2018年6月28日 (木)

ジャガイモを収穫

ジャガイモを全て収穫した。

今年は「男爵」「洞爺」「北あかり」の3種類のジャガイモを育てていた。 何回か友人が来て掘り出したり、自宅用に収穫して、半分ほどがまだ残っていた。
もう畑にそのままにしておくのは限界かと、残りの全てを収穫した。

Photo
ジャガイモは土壌の酸度によってそうか病が出て肌艶が悪くなるが、今年は植え付け前に酸度を測るなど注意して植え付けたので良いジャガイモが収穫できた。

ただ、収穫目標90kgに対して、収穫したのは70kgと、量の点で目標が達成できなかった。 肥料や土寄せなど、手を抜かずに育てたつもりだったが、天候が原因かな・・と思う。 野菜作りは難しい。

今の畑は、インゲンの収穫が真っ盛りである。 収穫期間が短くていっぺんに沢山収穫できるので、夫婦二人ではとても食べきれず、ご近所や友人などにせっせと配って歩いている。

今日の畑は、ささげの紫の花がとても美しく見えた。 すでに実も付け始めていて、収穫が楽しみだ。

Photo_2
茄子、キューり、トマトなどの収穫も出来ていて、毎日収穫に畑に顔を出している。
トウモロコシの収穫も間近に出来そうで、甘いトウモロコシを早く食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

夏野菜の収穫始まる

6月に入ってから、夏野菜の収穫が始まった。 今日も畑に出て収穫をした。

今日は、ジャガイモ、ズッキーニ、ナス、キューり、ピーマンなどを収穫した。


Photo

ズッキーニは今日までにすでに約100本を収穫している。
茄子とキューりも収穫が始まっている。

Photo_3
Photo_2
トマトは、大玉、中玉、ミニと、3種類を育てているが、いずれも青い実を付けているが、まだ収穫には至っていない。


Photo_5
トウモロコシも実を付けはじめ、 先日、一番上の実を残してそれ以外はヤングコーンとして摘み取り、サラダにして食べた。

Photo_8
毎日ではなくとも、2日に一度は収穫しないと、ズッキーニなどは大きくなりすぎるので、これからは頻繁に畑に顔を出すことになる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

玉ねぎとニンニクを収穫

玉ねぎとニンニクを収穫した。
 
玉ねぎとニンニクは、5年ほど前はピンポン玉ほどにしか育たず、何年も失敗続きだったため、育てるのを諦めていた。 このまま引き下がるのは悔しいと、3年前から施肥のやり方を工夫して再挑戦していた。 以来、年毎に工夫をしながら育て、今年はスーパーに並んでいる程度の大きさにまで育った。
 
収穫した玉ねぎは、すぐにテラスの屋根下にぶら下げて干した。
赤玉ねぎは、50本植え付けて50個を収穫した。
 
Photo_4
白玉ねぎは100本を植え付けて98個の収穫だった。

Photo_2
ニンニクは、以前は玉ほどにもならず、ラッキョほどにしか育たなかった。 玉ねぎと同じで今年は立派に育ってくれた。

Photo_3
早速玉ねぎをサラダにして食べたが、シャキシャキして特別に美味しかった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

一日中畑仕事/防鳥ネット囲い

昨日までの湿気の多い天候から一転、今日は五月晴れの好天となった。 早速、妻と二人畑に出て、一日中畑仕事となった。

今日の主目的は、ナス、キューり、トマトの支柱立てと、この区画を鳥害から守るための「ネット囲い」をすることだった。 毎年実が付き始めるころに、油断して鳥に初物を盗られるので、今年は早めに対策した。 支柱を組み合わせてジョイント金具でしっかり骨組みを作り、側面と天井部まですっぽり囲った。
Photo
ついでにズッキーニ区画を防風ネットで囲った。 ズッキーニは葉っぱが大きいため、風に煽られて茎を傷めることが多く、また、ネット囲いは防鳥対策にもなる。
 
Photo_3
また、「インゲン」と「ささげ」の支柱に、ビールの空き缶を付けて、光のキラキラを嫌うアブラムシ対策とした。

Photo_4
レタスと玉ねぎも随分育っていて、そろそろ収穫もできそうだ。

Photo_5
今日は、あれもこれもとやらなければならない畑仕事があって、作業途中で午後も続けて作業しようということになり、コンビニから弁当を買ってきて、畑での昼食となった。 昼食後椅子にもたれて気持ち良くウトウトしたり、通り過ぎる薫風を浴びながら、のんびりと楽しい畑仕事だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

夏秋野菜の種蒔き・苗植付完了

ゴールデンウイークの始まる前日の4月27日、ナス、キューり、トマト苗を定植した。
これで予定していた夏秋野菜の種蒔き・定植が全て終わり、畑のすべての空きスペースが埋まった。

歳とともに手入れなどもしんどくなってきたので、今年は昨年までの植え付け数の半分の、ナス、キューり、トマト夫々8本ずつの苗を定植した。

Photo_2
今年は暖かい日が多く、定植や種蒔きの終わった野菜たちはしっかり育ち始めている。
ズッキーニは、葉数も増えて、早いものは実のつく花も咲き始めた。

Photo_6
インゲンも大きくなってきて、来週には支柱をたてようと思う。

Photo_4

ジャガイモは先週追肥土寄せしたばかりなのに、随分伸びたので、再度土寄せを行った。 土寄せした土の中で、たくさんのジャガイモが育ってくれるものと思う。

Photo_5

予定していた夏秋野菜の種蒔き/苗定植が全て終わって、畑作業は一段落だが、これからは、支柱たてや追肥などの手入れ作業が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

夏野菜の畑・4月

4月中旬だというのに、今日は全国的に30℃にもなる暑い一日だった。 そんな暑かった今日、妻と一日中畑で過ごした。 昼食はコンビニで購入して畑で食べた。
清々しい風が爽やかだった。
 
茄子、キューり、トマトの苗を植え付ける畝を作った。

Photo_5
一週間ほど前に種を蒔いたささげ、インゲン、トウモロコシは芽を出していた。

Photo_6

ジャガイモの芽を2本に芽欠きし、追肥をしてから土寄せをした。 ジャガイモは土寄せをすると途端に成長が早まる。 この暑さもあって、今年は収穫が早まりそうだ。

Photo_8
ズッキーニも活着したようだ。

Photo_7

10日ほど後に茄子、キューり、トマトの苗を植え付ければ、畑は夏野菜の成長を見守るだけとなる。 収穫できるのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

ズッキーニなどの定植と種まき

今日は一日中畑仕事で汗を流した。 妻も手伝ってくれたのではかどった。

家の庭で育苗していた「ズッキーニ」と「レタス」が定植できる大きさに育ったので、定植するのがメーン作業だった。
ズッキーニは8苗、レタスは60苗を植え付けた。

また、「里芋」30個も植え付けた。 その他、「インゲン」、「ささげ」、「トウモロコシ」の種も蒔いた。

Photo_5

今日の畑・・・・・

ジャガイモが全て芽を出した。 来週には間引き/追肥/土寄せをするつもりである。

Photo_2
ニンニクは数年前に挑戦したが育たなかった。 今年は再度挑戦していたが、今年は勢いよく育っている。

Photo_6

また、玉ねぎも勢い良く育っている。

Photo_4
これからゴールデンウイークにかけて、キューり、なす、トマトの苗の植え付けや、人参やカブなどの種蒔き作業が待っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

ジャガイモを植付け

ジャガイモを植え付けた。 今年最初の春夏野菜の植付け作業である。
2月末~3月初めに植え付ける計画だったが、長雨が続いていて今日やっと春らしい天候になった。

今年も、男爵、北あかり、洞爺を合計約90個植え付けた。 例年、1個で1kgの収穫があるので、今年は90kgを収穫を目指す。
 
Photo
4畝に植え溝を10cmほどの深さに掘り、30cm間隔に半分に切った種芋を配置し、その合間に元肥として牛糞2握り、油粕、化成肥料を置いた。 その後、植え溝に土を被せて植え付けは終了。
 
Photo_2
ジャガイモは土壌がアルカリ性になると「そうか病」になり、芋の表面に斑点が付く。 皮をむけば斑点は取れ、食するのに特に問題はないが、見た目が悪くなる。
我が菜園でも被害に遭うことが多いので、今年は「酸度計」を購入して酸度を確認することにした。
 
Photo_3
植え付ける区画は、石灰を施さずに酸性土壌を保つようにしてあった。 植付け前に酸度を計測したら”PH6.7~6.8”だった。
 
そうか病を発生させないためにはPH6.5以下の土壌が良いとされているが、今更酸性化するのは無理と思い、そのまま植え付けた。
 
その結果どうなるか・・・今年の収穫を見て事前の対策を考慮することにした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

春~夏野菜の作付配置

 
寒い日があり、暖かい日があり・・・それでも春は確実にそこまで来ている。

そろそろ春夏野菜の準備にかかる時期である。
今日は春~夏野菜の作付配置を計画した。
 
           <図をクリックすると拡大します>2018


我が家庭菜園は1~5区画に分けて、極力同じ科の野菜を連作することの障害を避けるようこに作付け配置を計画している。
今年春~夏には、16種類の野菜を育てるように配置した。

今月末には早速ジャガイモの植え付けがある。 ジャガイモの種芋はすでに購入し、芽だしを促すために日に当てて干してある。

寒くて家に籠っていることが多かったが、いよいよ外に出て活動することができる季節になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

今年初めての畑仕事

 
大雪が降ったり、氷点下の気温が続いたりの厳しい冬が続く毎日だが、一転、今日は春のように暖かくなり、天候に誘われて今年初めての畑仕事に出た。

今日は冬野菜の整理と、2月末に植え付ける「ジャガイモ区画」を耕す作業だった。

じゃがいもを植え付ける区画には、小松菜、春菊、かき菜などが残っていたが、全て引き抜いて収穫した後、耕運機で耕した。

Photo
残っていた白菜は全部収穫した。 キャベツは完全に結球せず中途半端な結球のままだが、何個か収穫した。
そのほかに、土室に保管していた大根を掘り出したり、カリフラワーも収穫した。

Photo_3
今日はこんなに暖かかったのに、天気予報では明日はまた寒くなるという。
三寒四温を繰り返して、春は徐々に近づいてきているのを感じる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧