2023年1月26日 (木)

土中貯蔵した大根

冬になる前に収穫した青首大根は、畑に穴を掘って、埋めて貯蔵してある。
土中貯蔵してる大根は都度、必要分掘り出して使う。 今日も数本を掘り出した。

Img_3939

貯蔵穴の表面の土は、5㎝厚さほど凍てついていたが、深い穴の奥までは届いておらず、何とか普通の状態で保管できていた。

今の時期の畑では、収穫できる野菜は少なくなっている。

今日は、大根の他に「白菜」「ブロッコリー」「ほうれん草」「ターサイ」を収穫した。

Img_3943

これからは順次、残り野菜を収穫して整理して耕し、春野菜の準備が始まる。

| | コメント (0)

2023年1月13日 (金)

今年の初収穫

正月用に採っておいた野菜が底をついたので、先日今年初めての収穫をした。

Img_3916

収穫したのは、白菜、ブロッコリー、ほうれん草、ターサイなどである。

今年初めての畑だったので、玉ねぎに追肥を施した。

寒いこの期間は、特に家庭菜園での畑仕事はなく、今は収穫だけとなっている。

 

| | コメント (0)

2022年12月18日 (日)

冬の野菜狩り

冬野菜の収穫が最盛期になっている。
今日は会社時代の職場の女性が、小4と小6の二人の子供と一緒に、冬野菜の収穫に訪れた。

子供たちは、ほうれん草や小松菜を収穫した。

Img_3894

大きな山東菜も抱えて、一生懸命に引っ張って引き抜いた。

Img_3891

持ち帰る収穫した野菜を前に記念撮影。

Img_3898

今日収穫したのは、山東菜2個、白菜2個、大根3本の他、里芋、小松菜、ほうれん草、ターサイなど、車のトランクに一杯となった。

収穫の後、我が家でお茶を飲んでお喋りをした後、名残惜しんで帰っていった。 子供たちも野菜狩りを楽しんでくれて良かった。

 

| | コメント (2)

2022年12月 7日 (水)

友人に冬野菜を送付

今日は、故郷の旧友と地方に住む現役時代の知人に、家庭菜園の冬野菜を宅配便で送付した。
友人達への野菜送付は、毎年の恒例になっている。

Photo_20221207204501

今年は初めて栽培した「山東菜」を同封した。 山東菜は4㎏もあり予想より大分大きく育つ野菜で、用意した送付用段ボール箱をほぼ独占してしまった。
山東菜以外の野菜は大分量を減らすことになった。

今日送ったのは山東菜以外に、大根、ホウレンソウ、小松菜、里芋、秋採りジャガイモ、ターサイなどである。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-

友人への野菜送付は、師走の恒例行事の第一弾である。 今後は、年賀状の作成や、庭のバラの選定整枝、畑の物置整理、家の大掃除など,私の師走のミッッションが待っている。 その他、忘年ゴルフや忘年会などもあって、正に「師走」となる。

 

| | コメント (2)

2022年11月 9日 (水)

大きくなった秋冬野菜

朝晩の寒さが本格的になって、秋の深まりを感じる。
この季節になると、畑の秋冬野菜が急に元気になって大きくなる。

我が家の家庭菜園の野菜たちも元気に育って寒冷紗のトンネルが窮屈になったので、トンネルの覆いを外した。

元気な秋冬野菜
11

レ タ ス
11_20221109125502

小 松 菜
11_20221109125501

大 根
11_20221109125503

白菜やキャベツは結球し始めた。
山東菜は大きくなって株間の隙間がないほどになった。
里芋も収穫時期である。

これから寒さが増すと鍋料理が美味しくなる。 これらの秋冬野菜が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2022年10月30日 (日)

玉ねぎ苗を植付け

予てから用意してあった床に「玉ねぎ」の苗を植え付けた。

Photo_20221103212201

今日植付けた玉ねぎ苗は225本。 購入した本数より予備分が20本ほど多くあったので、捨てるのはもったいないと思い、予定外にそれらも植えたので、実際に植付けたのは245本になる。

今の畑は、小松菜やべか菜、ホウレンソウなど葉物野菜が大きくなっていた。 また、トンネルの中の大根や、白菜・山東菜・キャベツ・レタスも、本格的な秋になって急に大きく育ってきた。

Photo_20221103212202

今日はべか菜、小松菜などを間引いて、今夜のお浸しやみそ汁の具などになった。

 

| | コメント (0)

2022年10月13日 (木)

玉ねぎの植付床作り

10月末に植付ける予定の「玉ねぎ」の床を作った。  

1週間前に蒔いた「ホウレンソウ」「小松菜」「べか菜」が芽を出していた。 密に芽を出した「べか菜」を間引いた。

Img_3661
10日ほど前に定植した「白菜」「キャベツ」「ブロッコリー」は、寒冷紗のトンネルの中で活着して大きく育っていた。

Img_3664

これから秋らしい朝晩の寒さの気候になって、これらの秋冬野菜はどんどん育っていく。

寒くなって「白菜鍋」や「おでんの大根」が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2022年10月 7日 (金)

白菜などを定植

今週4日、翌日からの雨を予想して「白菜」「山東菜」「ブロッコリー」などの苗を畑に定植した。

「白菜」と「山東菜」
Photo_20221007225401

今年は歳を考慮して畑の耕作面積を半分ほどにしたので、植付数も例年の半数に減らして、白菜17苗、山東菜17苗にした。
ブロッコリーは5苗だった。 ターサイ3苗も植付けた。

植付けた後は寒冷紗のトンネルで覆って、防虫対策を施した。

 

| | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

キャベツなどの植付け

台風一過、キャベツなどの苗を畑に植付けた。

キャベツの苗は雨の影響なのかまだ思うほどに育っていなかったが、植付け時期なので思い切って定植して様子をみることにした。

Photo_20220925173402

レタスは、知人から苗を頂いたのでそれも植付けた。

Img_36192

いずれも、防虫のために寒冷紗でトンネル掛けして覆った。

白菜もすでに2畝を作ってあるので、4~5日後に植付けるつもりである。

Photo_20220925173401

先日種を蒔いた「沢庵大根」と「青首大根」が芽を出したので、第1回目の間引きをした。

秋冬野菜の苗の植付けや種蒔きは、9月中旬から10月初めにかけて、忙しくなる。

 

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

秋冬野菜の畑準備

秋冬野菜を育てるための畑の準備をはじめた。 暑さが長引いていたので、例年より大分遅れての準備となった。

Img_3617

先日夏野菜の残りを全て引き抜いて更地にし、苦土石灰を撒いてミニ耕運機で耕してあった。 今日は、沢庵大根用と青首大根用夫々一畝を作り、種を蒔いた。 防虫のために寒冷紗のトンネルで覆った。

Photo_20220917212701

その他、家で育てているキャベツや白菜やブロッコリーの苗を定植するための畝も作ってマルチを施した。

Img_3611

これからは、ホウレンソウなどの葉物野菜用の畝つくりや種蒔きが待っている。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

畑作業を重荷に感じはじめたので耕作面積を半減しての畑作業だった。 半減したので作業は楽になったと思ったが、まだ暑さの残る中での畑作業は辛かった。

汗まみれとなり、10分作業/10分休みを繰り返した。 熱中症を避けるため、度々水分を補給した。

以前なら何でもない作業だったが、いささか疲れた。 いやになるほど歳を感じた。 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧