« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月31日 (金)

今年も押し詰まり

いよいよ今年も押し詰まって今年最後の日となった。 新年を迎える準備は完了した。

例年自分で剪定していた松だが、この歳になって三脚に乗っての高所作業は危険と各位からのアドバイス(プレッシャー)があって、今年からはプロの植木屋さんにお願いすることにした。 自分でやると2~3日掛かっていた作業は、クレーン車を使って半日ほどで終わった。 この暮れの恒例作業を近年負担に感じていたので来年からは楽になる。

Photo_20211231140201

一夜飾りを避けて30日には神棚を掃除して注連縄を替えた。

Photo_20211231140202

門扉に門松も取り付けた。

Photo_20211231140203

暮れになってからつるバラを剪定し、友人への野菜の宅配も終えた。 今年最後のネット俳句会の選句結果を会員にメール配信も済んだ。 賀状も投函した。 アトリエの整頓/掃除も済んだ。 これで暮れの私のミッションは全て終え、新年を迎える準備は整った。

今日の大晦日は、例年なら息子一家と娘一家が来て、一同揃って大賑わいで食事やゲームをしたり、年越しそばを食べて賑やかに新年を迎えるが、コロナ禍の中、今年も夫婦二人でひっそりと静かに新年を迎える。

コロナ・コロナの一年だったが、我が家は一同無事に過ごせた一年だった。 来年こそはコロナ禍が終わって、平穏な日常に戻ることを願っている。

 

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

年賀状を書く

年賀状を元旦配達に間に合うぎりぎりの期限内に書き上げた。

賀状は毎年、その年に描いた絵の中から選んで写真を撮って載せ、年賀の挨拶と共にプリントしている。

2022

宛先をプリントした後、送付先の方に合わせた簡単な一筆を手書きで加筆する。

歳と共に年々送付する枚数も減ってきたが、お世話になって何年も会っていない旧知の方にも、今年も元気に過ごせたことを報告する意味で賀状を送っている。

何歳まで賀状づくりができるかどうかわからないが、元気に過ごせている間は、賀状は出そうと思う。

 

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

つるバラの剪定.整枝誘引

つるバラの、今年一年間に伸びた枝や、余計な枝を選定・整枝して誘引した。
つるバラは、つるを整枝する際に新芽を痛めやすいので、新芽がまだ大きくならない12月中に整枝している。

先ず、テラスの前にトレリスを曲げて作ったアーチに誘引した「デトロイター」と「アルテミス」の枝を選定し、整枝誘引して麻ひもで結わえた。

Photo_20211218225701

テラス脇のトレリスに絡ませている「ザマッカートニーローズ」も剪定して整枝した。

Photo_20211218225801

道路面のフェンスに這わせている「スパニッシュ・ビューティー」も剪定・整枝した。

Photo_20211218225802

ばらばらに伸びていたつるバラは、剪定してすっきりした。
1月になったら、木立性のバラも剪定しなければならない。

 

| | コメント (0)

2021年12月12日 (日)

収穫野菜を友人に宅配便で・・

白菜などの冬物野菜を収穫して、山梨、式根島、新潟の三人の友人に宅配便で送付した。

Photo_20211211225701

収穫したのは白菜、キャベツ、大根、里芋、ほうれん草、べか菜、長ネギなどである。
白菜の成長が遅れていて収穫できるかどうか心配していたが、測ってみたら4kgほどに育っていて収穫出来てよかった。

収穫後にきれいに洗ってから箱に詰めた。

Photo_20211211225702

箱に少し余裕があったので、自作の干柿と、長野と群馬から送ってもらったリンゴも同封した。

今日、送った友人達から「届いたよ・・」とお礼の電話があった。 早速調理して美味しく食べてくれたとのことだった。 良かった。

 

| | コメント (0)

2021年12月 9日 (木)

X’masツリー

今年もX'masツリーを飾った。

Xmas_20211206210901

我が家では毎年、2階の居間の出窓にX'masツリーを飾っている。 点滅する電飾は道行く人たちも眺められるので、「今年も楽しませてもらっています・・」と声をかけてくれる人もいる。

毎年クリスマスには娘一家、息子一家がやって来て総勢11人、大騒ぎしながら一緒に夕食をしたり、プレゼントの交換会やゲームをしてクリスマスを過ごしているが、コロナのために一昨年から止めている。

今年こそは・・と思っていたが、オミクロン株に気を使って今年も中止することにした。
来年はコロナには退散してほしいものである。

 

| | コメント (0)

2021年12月 3日 (金)

ゴッホ展に....

上野の東京都美術館で開催されている「ゴッホ展」を観た。

Photo_20211202153101

入場券は頂いた招待券で、さらにネットで入場日時を予約をしていたのでスムースに入場できたが、会場入口は当日売りの入場券の購入者が長蛇の列で並んでいた。 館内も大勢の観覧者だったが、時間単位で入場制限をしているため、混雑することなく観覧できた。

ゴッホの絵を直接観るのは、アムステルダムのゴッホ美術館で「ひまわり」などの絵を観て感激したことがあって以来である。

今回の展覧会は、クレラー・ミュラー美術館所蔵の絵画を展示しているもので、ゴッホを主として、ミレー、ルノワール、スーラーなどの作品も展示されていた。

ゴッホは27歳で画家になることを決めて以来37歳で没するまでの10年間で、これだけ多くの実績を残したことに驚く。 しかも当初の5年間は主として素描の勉強に集中して絵の基礎を築いていた期間であったことを知り、実質は5年間での実績だったことに驚いた。

晩年の傑作「糸杉」(夜のプロヴァンスの田舎道)はゴッホの集大成と思われ、感動して拝観した。

 

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »