2021年1月11日 (月)

巨大白菜

白菜は昨秋から50苗を育ててきた。 その中に、当初から異常に背丈の伸びる一苗の白菜があった。 他の白菜と比べても、飛び抜けて背は高く、どれだけ伸びるのか・・と思っていた。 左右の普通の白菜と比べても、背の高さと大きさは一目瞭然である。

1_20210108200001

白菜は必要に応じて収穫しているが、その背の高い巨大白菜を今日収穫した。

収穫後重さを測ってみた。 意外なことに、重さは他の通常の大きさの白菜とほぼ同じ4.5kgの重さだった。
背丈はちょうど50cmだった。

2_20210108200001

この大きさで他の白菜と同じ密度締まっていたら、一人では持てないほどの重さになっていたのでは・・と思う。

半割に切って中身を確認した。 普通の白菜とほぼ同じだが、身の締まり具合はやや緩い感じだった。

3_20210109095701

何とも不思議な白菜だった。

 

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

畑の物置整理と野菜の収穫

暮れも押し詰まり、畑にある物置の整理整頓と、今年最後の野菜の収穫をした。

畑の物置には、ミニ耕運機や鍬、釜などの畑道具の他、肥料、寒冷紗、折りたたみ椅子などの小道具が置いてある。 毎年々末には、片付けを兼ねて掃除と整理をしている。

Photo_20201229144903

ついでに、年末と正月用の野菜を収穫した。 収穫したのは、白菜、キャベツ、大根、里芋、ほうれん草、小松菜、春菊、長ネギ、ブロッコリー、レタスなど。

Photo_20201229144901

年末の冬の畑には野菜も少なくなっていて、何となく寂しい。

Photo_20201229144902

今年はコロナ禍にあって、三密を避けて畑でのんびり過ごすことが多かった。 畑仕事の合間に日陰に椅子を出して、寝そべって読書をしたり、居眠りをしたり、おにぎりやおやつを食べたり、お茶を飲んだり・・・

畑のスペースがあることが有難いと心から思った一年だった。

 

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

忘(老)年ゴルフ&野菜狩り

昨日はいつもの会社時代のOB仲間とのゴルフだった。
今回のゴルフは私が幹事だったので、浦和ゴルフ場でプレーした後、我が菜園での野菜狩りを企画した。

Img_2088

気を許した仲間と、冗談を言いながらのゴルフは実に楽しい。 この仲間とのゴルフは、プレー終了後、お酒を酌み交わすのが恒例だが、コロナ禍の今は自粛して、その代わり我が菜園での野菜狩りとなった。

重い野菜を持ち帰ることになるので、事前にしっかりした袋かかばんを用意してくるように伝えたあった。
白菜、キャベツ、大根、里芋、ほうれん草、レタス、長ネギ、春菊など・・・それぞれ自分で好きなだけの量を収穫した。

Img_2085

皆さんは野菜をいっぱい詰め込んだバッグを担いで帰ったが、無事に家にたどり着いたとのメールが届いた。
ゴルフも野菜の収穫も、楽しく過ごした一日だった。

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

沢庵大根の吊干し

沢庵用大根を全て引き抜いて収穫した。

今年の大根は、太さ、長さ共にほぼ均一の良い大根に育った。

Img_2040

引き抜いた沢庵大根は80本で、1本も欠けることなく収穫率は100%だった。

収穫した沢庵大根は自宅に持ち帰り、洗ってから、テラスに干し棚を組んで紐でぶら下げた。 正に大根の”すだれ”の風情である。

Img_2047

2週間ほど干してしなびたら、樽に付け込んで沢庵づくりをする。

冬の寒い間、夜、家族でこたつでテレビを見ながら、沢庵を食べお茶を飲んで歓談した子供の頃を懐かしく思い出す。
そんな子供の頃を思い出しながら懐かしくて沢庵をつくっている。

 

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

白菜などを初収穫

畑の白菜やキャベツが収穫できそうなので、画友を野菜狩りに誘った。 晩秋となった今の畑は、冬物野菜が元気に育っていて収穫期に入った。

今日の畑
Photo_20201121195001

今日の収穫は"大根"、"キャベツ"、"白菜"、"里芋"、"ほうれん草"、"レタス"、"小松菜"、"春菊"など、沢山の野菜を収穫した。 ”白菜”、”春菊”、”キャベツ”は今年の初収穫だった。

今日の収穫野菜
Photo_20201121195002

今日の収穫野菜は、すべて画友のお土産となった。

沢庵大根も十分太く育っているのを確認できたので、来週にはすべて引き抜いて、テラスに吊るして沢庵づくりの準備が始められそうだ。

<写真をクリックすると拡大画面で見られます>

 

 

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

玉ねぎを植え付け

玉ねぎ230本を植え付けた。
これで、今秋のすべての種蒔き/植え付けが終了して、畑の空き地がなくなった。

1031

これが今秋の作付け配置である。

秋冬野菜の作付配置(画面をクリックすると拡大画面となります)
R2_20201101145201

今の畑は、白菜とキャベツの結球が進んでいる他、大根も日ごとに太くなってきた。

弱々しくて大丈夫かと思いながら定植した”リーフレタス”もどんどん大きく育っている。

1031_20201101145201

玉ねぎの植付けを最後に、畑のすべての面積が埋まりホッとした。
これからは、追肥と葉野菜の間引きとなり、収穫が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

里芋を試し掘り

里芋の葉が頭を垂れ始めたので、芋の成長具合を確かめるために、一株だけ試しに掘ってみた。

Img_1867

今年は暑い夏だったが雨も結構降ったので、良い里芋が育っているのでは・・と期待していた。
今日一株だけ試し掘りしてみたら、もう十分に収穫しても良い大きさの里芋になっていた。 しかも一株で2.5kgもあった。

Photo_20201011214701

今日は里芋の試し掘り以外に、ほうれん草・小松菜・春菊を間引いて土寄せを行った。

Img_1869

白菜やブロッコリーやキャベツや大根などの秋冬野菜は日を増すごとに大きく育っていて、とりわけ白菜は結球も始まって、白菜好きの私としては白菜鍋が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

すくすく育つ秋冬野菜

先月初めから種蒔きや苗の定植をした秋冬野菜がすくすく育っている。

苗を定植して20日経った「白菜」は大きくなってきて、そろそろ結球が始まりそうだ。 今日は追肥を施した。

20

畑に種を直播きして3週間経った「大根」は、2回の間引きと追肥/土寄せを経て大きく育っている。
大根は”青首大根”と”沢庵用大根”を、夫々80本ずつ収穫予定だ。

3_20201007170201

10日前に種蒔きした「ほうれん草」「小松菜」「春菊」は無事に芽を出した。

10

これらの他に、「キャベツ」や「ブロッコリー」「レタス」も先月定植したが、活着して元気に育っている。

家庭菜園の楽しみは収穫も楽しみだけれど、こうしてどんどん元気に育ってゆく野菜を見ることが最大の楽しみである。

 

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

白菜の苗を定植

自宅の庭で育てていた「白菜」の苗が畑に定植できる大きさになった。
定植する畝は、苦土石灰を撒いて耕し元肥を施して、一週間ほど前に作ってあった。

曇天で雨も期待できる定植するには好都合の天気予報に、畑で定植作業となった。

Photo_20200919174601

白菜は、4畝に合計50苗を定植した。
定植後は、防虫のために寒冷紗のネットで覆った。

一週間前の暑さと比べるとすっかり秋の季節となってきて、汗はかくものの気持ちよい畑仕事だった。

11月下旬ごろから収穫できる予定で、暮れの白菜鍋が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

キャベツ・ブロッコリーを定植

今日~明日は台風の影響で、関東地方は曇りと雨との天気予報に、これはチャンスと、キャベツとブロッコリーを定植した。
家のベランダで育苗していた苗は、まだ少し小さめだが、思い切って定植することにした。

キャベツは、3畝に合計45苗を、ブロッコリーは1畝に10苗を植え付けた。

Photo_20200906220601

畝は一週間ほど前に、元肥を施して作ってあった。
曇天とはいえ、30℃を超える気温とじめじめした湿度で、汗が噴き出す中での作業となった。

植付けが終わった後は、防風と防虫のために、寒冷紗のトンネルで覆った。

Photo_20200906220602

苗が活着して、どんどん大きく育つのを見るのが楽しみだ。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧