« トマトなど沢山の夏野菜を収穫 | トップページ | 春・夏野菜の今年の収穫量 »

2021年8月 7日 (土)

東京オリンピックを考える

東京オリンピックは終盤となり大いに盛り上がっている。 家にいるときはついついTVで応援となっている。

コロナ禍の中、開催については賛否二分する意見あったが開催が強行された。 果たして開催中、コロナ感染は第5波となり、ワクチン接種が進んでいるにもかかわらず感染者の数は大幅に増え続けている。 IOCに押し切られた形で開催され、菅首相は「オリンピックで感染者が増えたとは考えていない」と発言しているが果してそうだろうか。 きちんと総括する必要がある。

競技では日本選手の活躍は目覚ましい。 日本は歴史的なメダル数を獲得している。 選手の努力と頑張りには敬意を表したい。
ただ、オリンピックがNo1のスポーツ大会という概念が選手の中で薄れているようにも思え、加えて緊急事態宣言中のコロナ禍の日本に行き難いという気持ちが選手の中にあったのではと思う。 参加した野球選手の中に、大リーグの一流選手の顔が見られない。

選手が技量を発揮するために闘志を表すのは良いが、余りにも勝たんかな表現するのは見ていても見にくい。 卓球で大声を出す選手がいるが、スマッシュが決まっての大声ならまだしも、相手のミスで勝った時の大声は見苦しい。 柔道の日本選手のように、勝っても、負けた選手をリスペクトした振る舞いは心を和ませる。

スケートボードの競技を初めて観戦した。 スケボーやスノボーは、アウトローのイメージのある競技だと思っていたが、中高生ほどの若い選手が、国を問わず選手同士励ましあいながら競技を楽しんでいる姿には感動を覚えた。 競技相手が素晴らしい技に成功したら立ち上がって拍手を送り、失敗したら皆で駆け寄ってハグして励ます。それが心底から自然に出る行動だと感じる。
そんな光景に清々しさを覚えて、商業主義が目立つ現在のオリンピックから、将来のオリンピックの進むべき道が見えた気がした。

 

|

« トマトなど沢山の夏野菜を収穫 | トップページ | 春・夏野菜の今年の収穫量 »

コメント

全く同感!

このオリンピックで最も感動した一つに、
表彰式の後、場内をエスコートしていた女性達である。
服装は質素で、ほとんどが中年の女性であった。

追伸)文章上手くなったね!

投稿: | 2021年8月 8日 (日) 16時29分

*****ハンドルネーム未記名の方へ*****

コメントありがとうございます。
コロナ禍の最中の五輪開催に疑問を持っていましたが、開催されると、やはりスポーツの持つ魅力で応援の毎日でした。

政府は無策でも、国民はボランティアのお蔭で競技を楽しめました。
IOCは五輪貴族といわれるように金まみれの商業主義ですが、若い十代の若者はお構いなく自分達の五輪を作り上げています。たくましく思います。

五輪を通じていろいろなことを考えさせられました。

文章が上手くなったとは、、嬉しいですね。
はて?貴方はどなたでしょうか?

投稿: スロー人 | 2021年8月 8日 (日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマトなど沢山の夏野菜を収穫 | トップページ | 春・夏野菜の今年の収穫量 »