« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月28日 (木)

油絵 秩父の秋

秩父の栃本地区の景色が好きで、何度か絵を描きに訪れた。 特に秋の秩父の景色は好きである。

現地で下絵を描いて家で仕上げるが、複数枚現地で描いたときは1~2枚は仕上げて、他は下絵そのままにしていることが多い。 秩父/栃本のそんな中途半端な下絵のままの絵を見つけて仕上げた。

秩父栃本の秋 F10号
Photo_20211028162101

同じ日に現地で描いた他の二枚の絵は仕上がっていたが、これらの絵も修正しようと手を加え始めたら止まらなくなり、結局、元の絵とは別のような二枚の絵に仕上がった。

Photo_20211028162102

ちょうど今頃訪れた時のことを思い出しながら、ワクワクしながら1ヶ月ほどかけて、3枚の10号の絵を描き終えた。

 

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

さいたま市展開催中

「さいたま市展」が二年ぶりに開催されている。
会場の「うらわ美術館」の広さの関係で、一週間づつの三期に分けての開催である。

Photo_20211020143101

私は第二期の「工芸」部門と、第三期の「洋画」部門に応募し、いずれも入選して作品が展示されている。

「洋画」は、画友とスケッチに行って現地で下描きし、家で仕上げた茨城県の菅生沼の油絵である。
アップした画像は、照明の関係で暗い画面になっていて、色合いも多少実物とは異なってしまった)

沼辺三月 (F30号)
Photo_20211020143102

「工芸」は、以前制作した陶芸作品である。

香炉
Photo_20211020143103

二年ぶりの開催なので、会場は賑わっていたが、目録によると応募点数と入選者数は前回に比べて少なかったようだ。 こんなところにもコロナの影があるんだと思う。

 

| | コメント (0)

2021年10月16日 (土)

里芋を試し掘り

残暑の初秋が続いていたが、やっと秋らしい気温の季節になった。 秋の気候になって、畑の野菜たちは元気を取り戻している。

今日は里芋を試し掘りしてみた。 一株を掘ってみたが十分大きくなっていて、3.4kgの収穫だった。

Img_2854

キャベツやブロッコリーも、秋の冷気を受けて元気に育っている。
白菜もずいぶん大きく育っていて、すでに結球し始めたようだ。

Img_2851

一週間前に種を蒔いた「べか菜」が密集して芽を出していたので、間引きして土寄せした。

Img_2853

これから秋が深まってくると、秋冬野菜はますます元気になってくるだろう。  白菜や春菊を収穫しての鍋料理が楽しみだ。

 

| | コメント (2)

2021年10月 6日 (水)

美味タス(レタス)を定植

家のテラスで育苗していた「美味タス(レタス)」40苗を定植した。

植付ける畝は10日ほど前に元肥を入れて耕し、マルチをかけて作ってあった。 何となく頼りない苗だが、元気に育ってほしい。

Photo_20211006205801

15日ほど前に定植した「白菜」は活着して大きく育っている。↓

131

定植したキャベツ、白菜、ブロッコリーなどは全て寒冷紗のトンネルで覆って、防虫対策をしているが、コオロギなどが潜り込んで食害にあった苗もある。

Photo_20211006205802

あとは、ほうれん草、小松菜、春菊、ベか菜などの葉物野菜の種蒔きと、玉ネギ、にんにくの植付けが終われば、秋冬野菜の植付け/種蒔きの作業は完了する。

 

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »