« ゴルフ打ちっぱなし | トップページ | 8月のネット俳句会選句 »

2022年8月24日 (水)

友逝く

会社に同期入社した友が逝った。

彼とは、私が彼の結婚式の司会をしたり、海外勤務もほぼ同時期に務めたこともあって、特に親しくしていた仲だった。

リタイア後、彼は夫婦で伊豆諸島の式根島に移住し、自由で気儘な生活を楽しんでいた。 別荘代わりにいつでも来い・・と言っていて、夫婦で何度も訪れて、都度数日間温泉や海釣りをしたり、夫婦で麻雀を共に楽しんだ。 彼の家の居間には、私が描いて贈った「式根漁港」の油絵が掛かっている。

彼は脳溢血で倒れたが、島には診療所しかなく、船で都内の病院に入院できたのは翌日だったそうだ。 救急車で入院して救急処置がされていればと思うと、離島生活の難しさを改めて知った思いである。 入院後数ヶ月はほぼ無意識の状態だったが力尽きた。

特に親しかった同い年の友の死は、ショックでいかにも無念で残念でならない。
コロナの関係で入院中の見舞いは叶わず、葬儀も島に帰って極身内だけでとのことで、出席できなかったことが心に残る。

友の死以降、私自身何事にも気力が入らず、特に体力の衰えを感じている昨今である。

 

|

« ゴルフ打ちっぱなし | トップページ | 8月のネット俳句会選句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴルフ打ちっぱなし | トップページ | 8月のネット俳句会選句 »