« 何年振りかの風邪 | トップページ | ”ささげ” が豊作 »

2023年7月27日 (木)

恐らく・・コロナに感染

今はほぼ元気になったが、今週初めから喉の痛みと発熱でダウンしていた。「風邪」と診断されていたが、実は「コロナ」だったものと思われる。

先週20日(木)に、地域の美術クラブの役員会があり、その流れで一般会員も合流して20名ほどでスナックでの「暑気払い」があった。大いに飲み、語らい、歌って楽しんだ。
今週になって分かったことだが、その飲み会に出席した数人(約半数)がコロナになった。クラスターが発生したと思われる。

私は22日(土)朝、かなりの喉の痛みがあり直ぐに掛かりつけのクリニックで「抗原検査」を受け「陰性」を確認し、「風邪」と診断されホッとした。その後(抗原検査後)38℃ほどの熱が出て、24日(月)まで3日間ベッドで過ごした。

23日(日)に、大学生の孫が来て夕食を共にした。私は風邪と診断されていたので「マスク」だけで対面し歓談の時間を過ごした。
その後、24日(月)になって妻が喉の痛みの症状が出て、直ぐに自宅で市販の医療用「抗原検査キッド」で検査したがやはり「陰性」だった。

そして・・今週25日(火)に美術クラブの会員から「暑気払い」に出席した数人が「コロナ」になったと連絡があった。
さらに、今日27日(木)に孫がコロナになったと娘から連絡があった。

この経緯から考えられるのは、「私がコロナに感染して、妻と孫に感染させた」のではないかと思われる。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

では、なぜ抗原検査で「陰性」となったのだろうか。
調べて分かったのは抗原検査は、
検査するタイミングが重要だということだった。

抗原検査のタイミングは、発熱、咽頭痛、咳などの発症後から1日後(24時間後)に行う。早すぎるとウイルスの増殖が不十分で「陰性」となる可能性がある。

ということだった。 私も妻も、発症して直ぐに検査したので「陰性」の結果になったものと考えられる。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

コロナに感染したけれど、6回のワクチン接種をしていたお陰で、大事にならずに済んだ。

抗原検査に対する知識不足で、陰性との結果を信じてしまい、妻や孫に感染させてしまったが、外出を控えていたとはいえ他の人に感染させていなければ良いのだが・・・

 

|

« 何年振りかの風邪 | トップページ | ”ささげ” が豊作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何年振りかの風邪 | トップページ | ”ささげ” が豊作 »