2024年2月10日 (土)

ジャガイモ植付け畑の準備

その年一番早く畑に植付けるのは「ジャガイモ」である。
ジャガイモは2月末~3月初めに植付ける。 その為に、2月中旬には畑を整理して土つくりを始める。

その前に、今年の「春~夏野菜の野菜配置」を計画した。

<クリックすると拡大して文字が読めます>
2024_20240210195201

野菜配置は同じ科の野菜の連作を避けることに注意して計画する。中には3年間を開けなければならない野菜もあるが狭い畑ではなかなかそうはいかない。

今日はまだ雪の残る畑に出て、ジャガイモを植え付ける区画の残り野菜を全て整理して更地にした。

Photo_20240210195201

近日中に耕運機で耕すが、酸性土を好まない野菜の多い中で、ジャガイモの土壌はPH5.5~6.0が適正でPH7以上ではそうか病となり、ほくろ状の醜い表面になるため、石灰は撒かずに耕す。

いよいよ今年の野菜つくりが始まった。

 

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

土中保存の大根を収穫

久々に畑に出かけて野菜を収穫した。
冬の初めに引き抜いた大根は、畑に穴を掘って土中に横に寝かせ埋めて保存し、掘り出して使っている。

Photo_20240201160001

大根は葉を付けて埋めると成長する・・と聞いているので深めに葉を落として埋めているが、それでも土中で成長するようで、埋めた時より太くて長くなっていた。

里芋も掘り出して収穫した。 昨年の里いもは雨不足で小さな里芋しか育たなかった。

Photo_20240201155901

キャベツや白菜やネギなども収穫した。 
その他、ブロッコリー、レタス、長ネギ、ターサイなどたくさんの野菜を収穫した。

Photo_20240201155902

沢山採ったので、収穫野菜はご近所や友人に配ろうと思う。

寒い冬でも畑の残り野菜が沢山収穫出来て有難い。

 

| | コメント (0)

2024年1月16日 (火)

家庭菜園/年間野菜収穫量集計

冬のこの時期の家庭菜園は、残り野菜の収穫だけで、特に仕事はない。

昨年収穫した野菜の集計をした。 昨年は45種類の野菜を育てた。

<表を夫々クリックすると文字が読める拡大画面になります>

(1/2)20231
(2/2)
20232

表の紺色は収穫が終了したが、黒色はまだ収穫が続いている野菜である。

昨年は全体的には良い結果だったと思う。特にナスは秋茄子まで続いて500個以上(73個/苗)、ジャガイモは140㎏弱(1.3㎏/苗)と予想を超える収穫量だった。

玉ねぎも200個以上、ズッキーニも120本、秋大根は80本と収穫は順調だった。

一方、里芋はまだすべて収穫していないが、夏の雨不足の為か小粒の芋だった。

> 夏の暑い時の畑作業は八十路の身には辛いが、土を育てて種を蒔いて芽が出た時の喜びや、ぐんぐん育つ野菜を見るのが楽しみで、野菜つくりを今年も続けようと思っている <

 

| | コメント (0)

2023年12月27日 (水)

巨大白菜

今年も押し詰まって何かと忙しい。 年賀状作成、窓拭き、バラの整枝剪定や垣根の刈込、大掃除など・・・。

先日はご近所や友人などに配る冬野菜を収穫した。 寒くなって白菜は巨大になっていて、量ったら6.7㎏もあった。

Img_4521

白菜の他、大根、ほうれん草、赤かぶ、万能菜、小松菜、キャベツ、長ネギ、水菜、ターサイ、里芋など、たくさんの野菜を収穫して配った。

Img_4527

また先日は残り大根の全てを引き抜いて、掘った穴に埋めて保存した。少しずつ掘り出して使う。

まだ畑には葉野菜が残っていて、冬の間はこの残り野菜で賄えそうだ。

Img_4524

 

 

| | コメント (0)

2023年12月 3日 (日)

冬野菜の収穫祭り

今日は二家族がやって来て、冬野菜の収穫狩りを楽しんだ。

Photo_20231203200801   

会社時代に一緒に仕事をした女性たちが、私が退職後に始めた家庭菜園にやって来て芋ほりを楽しんで以来毎年やって来る。
ここ数年来は夏の芋ほり以外に、白菜など冬野菜の収穫にもやって来る。

Photo_20231203200001

当初は独身だった彼女たちだが、結婚して夫婦でやって来るようになり、子供が生まれて子供連れで来るようになり、野菜狩りは大人数になっている。

子供たちは一生懸命大根を引っ張って引き抜いた。 一株5㎏以上ある白菜を抱えて歩いた。 葉物野菜を嬉々として引き抜いて収穫した。

今日収穫した野菜は、白菜、大根、レタス、赤かぶ草、里芋、長ネギなどの他、ほうれん草、レタス、万能菜、春菊、小松菜などの葉野菜である。

Photo_20231203202801

収穫した野菜は、子供たちで野菜ごとに重さを量ったり、収穫数を確認して記録を残してくれた。

Photo_20231203202802

野菜収穫後は我が家で、野菜鍋を囲んで食事やお喋りで盛り上がった。

夕方になり二家族は大量の収穫野菜を車のトランクに詰め込んで、次回の野菜狩りを約して帰って行った。
楽しい一日だった。 

 

| | コメント (4)

2023年11月26日 (日)

沢庵大根を収穫して吊るし干し

秋は速足で通り過ぎ、急に冬がやってきた。
野菜畑では、秋冬野菜が大きく育っている。

今日は、沢庵大根を全て引き抜いて収穫した。

Img_4496

収穫後、沢庵にするために、家のテラスに棚を組み立てて吊るして干した。

Img_4504

干して萎びたら、その後に沢庵漬けにする。 
子供の頃、夜炬燵で家族でお茶を飲みながら家族で食べ沢庵が美味しかったことが懐かしくて、毎年漬けている。

 

| | コメント (0)

2023年10月30日 (月)

玉ねぎ苗を植付け

玉ねぎの苗を植え付けた。 これで今秋の全ての種蒔き・苗植え付けが終わり、畑の全てのスペースが埋まった。

Photo_20231030213901

玉ねぎ用のベッドは1週間前に作ってあり、苗は1か月前に注文してあった。 植付けた玉ねぎ苗は220本。

Photo_20231030211502

青首大根が大きく育っていて、寒冷紗のトンネルの中で窮屈そうだったので、トンネルを取り外した。

1_20231030214501

白菜、ほうれん草、小松菜、レタスなどの葉物野菜もすくすく育っていて、鍋や漬物が楽しみだ。

Photo_20231030211504

 

| | コメント (0)

2023年10月 9日 (月)

秋冬野菜・今季最後の種蒔き

翌日の雨が予想された昨日、久しぶりの雨のチャンスを逃すまいと今年最後の秋冬野菜の種を蒔いた。

既に先日、水菜、春菊、ガーデンレタスなどの種蒔きは済んでいたので、これが今季最後の種蒔きだった。 この日蒔いたのは、ほうれん草、小松菜、べか菜などである。

Img_4347

Img_4349

10日ほど前に苗を定植した白菜、ブロッコリー、キャベツなどは驚くほど大きくなって、すべて活着して元気に育っている。

Img_4350

青首大根、沢庵大根も順調に大きく育っていて、2回目の間引きをして、1本に間引いた。

今回の種蒔きで畑の秋冬野菜の配置は、10月末に「玉ねぎ」の苗を植え付けるのを待つだけになった。 今季の畑の野菜配置は次のとおりである。

秋冬野菜の格付け配置 
<配置図をクリックすると拡大画面で見られます>
Epson071

 

| | コメント (0)

2023年9月28日 (木)

白菜とブロッコリーの苗を定植

秋の彼岸を過ぎて涼しくなった日、白菜とブロッコリーの苗を定植した。 定植する畝はその一週間前に、元肥を施して作ってあった。

定植したのは、白菜を25苗(2畝)とブロッコリーを10苗(1畝)である。

Img_4323

植付けた後は水を撒いて、防虫・防風のために、寒冷紗のトンネルで覆った。

Img_4326

植付けは妻にも手伝ってもらっての作業だった。
涼しくなったとはいえ残暑の名残はあって、ゴーヤの葉で囲った日陰で、水分を補給しながら休み休みの作業だった。
通り過ぎる風は、秋を感じさせ清々しくて気持ち良い風だった。

Img_4327

これからは引き続いてキャベツ苗の定植の後、レタスとターサイの苗の定植や、10月に入ったらほうれん草・春菊などの種蒔きが待っている。

 

| | コメント (0)

2023年9月21日 (木)

大根の種蒔き・白菜などの畝づくり

今日は曇空で、急に秋らしい過ごしやすい気候になった。 今日は妻に手伝ってもらって、いろいろな畑仕事をした。 余り汗もかかず作業が進んだ。

先日、熱中症になりかけながら作ったマルチを施した大根用の2畝に、青首大根と沢庵大根の種を蒔いた。 青首用、沢庵用夫々40本づつの収穫を目指す。
畝に10㎝毎に印をつけた「尺棒」を畝に於き、30㎝ピッチに柄のついた「穴明具」でマルチに穴をあけ、そこに4~5粒の種を蒔いた。

Img_4312

白菜用の2畝、キャベツ用の2畝、ブロッコリー用の1畝の合計5畝も作った。 夫々元肥は溝施肥とし、牛糞堆肥・油粕・化成肥料を施した。 最後にマルチをかけて畝づくりを完成した。 いつでも植付けられる準備ができた。

Img_4319

今年は暑さが続いたので、3苗植付けた「ゴーヤ」が大豊作で、畑へ行く度に10本ほど採れる。 今まだ花が咲いてこれからも当分採れそうだ。

Img_4310

今日の作業は妻に手伝ってもらったので順調に進んだ。 妻に感謝である。
来週には、白菜やキャベツやブロッコリーの苗を植え付ける作業が待っている。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧