2021年6月 9日 (水)

大根収穫と人参の間引き

大根が大きくなり収穫が始まった。 また、人参が育っていて密になったので間引いた。

Photo_20210609222301

私はこの「間引き人参の葉」の天ぷらが大好物である。 早速天ぷらにして、ビールのつまみになった。

 

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

玉ねぎを収穫

この頃は夕立の日が多くなったが、2~3日の間夕立のなさそうな天気予報の日を選んで「玉ねぎ」と「にんにく」を引き抜いて畑に干していた。

玉ねぎを収穫
Photo_20210604093401

にんにくを収穫
Photo_20210604093402

昨日は翌日雨の予報に、畑で干していたのを自宅に持ち帰ってベランダにぶら下げて干した。

4~5年前までは「玉ねぎ」も「にんにく」もラッキョウ程度の大きさにしか育たず、土壌が合わないのかと思い3~4年間栽培を諦めていた。
しかしどうも納得いかず栽培を再開し、肥料の種類や施肥のタイミングと量など試行錯誤を繰り返して、ここ2~3年は、立派な成果を得られている。

今年の収穫量は「玉ねぎ:210個」「にんにく:50個」だった。 「新玉ねぎ」は早速ご近所にもお裾分けして配った。 

| | コメント (0)

2021年5月28日 (金)

すっぽり防鳥ネット囲い

キューリ、トマト、ズッキーニ等は、鳥の被害を受けることが多い。

先日は、これらの区画に支柱を立てて、地上1m高さをぐるりとネットで囲った。 今日は天井部も含めて全体を少し荒い網目のネットですっぽりと区画全面を覆って防鳥対策をした。

Photo_20210524124601

今日は他に特に予定が入っていなかったので、ゆったりと作業し、一日中のんびりと畑で過ごした。 防鳥対策ネット囲いの他に、蔓の伸びたキューリを結束したり、トマトの脇芽を欠いたり、追肥をしたり・・・こまごました作業も行った。

タープを張って日除けを作り、その日陰に椅子、テーブルを置いて、持参したお茶を飲んだり、おやつを食べたり・・薫風を受けながら久しぶりにゆったりと畑で一日を過ごした。

Photo_20210524124602

椅子に寝そべって大空でゆっくり動く雲を眺めていると、コロナ騒ぎで右往左往する地上の出来事などを忘れて、大きな懐に抱かれて大きな気分になってくるから不思議である。

 

| | コメント (6)

2021年5月18日 (火)

キュウリなどの支柱と区画囲い

キュウリやトマトなどが大きくなって支えを欲しがっているようなので、支柱を立てた。 
併せて、防鳥/防風のため区画をぐるりとネットで囲った。 実物野菜は鳥被害に遭うことが多いので後日、囲いの天井部にもネットを張って、すっぽりと囲む予定である。

(写真をクリックすると画面が拡大します)
Photo_20210517135601

夏野菜は順調に育っていて、今後はトマトの脇芽欠きを頻繁にやらなければならない。 もう実も付いてきた。

Photo_20210517135602

ズッキーニにも何本もの実が付いてきた。

Photo_20210517135702

この区画の外の大根やべか菜も大きくなっていて、ベか菜は育ちが早いので、どんどん収穫しないととう立ちしてしまいそうだ。

Photo_20210517135701

インゲンには支柱を立てた。

Photo_20210517135703

これから梅雨の雨と初夏の暑さを得て夏野菜はぐんぐん大きくなって、実物野菜の収穫も近いうちに始まりそうだ。

 

 

| | コメント (0)

2021年4月28日 (水)

なす・キューリなど夏野菜を定植

ナス、キューリ、トマト、ズッキーニなどの夏野菜を定植した。
明日から雨が降るとの予報にちょうど良いタイミングでの定植だった。

今日植え付けたのは、ナス:7苗、キューリ:7苗、トマト:大玉/中玉/ミニ合計9苗、ズッキーニ:7苗、ピーマン:2苗、ゴーヤ:3苗だった。
畝は一週間ほど前に、元肥を入れて、マルチも掛けて作ってあった。

Photo_20210428195001

植付けた後、仮支柱で結わえて、たっぷり水やりをし、この時期の強い風を考慮して防風のために寒冷紗のトンネルで覆った。

Photo_20210428195002

定植したついでに、ジャガイモに追肥して土寄せを行った。 ジャガイモは土寄せをすると驚くほど元気になる。

Photo_20210428195003

上の写真左側は「洞爺」、右側は「キタアカリ」である。

 

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

四月の畑と春夏野菜

4月になってから春夏野菜の種蒔き、苗植え付けが進んでいる。

先日芽欠き/追肥/土寄せした「ジャガイモ」は一段と元気に大きく育っている。

Photo_20210409142202

「玉ねぎ」もどんどん大きく育っている。 先日は「大根」と「人参」の種を蒔いて、防虫ネットを被せてある。 今日は「インゲン」の種を蒔いて防鳥のためにネットで覆った。

Photo_20210409142203

「にんにく」も暖かくなって以降、どんどん伸びて元気に育っている。

Photo_20210409142201

今日は、「里芋」を2畝に植付けし、「ささげ」の種も蒔いた。

Photo_20210409142204

これからは家で育苗している「ズッキーニ」と「レタス」の苗の育ちを見て半月後には定植できそうだ。
また、5月の連休の前後には、「トマト」「キュウリ」「ナス」「ピーマン」などの苗を定植する。

今年は10日以上例年より季節の訪れが早くなっていると感じる。 
そのため4月上旬だというのに、畑仕事をしていると早くも清々しい薫風が通り過ぎて気持ちよく、至福の畑仕事の時間となっている。

 

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

ジャガイモの芽欠きと畝つくり

ジャガイモの芽が伸びたので2本の芽を残して他の芽を芽欠きし、追肥して土寄せをした。

Photo_20210403172801

1~2週間の間に定植、植付け、種蒔きを予定している里芋、ズッキーニ、大根、人参、レタス、インゲン、ささげなどの畝を合計8畝を作った。
畝づくりの最初に元肥として牛糞堆肥、化成肥料、油粕を施した。 畝つくりの最後に、黒マルチで覆った。

Photo_20210403172802

今日は初夏のような良い天気の中での作業だったが、汗をかくこともなく、清々しい作業だった。

これからは、今日作った畝に、苗を植えたり、種を蒔いたりの作業を行うことになり忙しくなりそうだ。

 

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

畑の支柱保管立て

畑で使う支柱を保管する枠を作成し、畑の物置の脇に組み立てた。

Photo_20210324211703

8年前に作成した支柱保管立てが、先日の風で倒れてしまったので、頑丈なものを作成したものだ。

寸法図面で計画し、HCで材料を調達して家の庭で作成した。 塗料も塗った。

塗装が乾いたので、今日畑へ持ち込んで組み立てた。 底面にはコンクリート板を敷いた。

Photo_20210324211701

風で倒れないように四隅にコンクリート基礎を埋めて、ボルトで固定した。

Photo_20210324211702

しっかりした頑丈な支柱保管立てが出来て、強風でも耐えられるものと思う。

 

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

ジャガイモを植付け

2月末日にジャガイモを植付けた。

例年ジャガイモの植付けは、3月中旬に植え付けていたが、今年は暖かい日が続いているために、早めの植付けとなった。
種芋は自宅の庭で天日にさらして発芽を促していた。

Photo_20210301204601

発芽が進んできたので植え付けた。
今年は、キタアカリを約70個、洞爺を約40個の合計110個を、5畝に植え付けた。 元肥として、化成肥料、完熟牛糞堆肥、油粕を置き肥にして施した。

Photo_20210301204602

種芋と置き肥を配置した後、土寄せして植え付け完了した。 ジャガイモのそうか病を防ぐには水分を避けるのが良いと知り、今年は多少畝を高くしてみた。

Photo_20210301204603

例年植え付け数が収穫量kgとなっているので、今年は110kgの収穫が目標である。 孫たちや、友人や、友人家族が楽しみにしている”ジャガイモ堀り”の期待に応えるためにも元気に育ってほしい。

 

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

春夏野菜用畑の準備

春らしい暖かさの日が続いて、いよいよ春夏野菜植付け用の畑の準備を始めた。

先日、畑に少しづつ残っていた白菜、キャベツ、ブロッコリー、里芋や土中に埋めて貯蔵していた大根などを全て収穫した。 畑は長ネギや玉ねぎなどを残して、ほとんどはすっきりした空き地になった。

今日は、ジャガイモを植え付けるための区画を、ミニ耕運機で耕した。

Photo_20210219225901

植え付けるジャガイモの種芋は、家で天日にさらして芽出しを促していて(催芽)いつでも植え付けできる準備をしている。

例年なら、3月中旬前後に植え付けているが、今年は春の暖かさが早めなので、今月下旬には植え付けたいと思っている。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧