2022年9月25日 (日)

キャベツなどの植付け

台風一過、キャベツなどの苗を畑に植付けた。

キャベツの苗は雨の影響なのかまだ思うほどに育っていなかったが、植付け時期なので思い切って定植して様子をみることにした。

Photo_20220925173402

レタスは、知人から苗を頂いたのでそれも植付けた。

Img_36192

いずれも、防虫のために寒冷紗でトンネル掛けして覆った。

白菜もすでに2畝を作ってあるので、4~5日後に植付けるつもりである。

Photo_20220925173401

先日種を蒔いた「沢庵大根」と「青首大根」が芽を出したので、第1回目の間引きをした。

秋冬野菜の苗の植付けや種蒔きは、9月中旬から10月初めにかけて、忙しくなる。

 

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

秋冬野菜の畑準備

秋冬野菜を育てるための畑の準備をはじめた。 暑さが長引いていたので、例年より大分遅れての準備となった。

Img_3617

先日夏野菜の残りを全て引き抜いて更地にし、苦土石灰を撒いてミニ耕運機で耕してあった。 今日は、沢庵大根用と青首大根用夫々一畝を作り、種を蒔いた。 防虫のために寒冷紗のトンネルで覆った。

Photo_20220917212701

その他、家で育てているキャベツや白菜やブロッコリーの苗を定植するための畝も作ってマルチを施した。

Img_3611

これからは、ホウレンソウなどの葉物野菜用の畝つくりや種蒔きが待っている。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

畑作業を重荷に感じはじめたので耕作面積を半減しての畑作業だった。 半減したので作業は楽になったと思ったが、まだ暑さの残る中での畑作業は辛かった。

汗まみれとなり、10分作業/10分休みを繰り返した。 熱中症を避けるため、度々水分を補給した。

以前なら何でもない作業だったが、いささか疲れた。 いやになるほど歳を感じた。 

 

| | コメント (0)

2022年9月10日 (土)

家庭菜園/耕作面積を減らす計画

家庭菜園で年間30~40種類の野菜を育てているが、ここ数年は歳を重ねるごとに、耕したり、畝を作ったり、草取りをするのが疲れて苦痛を感じるようになってきた。

野菜を育てる楽しさが苦痛に追い越されているナ・・と思い、楽しく野菜作りを続けるために、思い切って耕作面積を減らすことを決めた。

これまでは連作を避けるため5区画に分けて野菜を育てていたが、2区画に減らすことにし、今年の秋冬野菜の配置計画を作り直した。

<写真をクリックすると文字が読める画面に拡大します>
Epson049

今育てている白菜などの苗はかなり無駄になる。 白菜は50→15に、キャベツは50→20に減らして栽培する。 ホウレンソウやレタスなどの葉野菜や、玉ねぎなど、頻繁に使う野菜はなるべく減らさないよう計画した。 大根は前年までの1/2となる。

面積を減らして多少の寂しさはあるが、疲れ方を思うと歳相応/体力相応の面積の計画をして、ホッとした気持ちである。

 

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

秋冬野菜の苗づくり

連日続いていた猛暑だったが、今日は全国的に荒れた雨天となり、涼しい一日だった。 連日の暑さで忘れていたが、今日の涼しさで秋冬野菜の苗づくりの時期だったことに気付いた。

早速、種と培養土を買い求め、ポットにキャベツ、ブロッコリー、白菜の種を蒔いた。

Photo_20220804204401

キャベツは50ポット、ブロッコリーは12ポット、白菜は40ポットに蒔いた。 更に近日中にレタスの種を蒔く予定である。

畑に定植できるまでの間、家のテラスで育苗することになる。

 

| | コメント (0)

2022年6月30日 (木)

早朝の畑仕事/ジャガイモ掘り

梅雨が早々と明けて、連日の猛暑が続いている。

畑のジャガイモは、友人・知人などが来て2/3ほどは収穫済だったが、1/3ほど採り残っていた。 連日の暑さで傷んでしまうのが心配だったが、猛暑続きで収穫作業が出来ずにいた。

今日も酷暑の予報だったが、早朝5時起きで全部のジャガイモを収穫した。 妻に手伝ってもらったお陰で1時間半ほどで45㎏を収穫した。 早朝作業とはいえ汗まみれになったが、なんとか熱中症は免れた。

Photo_20220630135001

今年は種イモが不作で、例年のキタアカリや男爵の種イモが入手できず、「とよしろ」という初めての品種を育てた。 大形の芋で、ポテトチップスにする品種らしく、大粒で皮が薄いジャガイモだった。

全てのジャガイモの収穫を終え、ことしの総収穫量は130㎏だった。 目標が120㎏だったので目標は達成できた。

 

| | コメント (0)

2022年6月25日 (土)

ズッキーニなど大量収穫

用事があったり暑かったりで二日間畑に顔を出せなかった。 暑い天気が続いていたので収穫が気になっていたが、三日ぶりの畑は大量の収穫となった。 特に、ズッキーニとキュウリの育ち方がすごかった。

ズッキーニは17本を収穫した。

17

キュウリは28本収穫した。 しかも5~6本はへちまほど大きくなっていて、大きいものの長さを測ったら40cmにもなっていた。

28

インゲンも急に大きくなって、籠いっぱいの3.6kgも採れた。

急に暑くなったここ2~3日だが、夏野菜の成長は急である。
少なくとも一日おきには収穫しないといけないと反省した。

今日の収穫野菜の一部は、ジャガイモや玉ねぎとともに、故郷の友人に宅配便で送った。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

35℃を超えるような暑さの畑作業は、日陰をつくって休み休みの作業となる。 
タープを張り、その日陰に椅子を置いて、水分を補給しながら、涼風を受けて休憩している。

0062

熱中症にならないよう、気を配っての畑である。

 

| | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

賑やかに野菜を収穫

    今日は会社時代に同じ職場だった女性たち二家族がやって来て、賑やかに野菜の収穫をした。

私が退職して家庭菜園を始めた20年前から毎年の恒例になっている野菜狩りである。 最初は独身だった女性たちは結婚し、子供ができて、家族でやって来るようになり、とても賑やかになった。そして最近は子供たち中心の野菜狩りになっている。

我が家での昼食後に野菜狩りをし、その後はまた我が家に戻っておしゃべりに花が咲いた。 コロナで2年間中止していたので、3年振りで見る子供たちは見違えるほど成長していて驚いた。

ジャガイモ掘りは土だらけになって歓声を上げながら嬉々として13kgを収穫した。
Photo_20220618211501

子供たちは大根も次々に引き抜いた。折れた大根もあった。
Photo_20220618212601

レタスも抱え込んで引き抜いていた。
Photo_20220618211504

インゲンがちょうど収穫できる大きさになっていて、棚に張り付いて皆で収穫した。
Photo_20220618211503

人参も収穫した。
Photo_20220618211502

これらの他に、ナス、キュウリ、ズッキーニ、トマトなどたくさんの野菜が収穫できた。

今日の収穫は・・・
   ジャガイモ    13kg
   レタス       6個
   インゲン      1.6kg
   大根        6本  
   人参       27本
   トマト       6個
   ズッキーニ    16本
   キュウリ     19本
   ピーマン      7個
   なす        3個

収穫した野菜は、二家族に分けてお持ち帰りとなった。

久しぶりの再会でいろいろ話ができたし、たくさんの野菜も収穫できた。 大賑わいの楽しい一日だった。

 

| | コメント (10)

2022年6月 8日 (水)

玉ねぎを収穫

玉ねぎが収穫期を示す”葉の倒れ”が見られたが、このところ何かと忙しく、畑へ行こうと思うと雨天となって、収穫遅れが気になっていた。

玉ねぎの収穫は晴れた日に引き抜いて、しばらく晴天の畑に寝かせてから軒などに干すのが理想である。しかし梅雨に入り、しばらく晴天はなさそうで翌日も雨との予報に、曇天の昨日すべて引き抜いて収穫した。

Img_3464

収穫した玉ねぎは、そこそこの大きさに育っていた。 収穫した玉ねぎは植えた苗と同数の”215個”だった。

葉は吊るす程度に切って、テラスに棚を組んでひもでぶら下げて干した。

Img_3467

玉ねぎを育て始めた3年ほどはどうしても大きく育たなかったが、ここ数年大きく育てられるようになった。
玉ねぎはいろいろな料理に使うので、便利に利用している。

 

| | コメント (0)

2022年5月19日 (木)

夏野菜に支柱

トマト、キュウリ、ナス、ズッキーニなどの果野菜の区画は、防鳥のために小屋状に全面をネットで囲ってある。

これらは苗の定植後、寒冷紗のトンネルの中で育てていた。 苗が活着したのでトンネルを外そうと思っていたが、雨続きで畑に行けなかったので、トンネルの中で窮屈に育っていた。

今日は好天になったので畑に出向き、早速トンネルを取り外して、支柱を立てて幹を結束した。

Photo_20220519215701

トマトは脇芽が伸び放題になっていたので、脇芽を欠きとって結束した。 キュウリはツルが伸び始めていてツル用のネットをかけた。

Photo_20220519215702

ナス、ズッキーニは支柱を立てて幹を結束した。
これから初夏の天気になれば、これなの野菜はどんどん大きく育っていくものと思う。 収穫が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2022年5月12日 (木)

今日の畑、ネット囲い

ナス、キュウリ、トマトなどの果菜は、鳥の被害にあうことが多いので、ネットで覆って育てている。 これらの苗が大きくなってきたので、今年もこの区画をネット囲いした。

<写真をクリックすると拡大画面になります>
Photo_20220512154401

種蒔きした「いんげん」も大きくなって蔓が伸びたので、蔓用の棚を立てた。 いんげん隣の「レタス」や「大根」も順調だ。

Photo_20220512154405

「べか菜」は急に大きくなって、成長に消費が追い付かず、ご近所や友人に配っているが、それでもどんどん大きくなっていく。 発芽率の悪い「ニンジン」も大きくなったので、第一回目の間引きをした。

Photo_20220512154403

防風のためにネット内で育てている「ズッキーニ」も急に大きくなった。 窮屈そうなのでそろそろネットを外さなければならない。

Photo_20220512154402

これからは、これら春夏野菜の収穫が始まる。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧