2023年11月14日 (火)

2023年 日展へ

2023年日展を観てきた。
今年は同じ会派に所属している知人の松井茂樹氏が、洋画部門で特選を受賞したと聞いて期待して出かけた。

2323

洋画特選 「ロマネスク追憶 松井茂樹」
Photo_20231114212401

特選に値する素晴らしい絵だと思う。 氏独特の雰囲気の絵で、モデルは娘さんだと聞いた。

特選を含め、今年の入選作品は人物画が多かったと感じた。
そんな中、上記以外に下記作品も筆のタッチが参考になる絵だと見入った。

「静かな刻 山本佳子」
Photo_20231114212402

日本画部門も観たが、近年は洋画と日本画の区別が何故必要かと思うほどモチーフに洋画/日本画に差はないと思える。 日本画の中にも大いに刺激を受ける。
今年の日本画ではこの作品が良かった。

日本画特選 「古梅香香 久保嶺爾」
Photo_20231114212403

洋画部門特選の松井茂樹氏は、私も所属する会派(日洋会)で評議員の役職にあり、住まいも私と同じ市内にお住まいで、更に偶然私の従弟と芸大で同じゼミだったとのことで、いろいろ繋がりを感じる方であり、今後の日本画壇を支えるべき方でもある。

 

| | コメント (0)

2023年11月 5日 (日)

2023年/第49回東浦和美術展

所属している地域の美術クラブの美術展が、11月5日~12日、市内プラザイーストに於いて開催されている。
今年で49年続いている伝統ある美術クラブの美術展である。 クラブには約90名以上の会員が所属している。

昨日は会員の作品搬入と、役員/実行委員で会場の準備が行われた。

Img_4420

例年行われている作業なので、作品の展示は順調に実施できた。

Img_4427

洋画、日本画、工芸の各部門の力作が展示された。

Img_4432

私はこのクラブの役員として、この展覧会開催に向けて、半年にわたって準備をしてきた。

新聞などのメディアや、市区報への案内掲載、市内各地域の掲示板、公民館・文化施設などにポスターやチラシ、案内はがきなどを配って、広報活動も広く行ったので、多くの市・区民の皆さんが観覧してくれるのを期待している。

 

| | コメント (0)

2023年10月24日 (火)

2023年 さいたま市展

今年もさいたま市展が10月3日~29日までの期間開催され、例年通り私は、洋画部門に油絵を、工芸部門に陶芸を応募/入選し、会場に展示された。

Photo_20231024161201

工芸部門は、香炉を挽いて応募した。

Photo_20231024161203

洋画部門は、以前F10号に描いていた「上野の森の秋」をF30号に描き直して出品した。

Photo_20231024161202

会場に行った日に丁度ギャラリートークが行われていて、審査員の先生方が、作品講評をしていて賑やかだった。

Photo_20231024161204

市展の展示は終わったが、今年はこれから、地域の美術展「東浦和美術展」が11月4日から、11月14日から「陶芸教室の作品展」が開催され、その準備で忙しいこの頃である。

 

| | コメント (0)

2023年10月 5日 (木)

2023/一水会展へ

2023年一水会展を観てきた。 会員の先生から招待券を頂いていた。

Photo_20231005221001

一水会展には見ごたえのある作品が多く、毎年楽しみにしている絵画展である。

今年も力作が多かったが、特に気に入った作品を挙げると次の二作品である。

青い森・黒姫   中澤嘉文
Photo_20231005221002

北信濃厳冬   塚越裕三
Photo_20231005221003

観覧中に美術クラブの友人と偶然出会って、一緒に観てまわった。
久しぶりの絵画展に感動した一日だった。

(掲示した絵をクリックすると拡大画面で見られます)

 

| | コメント (0)

2023年6月 1日 (木)

2023年「日洋展」と「埼玉県展」

油絵を出品している「日洋展」と「埼玉県展」が、5/31から開催された。 両展の初日の昨日、夫々の会場に出向いた。 川口市リリアで「一水会埼玉展」も開催中で、同じ日に三つの展覧会をはしごで観覧した。 いささか疲れた。

「日洋展」は、六本木の「国立新美術館」で、5/31~6/12まで開催されている。

Photo_20230601094501

日洋展に私は、秩父/栃本の秋を油彩で描いた絵を出品した。

< 秋日和  F100号 >
Photo_20230601094502

「埼玉県展」は、北浦和の「埼玉県立近代美術館」で、5/31~6/22まで開催中である。

Photo_20230601094503

埼玉県展に私は、冬の十日町に行ったとき見た雪景色を描いた油絵を応募し、運良く入選したものである。

< 深雪の郷  F50号 >
Photo_20230601094504

埼玉県展は難関な公募展で、会員といえども入/落の審査を受ける。 入選の常連の絵画仲間も、今年は5名が落選していて驚いた。

日洋展は会期中、当番などで何度か会場に足を運ぶ予定である。

 

| | コメント (0)

2023年2月26日 (日)

櫻田精一展

美術クラブの仲間5人で、千葉県流山市の「森の美術館」で開催している「櫻田精一展」を鑑賞した。

Photo_20230226230401

櫻田精一は私が最も好きな画家で、こんな絵が描ければ・・と思っている画家である。

樹 影
Photo_20230226230403

師のほとんどの作品は、画集や展覧会や伺ったご自宅で見ていたが、何度観ても感動を覚える。

水門(ブルージュ)
Photo_20230226230402

今日は師の二人の娘さんが会場に見えていて、生前のお話や、遺された膨大な作品の処遇の悩みなど、いろいろなお話を伺うことができた。
また、師の長女で画家のいろいろ教えてを受けた療養中の櫻田久美先生のご様子も伺うことができた。

Photo_20230226230404

大好きな画家の素晴らしいたくさんの絵に浸って、幸せな一日だった。

<写真の絵をクリックすると拡大画面で見られます>

| | コメント (0)

2023年2月 1日 (水)

美術クラブ小品展準備

所属する美術クラブの会員による「小品展」が今日から開催される。

Jpg_20230201204001

数ヶ月前から準備を進めてきて、今日は午前中に作品搬入と展示の準備が行われ、午後から一般の観覧が始まった。
会場は区役所の1階と続きの会議室を開放して作品を展示した。

Img_3947 Img_3951

この小品展は、区役所の後援を得て4年前から開催するようになったものである。

区役所を訪れる大勢の市民に観覧してほしいと思う。

| | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

100号と50号の油絵完成

昨年暮れから正月にかけて制作していた2枚の油絵が完成した。

50号の絵は、昨年暮れから描き始め、正月の5日に仕上がった。
100号の絵は、7日に描き始め毎日7時間以上、実質約10日間で描き上げた。 100号をこんなに短期間に描き上げたのは初めてである。

Img_3924

50号は5月の県展に応募するもので、100号は5月に国立新美術館で開催の日洋展に出品する絵である。

50号の絵は、雪国の十日町のリゾートに行ったとき見つけた、雪深い家の景色である。
100号の絵は、何度も絵にした秩父/栃本の民家を拡大画面で描いた。

暮れから正月にかけて夢中で描いたが、1日中立ち放しで描くので、パンパンになった足は浮腫んでしまった。 途中で散歩で休憩しなければと思ったが、集中して夢中になってしまう癖が出た。

気を詰めた作業が終わってホッとした。

 

| | コメント (0)

2023年1月 7日 (土)

2023年 描きぞめ

100号キャンバスに、今年の描き初めを始めた。
真っ白なキャンバスをセットしたイーゼルの前に立つと、いざ出陣と意気が盛り上がって、気分が引き締まる。

2023

この100号の絵は、今年5月の日洋展に出品するつもりで秩父の集落を描く。 構図はすでに考えて下絵はできている。

5月には別に埼玉県展があり、これに応募するための50号は、「深い雪の郷」の絵を描いて、ほぼ出来上がった。
この100号の絵を描きつつ、50号の絵も眺めながら修正を加えて、二枚の絵を完成させる予定である。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-

毎年、冬の寒い間の外での行動が少なくなるこの時期、この二つのほぼ同時に開催される展覧会用の絵を、家に籠って描くのが習慣になっている。

家庭菜園の準備が始まる3月までには、二枚の絵を完成させたいと思う。

 

| | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

油絵 公園の秋

油彩で我が家の前の公園の秋を描いた。

愛犬のフラン(トイプードル、14歳)の散歩を付き合うのが、私の朝の日課になっている。 フランはもう歳なので近所をぐるりと歩く程度である。

今年は我が家の前の公園の楓やケヤキなどの木々が紅葉した。 11月になってからは、毎朝この紅葉を眺めながらの散歩だった、
例年になく見事に染まった紅葉を見て、この紅葉を描いてみようと思った。

公園の秋  F8号
202211_20221129170801

以前、この公園の初雪を描いて市展に入選したことがあった。
我が家の窓から見えるこの公園は、四季折々彩りを替えて和ませてくれる。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧