« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月30日 (土)

なす、キュウリなどを定植

なす、キュウリ、トマト、ピーマンなど、夏野菜苗の今年最後の植え付けをした。 これで、畑はすべてのスペースが埋まった。

(ブログ掲載の写真をクリックすると拡大画面で見られます)

Img_3306

今の畑は、べか菜が収穫可能な大きさに育った。 発芽率の悪いニンジンだが100%芽を出してくれた。 玉ねぎとニンニクも順調に大きく育っていて収穫が楽しみだ。 ズッキーニも活着してトンネルの中で順調に育っている。 ササゲといんげんも大きくなって、近いうちに寒冷紗のトンネルを外して棚を立てようと思う。

Img_3307

ジャガイモは先日、芽を二本に間引きして追肥/土寄せしたら、急に大きくなったようだ。

Img_3310

今日の仕事で、この夏育てる野菜はすべての植え付け/種まきが終わった。
あとは、つる野菜の棚つくりや、支柱立て、間引きなどをして、収穫を待つばかりである。 収穫が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

筍を頂いた。

Photo_20220425160701

娘婿の実家には大きな竹藪があって、毎年たくさんの筍を頂く。
今年は今回で三回目である。

筍は、竹の旬と書く。 旬とは月の上旬、中旬、下旬と分けると、旬は10日ほどの間である。 筍の旬は10日ほどの期間ということになる。

10日ほどの間に3回も筍を頂いて、「筍ご飯」が大好物の私には実にありがたい。 今夜も好物の夕食になりそうで、短い筍の最後の旬が楽しめそうだ。

 

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

ズッキーニとレタスの苗を定植

自宅のテラスで育苗していた「ズッキーニ」と「レタス」の苗が大きくなったので畑に定植した。
畝は一週間ほど前に元肥を施して作ってあった。

レタスは「美味タス」という半結球レタスで、リーフレタスと結球レタスの両方の触感の、サラダでも炒めてもよい。 30㎝間隔で2条に、60苗を定植した。

Photo_20220420212402

ズッキーニは8苗を定植した。
ズッキーニは、葉が大きく風に弱いので、定植後寒冷紗のトンネルで覆って暴風対策をした。

Photo_20220420212401

今年の苗は徒長せず、しっかりした苗に育ったので、活着してくれるものと思う。

 

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

長ネギの収穫と移植

今日は長ネギをすべて引き抜いて収穫し、移植した。

Img_3247

このネギは分けつして増える葉ネギで、5年ほど前に農家から30本ほどいただいたもので、毎年移植して育てている。  2本を植えると分けつして15~20本に増え、ネギ坊主が出ないので育てやすいネギである。

毎年3月中に移植しているが、今年は移植が少し遅れてしまった。

Img_3251_20220417220501

収穫したネギは、移植した分とは別に500本以上あり、1/3ほどは持ち帰ってご近所に配った。 残りは後で友人や知人に配ったり、自家用に使おうと思い、畑に穴を掘って保管した。

今の畑はニンジン、大根やいんげん、ささげの他、べか菜などの葉もの野菜が芽を出して、少しにぎやかになった。

Img_3253

庭で苗を育てているズッキーニとレタスは今週中に定植し、なす、キュウリ、トマトなどは今月末に苗を植える予定である。

 

| | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

里芋の植え付けとささげ等の種蒔き

今日は、初夏の暑いほどの天気になり、畑に出て「里芋」の植え付けと「ささげ、いんげん」の種を蒔いた。

「里芋」は二本の畝に30個の種イモを植え付けた。

Photo_20220409204401

「ささげ」と「いんげん」の種を蒔いて、鳥害防止のために寒冷紗でトンネル掛けした。

Photo_20220409204402

先月植え付けた「ジャガイモ」が、やっと芽を出し始めた。 今年の芽出しは例年よりも遅くて心配していたが、芽を出してくれて良かった。

Photo_20220409204404

昨年植えた長ネギが立派に育った。 今月中には引き抜いて、植え替えねばならない。

Photo_20220409204403

今日の作業で今月末に植え付ける、なす、きうり、トマト、ズッキーニ、レタスなどのスペースを残すのみになった。

 

| | コメント (0)

2022年4月 4日 (月)

展覧会用の油絵制作

6月初めからの二つの展覧会に応募する油絵がほぼ完成した。
日洋展と埼玉県展である。

両展覧会とも5月中旬が応募搬入期日なので、毎年冬の家に籠る日が多くなるころから制作している。 搬入期日がほぼ同時期なので、2枚のキャンバスを並べて描くことになる。

Img_3231

日洋展用は、秩父/栃本地区の”どうだんつつじ”が紅葉する山村の景色を100号のキャンバスに描いた。 県展用は、何度も描いた加田屋川の冬の終わりの景色で50号のキャンバスである。

日洋展は会員なので審査はパスされるが、県展は会員でも厳しい審査を通過しないと展示される保証はない。

日洋展は6月1日~13日に国立新美術館で開催され、埼玉県展は6月1日~23日に埼玉県立近代美術館で開催される。

 

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »