付いたら14時を回っていた。4時間も歩き足はくたくたで、お腹もすいていたことにも気付いた。

他の展覧会の招待状も頂いていて、これからはほぼ毎週国立新美術館に通うことになる。 私が出品する日洋展も5月26日から開催することになっている。

とても疲れた一日だったが、沢山の良い絵をみて心地よく疲れた一日だった。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

コロナ自粛で、上京を控えていて久しぶりに電車に乗ったが、電車は通常より乗客の数は少なく、マスクをしていない人は当然一人もいない。緊急事態宣言が解除されて最初の日の今日だが、人々の多くはコロナに対する警戒は解いていないのを見て少し安心した。

 

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

油絵 菅生沼

コロナ禍は長引いて、首都圏の警戒注意報はなかなか解除にならない。 外出もままならず、家に籠ることが多かった2~3月、合計6枚の油絵を描いた。

その内の5枚は、先日取材した「菅生沼」の絵である。

この景色(↓)は取材した中で一番気に入った景色で、少し大きめの15号のキャンバスに描いた。

菅生沼・二月 (F15号)
2412202102f15

この景色(↓)はメリハリの少ない景色で、果たして絵になるかどうか迷ったが、何とか観られる絵になった。

菅生沼・二月 (F8号)
2434202103f8

菅生沼の絵は、10年以上前から何枚も描いてきたが、探せばまだまだ絵になる景色はあると思う。 春になったらまた訪れて描いてみようと思っている。

> 掲載の絵をクリックすると 拡大画面になります <

 

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

パソコンがサクサクに・・

パソコン(PC)の起動・応答が格段に早くなって、気持ちよくPCが使えるようになった。

Photo_20210308212901

使用しているデスクトップとノートの2台のPCの応答速度が遅くなり、特にノートPCは裏カバーが緩んできて、買い替えを考えていた。

知人が修理して応答速度が改善したと聞いてそれではと、私もPC教室の先生にノートPCの修理と応答速度の改善を願いした。 裏カバーはボルト止めとし、応答速度改善は内蔵しているドライブを交換することになった。

現在のほとんどのPCは、記憶媒体(ドライブ)として、ハードデスクドライブ(HDD)が搭載されているが、最近は高速のソリッドステートドライブ(SSD)のものが増えているようである。

HDDは記憶容量は多いが、機械的に高速回転するプラッターなどが衝撃で破損する恐れや、応答速度が遅い欠点がある。
一方SSDは、半導体素子メモリーを使ったドライブで、速度が速く衝撃に強い利点がある。ただHDDに比べて記憶容量は劣り、価格が高いようだ。

そのことは分かっていたが、お手ごろな価格で手持ちのPCのドライブをHDDからSSDに交換できることを知り、交換してもらうことにしたものだ。

ノートPCが使い勝手が良くなりもう一台のデスクトップPCも・・と、続けて2台のPCをSSDに交換した。

起動や応答の遅くなっていたPCがサクサクと使えるようになり、PC生活がストレスもなく快適になった。
PCの速度が遅くなってイライラを感じていたら、新品を購入する前に、ぜひSSDへの交換をお勧めする。

 

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

ジャガイモを植付け

2月末日にジャガイモを植付けた。

例年ジャガイモの植付けは、3月中旬に植え付けていたが、今年は暖かい日が続いているために、早めの植付けとなった。
種芋は自宅の庭で天日にさらして発芽を促していた。

Photo_20210301204601

発芽が進んできたので植え付けた。
今年は、キタアカリを約70個、洞爺を約40個の合計110個を、5畝に植え付けた。 元肥として、化成肥料、完熟牛糞堆肥、油粕を置き肥にして施した。

Photo_20210301204602

種芋と置き肥を配置した後、土寄せして植え付け完了した。 ジャガイモのそうか病を防ぐには水分を避けるのが良いと知り、今年は多少畝を高くしてみた。

Photo_20210301204603

例年植え付け数が収穫量kgとなっているので、今年は110kgの収穫が目標である。 孫たちや、友人や、友人家族が楽しみにしている”ジャガイモ堀り”の期待に応えるためにも元気に育ってほしい。

 

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »