« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月30日 (木)

大根などの種蒔き

春の長雨(春霖)が続いていたが、長雨がやっと収まって、今日は延び延びになっていた春夏野菜の種蒔きをした。

今日は大根、人参、べか菜の他、いんげんの種も蒔いた。 種蒔き後、保湿のためにもみ殻を撒いた。

Img_4031

里芋も2畝に40個の種を植え付けた。

Img_4030

 

ー・-・-・- 今日の畑 -・-・-・-・-

今日の作業を終えて、大分空き地が少なくなった。 玉ねぎは順調に大きく育っている。

Img_4036

ジャガイモが芽を出し始めた。

Img_4032

これからは、蒔いた種が芽を出して、大きく育っていくのを見るのが楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2023年3月26日 (日)

春の雨

桜は満開だというのに、ここ4~5日春の長雨が降り続いて、家に閉じ籠っている。 暇にまかせて、この雨で一句詠もうかと思い、春の雨の季語を調べてみた。

雨水(うすい) 2月19日頃、雪や氷が溶けた水

穀雨(こくう) 晩春に穀物をうるおす春の雨

春雨(はるさめ) 細かくしとしとと降り続く春の長雨

春時雨(はるしぐれ) 突然断続的に降る春の雨

春霖(しゅんりん) 春に降る長雨

菜種梅雨(なたねづゆ) 菜の花の咲くころの雨

花の雨(はなのあめ) 桜の花が咲くころの雨

春驟雨(はるしゅうう) 春のにわか雨

暖雨(だんう) 春の暖かい雨

木の芽雨(このめあめ) 木の芽が出るころの雨

柳の雨(やなぎのあめ) 柳に降る雨

杏花雨(きょうかう) 杏の花が咲くころの雨

その他にも春の雨の季語はいろいろあって、日本人の繊細な感性の奥深さを感じる。
そして・・・肝心の一句はなかなか捻り出せない。嗚呼・・

 

| | コメント (0)

2023年3月17日 (金)

春夏用野菜の畑の準備

暖かい日が続いて桜の開花宣言もあって、すっかり春らしい季節となった。
畑に残っていた冬野菜をすべて整理し、徐々に春夏野菜を育てる準備を始めた。

取り敢えず、大根やべか菜、いんげんなどの種を蒔くための畝4本を作った。 元肥に牛糞堆肥、油粕、化成肥料などを施した。

Photo_20230317150101

家のテラスでは、一週間ほど前にポットに種を蒔いた「美味タス(レタス)」と「ズッキーニ」が芽を出した。
しばらくの間このまま家で育苗して、適度に大きく育ってから畑に定植する。

Photo_20230317150102

「人参」や「ささげ」や「里芋」などの畝も近々用意しようと思う。

 

| | コメント (0)

2023年3月10日 (金)

スポーツジム通い

最近運動不足を痛感していたが、半月ほど前から「スポーツジム」に通い始めた。

マシーンを使って、ランニングやバイクなどの低酸素運動を中心に、チェストプレスで胸や腕の筋力アップや背筋力、腹筋力強化マシーンなどで運動している。

1_20230310195601

同年代のゴルフ仲間で、往年と変わらずのボールの飛距離を保っているジムに通うゴルフ仲間から、ジムトレーニングを勧められて、運動不足解消のために通い始めたものだ。

2_20230310195701

トレーナーにメニューを組んでもらって指示/チェックを受けながら、週3回、半日みっちり汗を流している。

息子からは「歳だから無理して筋肉を傷めないように・・」と注意されていて、のんびりと楽しみながらトレーニングを習慣づけて続けていこうと思っている。

 

| | コメント (0)

2023年3月 3日 (金)

蕗の薹

沢山のフキノトウを採った。

娘婿の実家から「屋敷畑のフキノトウがいっぱい採れるからどうぞ・・」と電話を頂いた。 この畑でフキノトウを採取するのは例年のことになっている。

Photo_20230302213801

妻と二人で、籠にいっぱい採った。

Photo_20230302213802

フキノトウと一緒に「福寿草」も咲いていた。

Photo_20230302213803

二人では食べきれないほど採りすぎたので、ご近所や友人に配った。

今夜は早速てんぷらにしてビールの肴となり、残りはフキ味噌になった。
ほろ苦いフキノトウは、まさに春の味である。

 

| | コメント (0)

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »