2021年9月19日 (日)

信州から葡萄が

今年も信州から葡萄が届いた。

妻の故郷の信州に住む姉の嫁ぎ先では、シャインマスカット、巨砲、ナガノパープルなどの葡萄を栽培している。 毎年これらの葡萄を沢山送ってくれる。 昨日も三箱の葡萄が届いた。

Img_2796

今年は先日も、沼田に住む従兄が葡萄を送ってくれた。 山梨出身の私にとって葡萄は、懐かしい故郷の味である。 こうして各地から懐かしいふるさとの味を送ってもらって、有難いことである。

沢山の葡萄はとても二人では食べきれず、長男・長女一家にお裾分けしたり、ご近所や友人に配ったりしてしている。

 

| | コメント (0)

2021年8月20日 (金)

区政に関して「オンライン会議」

区政に対するオンライン会議に出席した。

先月区役所から連絡があり、区政に対して区民からの意見を聞くための「区民フォーラム」に参加してほしいと要請があった。
出席者は大学教授、学生、地域ガイド、一般公募参加者など予め決められた8名で行われた。

コロナ禍のご時世で、会議はオンラインで行われた。 「オンライン会議」は初めての経験だった。

I

区役所としても「オンライン会議」は初めての試みだったようで、難しさも散見された。 事前にレポートの提出を求められていて、議題については想定されていたが、対面式会議とは違い司会者の進行にも難があり、発言できるチャンスは少なかった。

2時間の会議だったが、テーマの幅が広すぎて時間が足りず、ただ出席者の意見を聴くだけで深い議論には至らず、中途半端な会議に終わった。オンライン会議の難しさと併せて消化不良の感が否めず、区として役に立つ会議だったのか疑問に思った。

 

| | コメント (0)

2021年8月 7日 (土)

東京オリンピックを考える

東京オリンピックは終盤となり大いに盛り上がっている。 家にいるときはついついTVで応援となっている。

コロナ禍の中、開催については賛否二分する意見あったが開催が強行された。 果たして開催中、コロナ感染は第5波となり、ワクチン接種が進んでいるにもかかわらず感染者の数は大幅に増え続けている。 IOCに押し切られた形で開催され、菅首相は「オリンピックで感染者が増えたとは考えていない」と発言しているが果してそうだろうか。 きちんと総括する必要がある。

競技では日本選手の活躍は目覚ましい。 日本は歴史的なメダル数を獲得している。 選手の努力と頑張りには敬意を表したい。
ただ、オリンピックがNo1のスポーツ大会という概念が選手の中で薄れているようにも思え、加えて緊急事態宣言中のコロナ禍の日本に行き難いという気持ちが選手の中にあったのではと思う。 参加した野球選手の中に、大リーグの一流選手の顔が見られない。

選手が技量を発揮するために闘志を表すのは良いが、余りにも勝たんかな表現するのは見ていても見にくい。 卓球で大声を出す選手がいるが、スマッシュが決まっての大声ならまだしも、相手のミスで勝った時の大声は見苦しい。 柔道の日本選手のように、勝っても、負けた選手をリスペクトした振る舞いは心を和ませる。

スケートボードの競技を初めて観戦した。 スケボーやスノボーは、アウトローのイメージのある競技だと思っていたが、中高生ほどの若い選手が、国を問わず選手同士励ましあいながら競技を楽しんでいる姿には感動を覚えた。 競技相手が素晴らしい技に成功したら立ち上がって拍手を送り、失敗したら皆で駆け寄ってハグして励ます。それが心底から自然に出る行動だと感じる。
そんな光景に清々しさを覚えて、商業主義が目立つ現在のオリンピックから、将来のオリンピックの進むべき道が見えた気がした。

 

| | コメント (2)

2021年7月17日 (土)

今年も富良野メロン

今年も富良野からメロンが届いた。 径16~17cmの大きいメロンが4個も入っていた。

Photo_20210717151001

長男のお嫁のAちゃんの実家は北海道の富良野で、毎年夏になるとメロンを送ってくれる。
完熟するまで1~2日待つと良い・・とメモがついていたが、メロン好きの私は待ちきれず、早速頂いた。

2_20210717151001

ほど良い上品な甘さのメロンを今日から何度も堪能できると思うと嬉しい。

二人で4個のメロンはとても食べきれないので、娘一家にもお裾分けしようと思う。

 

| | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

大腸内視鏡検査の精密検査結果

二週間前に受けた大腸内視鏡検査の精密検査の結果を聞きに病院に伺った。 その結果特に問題がないことが分かった。 ホッとした。

内視鏡検査では、9個のポリープを採ったと聞いたので、ポリープの精密検査の結果がどうなるのかと心配だった。 内心、最悪の結果も覚悟していた。

検査して頂いた先生の話では、採ったポリープの数は多かったが、小さなポリープで大きいものではなかったそうである。 顕微鏡などによる精密検査でも特に悪性のものはなかったということだった。

以前受けた毎回の検査では内視鏡を挿入する際苦しんだけれど、今回は軽い麻酔によってほとんど苦しまないで検査が受けられた。 先生にお礼を言った。 先生は「たくさんの検査をしてきたけれど、貴方の場合は結構苦労しましたよ、、」と笑って仰った。 子供のころ受けた盲腸手術の際、癒着している箇所があるのでは、、と思う。

また、「ポリープが発生する体質のようだから2~3年に一度来院して検査を受けるように」とのことだった。 検査がさほど苦しくなく受けられることが分かったので、2~3年後に必ず再受診しようと思う。

ホッとして、めでたし、めでたし、、、

 

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

大腸内視鏡検査を・・

今日、大腸の内視鏡検査を受けた。
9個ものポリープを切り取ったと終了後に聞いた。

先月末、かかりつけのクリニックで「市の健康診断」を受けた。 その三日後、外出先にクリニックの主治医からスマホに電話があって、直ぐに来院するようにと指示があった。 何か重要な健診結果が分かったのでは・・と思い、直ぐに駆けつけた。

便潜血が認められたので、直ぐに精密検査を受けるようにとのこと、主治医自ら市立病院に電話をしてくれ、最短で検査ができるよう手配してくれた。 こんなに慌てていろいろ手配してくれるということは、かなり大事なんだろうと緊張した。

そして今日、内視鏡検査となった。

以前5~6回この検査は受けているが、弱虫の私には相当な苦痛で、痛がる私を数人の看護師さんに押さえつけられての毎回の検査だった。検査終了後は全精力を使い果たして、抱えられて検査台から抱え降ろされて車いすで休憩ベッドに運ばれるというありさまだった。

しかし今日は、軽い麻酔を点滴しながらの検査だったので、かすかな意識の中暴れることなく、多少の苦痛で済んで本当にホッとした。
でも切り取ったポリープが9個と聞いてその多さに驚いた。

今日の検査は午後からだったが、三日前から食事制限があり、一日前の昨日の三食は渡されたレトルトのおかゆなどの軽い検査食で、今日は午前中から半日かけて下剤を飲んで腸を空にして検査を受けた。

検査後の今日から二~三日の間は、重湯など腸に負担をかけない食事メニューを指示されている。 検査食の三日間で2kg減った体重はさらに減ることになる。

今日の検査結果は、二週間後に聞きに行くことになっている。
大事に至っていないことを祈るばかりである。

 

| | コメント (2)

2021年6月11日 (金)

第1回目「コロナワクチン」を接種

私が住むさいたま市は「コロナワクチン接種」が近隣の市に比べ遅れていて心配だったが、今日は妻と共に、待ち望んでいた一回目の接種ができた。

かかりつけのクリニックに予め予約してあったので、スムースに接種できた。
9時30分の予約に10人ほどが予約してあり、順次アッという間に接種が進んだ。15分毎に1グループ10人ほどの単位で接種予約されていて、順次順調に接種しているようだった。

二回目の予約が心配だったが、同じクリニックで3週間後の二回目接種の日時が指定されていた。二回目の接種予約に苦労する必要がなくなって、皆さんホッとしたようである。

スムースに接種できるようなシステムの対策は急激に改善されているようで、十分な量のワクチンが確保されていることもあって、これならすべての国民への接種も順調に行われるものと思う。

一回目の接種ということもあり、特に12時間経った今のところ副反応はない。
一回目のワクチン接種が済み、二回目の接種も決まって安心した。

 

| | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

コロナワクチン接種の予約終了

心待ちしていた「コロナワクチンのクーポン券」が郵送されきて、「接種の予約」も無事に終わった。

コロナワクチンのクーポン券がなかなか届かず、区役所で確認したところ、17日(月曜日)から発送するとのことだった。毎日ポストを覗いて待っていたが、今日22日(土曜日)の夕方になってやっと受け取った。

受け取った直後に早速予約手続きを行い、予約を完了した。

巷では、予約に四苦八苦しているとのことだったので覚悟していたが、とても簡単に予約できた。

先ず電話で1分ほど数回予約を試みたが電話が通じなかったので、すぐにパソコンでのネット予約に方針を変更、最初は繋がらなかったが2~3回目にヒットし、簡単に予約できた。 6月11日(金)に近所のかかりつけのクリニックでの接種となる。
妻の予約も併せて行い、約10分ほどで二人分の予約を終えた。

市町村によって予約方法は異なるようで、さいたま市の場合は、第1回目の接種が終わってから第2回目の予約をする方式である。 この調子で、第2回目の予約も簡単にできるものと思う。

やっとワクチン接種の目途が付いてホッとした。

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

散歩道・・見沼田んぼ

コロナ禍の今、外出がままならず家で過ごす時間が多い。 食料品などは生協などの宅配が多く、近所の八百屋やドラッグストアで買い物をする以外、めったにスーパーにも行かなくなった。 家で絵を描いたり本を読んだりTVを観たり・・・、外出と言えば、畑に出て野菜の手入れをしたり、薫風を受けて青空の下の日陰で椅子に寝そべって居眠りをしたりの怠惰な時間を過ごしている他、絵画グループの展覧会準備や会合などでの外出もある。

近所の「見沼田んぼ」の散歩の回数が増えた。 見沼田んぼは、開発が規制された農地帯で市民の散歩やサイクリングなど憩いの地帯である。 住宅市街地に隣接するこのような田舎風景があることを有難いと思っている。

Photo_20210506220701

私はこの見沼田んぼの周辺を、1.5~2時間ほどかけて散歩する。 私の耕す家庭菜園もこの見沼たんぼに隣接していて、畑に立ち寄って野菜の育ち具合を観たりする。

Photo_20210506220702

見沼田んぼの真ん中には芝川が流れていて、私がよく描く加田屋川は、芝川の支流である。

Photo_20210506220704

以前は田んぼが多かったと聞くが、今はほとんどが畑になっていて、野菜や植木を育てている畑が多い。 家庭菜園もたくさん見られる。

Photo_20210506220703

コロナ禍が終わっても、見沼田んぼの散歩は続けたいと思う。

 

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

パソコンがサクサクに・・

パソコン(PC)の起動・応答が格段に早くなって、気持ちよくPCが使えるようになった。

Photo_20210308212901

使用しているデスクトップとノートの2台のPCの応答速度が遅くなり、特にノートPCは裏カバーが緩んできて、買い替えを考えていた。

知人が修理して応答速度が改善したと聞いてそれではと、私もPC教室の先生にノートPCの修理と応答速度の改善を願いした。 裏カバーはボルト止めとし、応答速度改善は内蔵しているドライブを交換することになった。

現在のほとんどのPCは、記憶媒体(ドライブ)として、ハードデスクドライブ(HDD)が搭載されているが、最近は高速のソリッドステートドライブ(SSD)のものが増えているようである。

HDDは記憶容量は多いが、機械的に高速回転するプラッターなどが衝撃で破損する恐れや、応答速度が遅い欠点がある。
一方SSDは、半導体素子メモリーを使ったドライブで、速度が速く衝撃に強い利点がある。ただHDDに比べて記憶容量は劣り、価格が高いようだ。

そのことは分かっていたが、お手ごろな価格で手持ちのPCのドライブをHDDからSSDに交換できることを知り、交換してもらうことにしたものだ。

ノートPCが使い勝手が良くなりもう一台のデスクトップPCも・・と、続けて2台のPCをSSDに交換した。

起動や応答の遅くなっていたPCがサクサクと使えるようになり、PC生活がストレスもなく快適になった。
PCの速度が遅くなってイライラを感じていたら、新品を購入する前に、ぜひSSDへの交換をお勧めする。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧